« 踊る大捜査線 THE MOVIE 2 | TOPページへ | 風林火山 第41回 »

2007年10月14日

● 俺は、君のためにこそ死ににいく 再見


映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」を観た。




俺は、君のためにこそ死ににいく

思いの外、早い時期にDVD化された事は個人的に とても嬉しい。


こういう映画は 映画館の堅苦しい座席より、自宅で誰にも邪魔されずにじっくりと観たいからだ。


かねてより、このブログのいろんな記事で述べた事だけど…


「アクション映画」として制作された「戦争映画」であれば 私は他のジャンルのエンターティメントと同じ感覚で鑑賞し解釈もする。


けれども、シリアス面で制作者が思想感や歴史観を盛り込もうとするならば それに疑問を感じた時点で私はボロクソに貶す事にしており、特に「慰霊」の意がきちんと込められていないモノには容赦する気は全く無い。


それでも近年制作された映画やドラマは ひと頃に比べて随分とマシになってきたとは思うのだが、逆に 本当に「慰霊」の気持ちが欠片でもあるのか?と疑問を強く感じるモノも少なく無い。


この「俺は、君のためにこそ死ににいく」は 右寄り思想が強い…と言われる石原慎太郎が制作指揮である時点で 左巻き系からは「軍国賛美」だと批判されている向きがある。


私も 率直に右寄り思想の持ち主だが、石原慎太郎の言動を手放しに100%支持するつもりは無いけれど 同時に、そんな石原を批判する連中をも100%支持するつもりは無く、激しく嫌悪すら覚える。


それは、左巻き思想の連中には その言動に「慰霊」が込められている事が希であり、それどころか侮蔑すら平気でしている事に気がついていない事が多い。


例えば、

俺は、君のためにこそ死ににいく

俺は、君のためにこそ死ににいく

俺は、君のためにこそ死ににいく

この一連のシーン


私は 何度、このシーンを観ても その度に目頭が熱くなる。


でも、左巻き思想には このシーンは典型的な軍国賛美に映るのだそうだ。


試しに、このシーンの字幕を表示し 台詞を検証してみると…


俺は、君のためにこそ死ににいく

「まだ おなごも知らん若者じゃっど」


俺は、君のためにこそ死ににいく

「お国んために」


俺は、君のためにこそ死ににいく

「二十歳にもならん命を散らしにいきなさる」


俺は、君のためにこそ死ににいく

「軍神よ」


俺は、君のためにこそ死ににいく

「生きた神様の若者よ」


俺は、君のためにこそ死ににいく


「お国のため」、「軍神」、「生きた神様」 これらは左巻き思想には嫌悪の対象となるキーワードである。^^;


ゆえに、これらの単語を並べて「特攻機を見送る」というシーンを重ねれば「軍国賛美」という「決めつけ」でしかモノを考える事が出来なくなってしまうらしい。


よく、冷静に考えてみるといい。


この時代の人たちは どういう思想で、どういう風に物事を考えていたのだろう?…と。


今の時代背景や歴史観や宗教観や思想感で この時代のそれらの良し悪しを決めつけていいのだろうか? というか、良い悪いの判断では無く、当時の時代背景では どうだったのか?を一度は考えてみるべきなんじゃないの?って事を 私は言いたいのだ。


敗戦後、歴史観や宗教観や思想感は大きく変わり 特に戦時中「軍神」と祀った事柄に触れるのは大きなタブーとなり、「お国のため」という考え方は完全否定された感が強く その結果、「愛国心」なんて言葉も忌み嫌われ「国旗」や「国歌」に対する考え方も揺らいだまま現在に至る。


でね、今の時代における感覚で その主義主張を論じるのは結構な事だが、私が常にこのブログで申し上げている事は そんな主義主張の論じ合いの中でおざなりにされてしまっている「慰霊」が まず、第一でしょ?って事なのだ。


「軍神」というモノの否定はどうでもいい。


少なくとも、特攻で散った方々への「慰霊」までも「軍神への賛美」と混同して否定するのはいい加減に止めろ…と、左巻きの連中に言いたいし 論議に興味の無い中間層も せめて「慰霊」に関しては ちゃんとしようよ…と、言いたいのだ。


「特攻隊の映画」というと「特攻の是非」ばかりを論じ合いたがる人が多いけど、特攻で亡くなった方は その死を侮蔑される犯罪者なのか? 違うでしょ? 騙されて(強制されて)亡くなった愚か者なのか? 違うよね?


で、話を戻すと…


「軍国賛美」や「特攻」を否定するのは構わないし、邪魔をするつもりなど私は無い。


しかし、軍国主義の許、特攻で亡くなった方への配慮に欠けた発言や演出は許せない…という事。


でね、そんな特攻隊の方々が最後に世話になり 言い方を変えれば看取った人物… その方も含めて歴史の事実として映画として残し、後世に伝えよう…というのがこの映画の存在意義だと私は感じており そう思えばこそ、この映画は素晴らしいと讃える次第だ。


俺は、君のためにこそ死ににいく


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『昭和史、戦争、軍隊』関連の記事

コメント

ブタネコ様 こんばんは

先日、騙されて((^^;)・・・初めて航空祭に行って
みようと思ったんですが、どうしても外せない私用が
出来てしまい行けませんでした。

来年、どこかの地で拝見をしたいと思っています。(^^)v
ありがとうございました。

そして・・・

初めてこの映画を拝見した時、映画の内容に関しては、
例えようのないくらい素晴らしいと感じたものの・・・
私自身の恥ずかしさから、涙を胸の内に閉じ込めてしまいました。

その後、DVDが発売され自宅にて再見したところ・・・
映画のタイトルが表示されるまでに涙している自分がいました。

ブタネコ様が「きみにしか聞こえない DVD再見」
に書かれている

>誰かに「もう我慢しなくて良いよ」

もうホント、そんな気持ちでした。

「男は、涙するもんじゃない。」と言われるけれど、

抑えても抑えきれないほどの思いからの涙は・・・
・・・とてもじゃないけれど、抑えきれる事は出来ません。

「泣きたい時には、何も気にせず思いっきり泣きたい・・・。」

それが、映画館で感じた一番の本心です。

以下は私が、映画を観た後に彼らの事がもっと知りたくて
探したものですが、既に拝見されておられましたらご容赦下さい。

特攻証言集「国破れても国は滅びず」(1から5まで)
http://www.youtube.com/watch?v=p4xcwKvAAdg&feature=related

タイトルそのままの内容で、多くの元特攻隊員の証言や
初めて特攻命令を伝えた場所など数多くの歴史的資料が収録されてます。


「俺は、君のためにこそ死にいく」勝手ファン・プロモ動画
http://www.youtube.com/watch?v=sQDqX6unKjU

タイトル名からして初見の時は気軽に視聴したのですが・・・。
とてつもない破壊力で・・・正直、壊れてしまいました。

8分少々の短い動画ですが、彼ら特攻隊の気持ちが痛いほど伝わりました。
数えきれないくらい何度も見ておりますが、今でも涙が止まりません。

今思えば、公開前に見ておきたかった動画です。

★ ぽんた さん

コメントを拝読して「同じ様な感想を持たれた方が また一人いた」と とても嬉しく感じております。

>「泣きたい時には、何も気にせず思いっきり泣きたい・・・。」

私の知っている昔の映画館は それが出来たんです。

今の様に 1回見たら「はい入れ替えです」ではなく、下手すれば 朝から晩まで何回も見ながら他人目もはばからずに泣いても 誰からも不審に思われたりしなかったんです。

でもねぇ、最近の映画館は とてもオシャレな場所になろうとしてるらしく、私の様なオッサンが 目を真っ赤に泣き腫らしてスクリーンのある部屋から出て 通路やホールを歩くのが なんか憚られるのです。

だから、自宅でDVD… に、ついついなっちゃったりするんですよね。^^;


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。