« 2007年秋の旅(夢島編) | TOPページへ | 2007年秋の旅(岡山・大槌島編) »

2007年10月06日

● 2007年秋の旅(百瀬駅編)


TV版「世界の中心で、愛をさけぶ」を語る場合 メインの舞台である「松崎」が聖地である事は言うまでもないが、大きな意味で2カ所 松崎とは別に聖地と崇めるべき場所があり、今回は その二つのうちのひとつである「百瀬駅」について語る。




永かったなぁ…


聖地「松崎」を初めて巡礼した時から、「夢島」と この「百瀬駅」は絶対に見に行くぞ…と、心の中で誓っていた。


それから、実際に 自分の目で見る瞬間の喜び…


もうね、何と表現して良いか判らない。


敢えて言うなら、この時の私は見知らぬ誰かから 一つ二つ意味も無くひっぱたかれても ヘラヘラ笑って許したであろう。^^


百瀬駅

この駅は 少し山里の奥に建つ無人駅で 何も知らずに横の道を走っていたら気づかずに通り過ぎても不思議では無い。


駅の正面から見た景色は 何の変哲も無い田舎駅なのだが…


駅舎を通り抜け、一歩 ホームに出た瞬間。


セカチュー症候群を患った身には 金縛りにあったかの如く、身動きが取れず 思考が停止する。


百瀬駅

駅舎を背に右を向いたら目に飛び込んでくるのが上の画


線路を少し歩き進むと…


百瀬駅


今にも 線路の奥から

百瀬駅


サクと亜紀が歩いてきそうな幻覚に襲われる。^^


吸い寄せられる様に ふらふらと夢遊病者の様に線路を歩き進み、「この辺かなぁ」と振り返れば


百瀬駅

こんな景色が目に飛び込み


百瀬駅

「あった」


と、嬉しそうに叫ぶ亜紀の声が聞こえた。


あくまでも私の個人感を言えば…


TV版「世界の中心で、愛をさけぶ」を初めて見た時「綾瀬はるか」という女優さんについては「僕の生きる道」などで見知ってはいたが、今だから正直に言うと 目を奪われる…と言う程の女優では無く、それでいながら なんかやけに記憶に残っている女優さん…という程度の存在で だから、「世界の中心で、愛をさけぶ」の第1話や第2話で「へぇ」とは思いつつも その後、今日の様にのめり込む程の存在になるとは思ってもいなかった。


そんな「綾瀬はるか」に 私がのめり込んでしまった そもそものキッカケは「世界の中心で、愛をさけぶ」第3話における「百瀬駅」のシーンでの彼女の姿なのだ。


百瀬駅

百瀬駅

百瀬駅

この一連の表情の変化と 風邪でもひいていたのか普段よりしわがれた声での


「まぁまぁ、気楽にまとうよ」


この声と姿に ズコーンとハートを打ち抜かれたんだな 私は。^^


それ以来、交通渋滞にハマったり 食べ物屋で頼んだ料理がなかなか出てこずにイライラさせられた時、心の中で このシーンを思い浮かべ「まぁまぁ、気楽にまとうよ」と言う亜紀の声を思い出すと 不思議とイライラが収まるのは紛れもない私にとっての事実である。


この「百瀬駅」に行った日は とても天候に恵まれており…


百瀬駅

上の画の亜紀の様に 空をじっと眺めたり…


とても、清々しい気持ちになれて充実した幸せだった。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『2007年秋の旅』関連の記事

コメント

ブタネコさん、この「2007年秋の旅」堪能させて
いただきました。 感謝感激です。

おっさん達が松崎に集結していると知って、
ちょっと興奮し(恥恥)、Nobさん宅にも早とちりの
コメントをしてしまいました(汗汗)。失礼しました。

松崎編その2に記されている、「セカチュー・ヲタ」の特徴
9パターン、笑えました。
私が2年前に初めて松崎を訪れたときの姿そのままですわ^^。
またいつか行くぞと決心させてくれたレポートでした。
次回は、出張でなく、松崎プリンスでもなく大沢温泉ホテルでね。
(ただし、百瀬駅は出張を兼ねて行きます^^)

ブタネコさんは、まだ西方面への隠密行を匂わせていたような
気もしましたが札幌にお帰りですか?
瀬戸内を望む庵治町やら広島やら。
タンクさんのご忠告に素直に応じられていたコメントは臭い^^。

ただ、無理なさらないで、御身お大事に!

こんばんは
紀行楽しく読んでいます。ありがとうございます。
ずいぶんと強行軍だったようですね。
私は実は百瀬駅には、松崎より先に行ったロケ地でした。(鉄ちゃんということもあるのですが~~)
静かな山里の駅で一人で第3話を思い出しながら、ボーとしてました。
第3話は私も一番のめり込んだ回でした。
あの駅でのシーンは
あの回の綾瀬はるかさんは、表情といい、何か別人のように感じるのです。
またDVD見たくなってしまいました。m(_ _"m)ペコリ

★ おじさん さん

大沢温泉ホテルは 本当にお薦めです。

>西方面への隠密行を匂わせていたような

隠密も何も 西に行きましたよ^^


★ せとくぼ さん

別に強行軍じゃないですよ^^

まったりとした 良い旅です。


ここを初めて訪ねた時はふか~い霧に包まれていました^^
それはそれで幻想的でこの場所特有の雰囲気と合って
趣があったのですが、
やはり ブタネコさんが訪ねたときのように
青空の下で是非一度は見てみたいですね^^

私も3話はとても好きで何度も見ています。
この時の亜紀の表情や服装、髪型、ポシェット・・・全部が大好きなんです^^
もう 自分の高校時代に付き合っていた彼女と
全部がオーバーラップします(^^;)

日常でついイライラする時
亜紀の「まぁまぁ、気楽にまとうよ」
これ 私の中でもふっと出てきます^^

ブタネコさん いい日に訪れましたね^^
エントリー読んでいると 私も千葉巡りしたくてウズウズしてきました(^^;)

★ Nob さん

松崎が天気に恵まれなかったので そのぶん、ここは最高でした。^^

巡った順番は記事の順と違って 百瀬-夢島-HEROなんですが、この日は 本当に充実した一日でした。

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。