« クローズ ZERO | TOPページへ | ちりとてちん 第6週 »

2007年11月06日

● 恋空


映画「恋空」を見てきた。^^




恋空


もうね、「新垣結衣」が凄過ぎるぐらいに良いね。^^


ナレーション、台詞回し、制服姿… どれもこれも実に良い。


思わず、貰い泣きしそうになったシーンが 少なくても3カ所あった。


ま、読んでいたとしても 原作と映画を比較して語るつもりは無いけれど、原作は読んでいない… という事を前提に語ると これまでに漏れ伝わってくる風聞によると この「恋空」のストーリーは実話に基づいて…とか、今流行の携帯小説…という部分で あれこれと評価があるらしいが そんなのは私にとってどうでも良い。^^;


ただね、僅か15秒バージョンのCMにですら「見ないでおきたかった」と感じるネタバレが充分すぎる程盛り込まれていたのは 制作にTBSが絡んでいる映画のいつもの常套で残念極まりない。


「新垣結衣」の相手役として登場した「三浦春馬」は 彼の過去の出演作を検索してみたところ いくつか見たはずのドラマの名前と役名を見つけたが、正直言って どれもまったく記憶に無い。


けど、この「恋空」の「ヒロ」は たぶん、この先もずっと忘れない。


最近では「松山ケンイチ」に気を惹かれた時と同じ様な惹かれ方を感じたからだ。


また、「小出恵介」は やっぱ侮れない役者なんだと今回も感じた。


二枚目と三枚目の間はもとより その両側の「のりしろ」の幅が実に広い。


この「恋空」で「小出恵介」が演じた様な役柄を 彼と同年代の俳優の何人が演じれるだろうか? そこを考えた時、彼の実力が想像出来ると思う。


本編が終了し、エンドロールを眺めて初めて気づいたのが、監督が「今井夏木」だった事。


良い意味で 成る程なぁ…と、思った。


特に「分かれ道」の映像の描き方の部分は とても印象的で巧いと思ったからだ。


逆に、エンドロールを眺めて初めて気づき


悪い意味で 成る程なぁ…と、思ったのが 脚本が「渡辺睦月」だという事。


コイツは 第二の野島伸司であり、北川悦吏子等と相通じるふざけた野郎だと私は蔑んでいる。


通りで 話の端々に つまんねぇ弄り方を感じたのは コイツの盛り込みか…と。^^;


ゆえに、物語への個人評価は BどころかC級だと思っているが、演出はA 役者は超Aだったと感じた次第だ。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『新垣結衣』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。