« 新垣結衣 in 笑っていいとも♪ | TOPページへ | 歌姫 第4話 »

2007年11月03日

● 熊木杏里「私は私をあとにして」


予約していた熊木杏里の新アルバム「私は私をあとにして」が届いたので聴いてみた。




私は私をあとにして

映画『バッテリー』を見た時に エンディングで流れた熊木杏里の「春の風」という曲にシビレた というか、泣いた。(ToT)


「バッテリー」という映画に関する感想はその記事を御一読願うとして あらためて少しだけ語ると 映画のストーリー自体良かった…という感想を多く耳にするけれど 私はそれほど良いと褒める気にはなれなかった。


かと言って、不出来な作品だとも思っていない。


そこそこ良い出来だが、手放しで褒める程でも無い… つまりは、そんな感じだった。


でも、熊木杏里の「春の風」という曲がエンドロールに流れているのを聴いていたらポロポロと泣けた。


映画の出来なんかよりも この曲の持つ魅力の方が私を魅了したのだ。


「バッテリー」という映画を見て「良い」と思った最大の理由は 見ている最中から、無性に誰かと「キャッチボール」をしたくなったから。


以前、いくつかの記事で記した様に 私は高校まで野球部だった経験を持つ。


小学生の時など 放課後は友人の誰かとキャッチボールするか、人数が揃えば他のクラスのチームと試合に興じていた。


「バッテリー」という映画には そんな野球少年だった時の懐かしさが刺激される描写があり、そこに好感を抱けた部分は とても良いと素直に認めたい。


でも、原作者は 野球を知っている様で実は知らない。


「(原作者が)女だから…」という意味で侮蔑するつもりは無いが、「男の子」という部分と「野球そのもの」に関する部分それぞれに経験者だと余計に「?」と感じる描写がザラザラと感じてしまう点があるからで 映画では そこが余計に強調されてしまっているので余計に違和感となる。


が、そんな事はさておき…


野球少年としては日が暮れるまでキャッチボールした日々や 試合でのゾクゾクするような緊張感… すっかり忘れていたなぁ^^;


この歳になって 今更、野球の試合に興じたい…とも思わないし、それが出来る身体でも無いけど、出来れば1打席限りでもいいから バッターボックスに入ってピッチャーの投げる活きた球を打ってみたい…、さもなくば、せめてキャッチボールをしてみたい。


我が家に息子がいれば それも可能なのだろうけど、ウチは娘二人だからなぁ…


映画を見ながら そんな事を思い描いて過ごし、エンドロールで聴いた「春の風」は まさに、そんな私の琴線を優しく響かす曲だった。


熊木杏里の歌う曲 その曲調や歌い方、声質、そして曲調… そのどれもが私には心地良い。


しかも、今回購入したモノは初回限定版ということで特典DVDがついており…


私は私をあとにして

これがまた実に良い。


とても買い得感のあるCDだ。^^


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『熊木杏里』関連の記事

コメント

こんばんわ^^ブタネコさんもこのアルバム購入されたんですね!
熊木杏里さんは、1年に1枚のペースでアルバムを発売されてるので、
ファンとしては嬉しい限りです!風の中の行進というアルバムもお薦めですよ^^
1stアルバムはかなり暗いんですが、熊木杏里の個性がかなり出てる
アルバムになってます!機会があれば、ぜひ聞いてみて下さい^^

★ 秋日子 さん

ですね、聴いてみます。^^


バッテリーは未見ですが、ちょっと興味があって、
ネットからのダウンロードという形で一曲だけ聴いてみました。
それが偶然あの「ユニクロ」のCMの曲だったんですね(^^)。

本当にいい曲と声です。とても心地いいですね。

今日は新しいシングル「7月の友だち」を借りてきました。

もう、やっぱりこの記事のアルバムを買うしかない!
今はそういう気分です(^^)。
初回限定版が残っている事を祈ります。

★ roadrace さん

>ユニクロ

「ひみつ」ですね それも好きな曲です。^^

なんか懐かしい感じがしませんか? それが私にはとても好ましいのです。^^


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。