« 浅見光彦シリーズ27 竹人形殺人事件 | TOPページへ | 歌姫 第3話 »

2007年10月27日

● キティホーク in 室蘭


最近、国会で話題の米空母「キティホーク」が室蘭に入港していると聞いて行ってきた。^^




室蘭

室蘭って わりと広い港の様で 実は、そんなに広くない。


室蘭

ゆえに、そんなところに60000トンなんて空母が入港したら 空母の巨大さが実に際だつわけだが…。^^


この空母は米海軍の現役艦としては最古参で 来年には退役する予定だから、今回の寄港は最後のチャンス


室蘭

米軍も「友好親善」目的の寄港として 甲板上に艦載機を並べたまま一般開放し、わざわざ本州から見学に来ているマニアも相当多いそうだ。


また、「キティホーク」の随伴艦として


室蘭

イージス艦「フィッツジェラルド」も入港したのだが、私としては この艦も見逃せない。^^;

(右側 真正面で写っているのは海上保安庁の巡視船)


というのは、この艦は「弾道ミサイル迎撃システムの精鋭艦の一隻だからだ。


ちなみに、日本の海上自衛隊が最初に建造したイージス艦「こんごう」は この「フィッツジェラルド」の艦型である「アーレイ・バーク」級をモデルにしており、「フィッツジェラルド」が全長153m 8300トンであるのに対し、「こんごう」は全長161m 7250トン


そう考えると、全長324mのキティホークの巨大さが よく判る。




インド洋においての海上自衛隊からの燃料補給に関して あぁでもない、こうでもない…と物議を醸しているようだけども…


情報が間違ったままである事を気づきながら訂正具申を行わなかった海上自衛隊の幹部の行動は大きな問題であると思う。


しかしながら、アフガニスタンの対テロ支援に供給した燃料をイラク攻撃に使用したか否か云々の議論は 子供に臨時で渡した小遣いが参考書を買うのに使われたのか、ファーストフードの買い食い代に化けたのか?云々と大差が無い議論に思えて仕方が無い。^^;


つまり、子供が「参考書も買ったけど、元々持っていた小遣いでハンバーガーを買ったんだ」となれば どこまで厳密に精査出来るのか?って事なわけで 根本的な問題は

「参考書代として 小遣いを渡す必要があったのか?」

という部分だと思うんだけどね。


社会保険庁が…とか、厚生労働省が…とか、防衛省が…と 個別に目先の挙げ足取りばかりに夢中になるのでは無く、省庁全部 全体の官僚や小役人共の自己の存在意義について倫理を厳しく問う為の制度改定をした方が良いと思うんだけどなぁ…


どうせ、そのうち「外務省」とか「財務省」とか「国交省」あたりにも似た様な騒動が起きるはずだからね。^^;




苫小牧


で、室蘭に行った帰りに ふと、気が向いたので苫小牧のフェリー・ターミナルに寄ってみた。


苫小牧

この船は 苫小牧-大洗間を航行している商船三井フェリーの「さんふらわあ さっぽろ」


苫小牧

この船は 苫小牧-仙台-名古屋間を航行している太平洋フェリーの「いしかり」


どちらも全長192mで 14000トン前後


けっして、小さなフェリーじゃ無いんだけど 60000トンの空母を見た後だと小じんまりに見えるから不思議だ。


で、本当は6時過ぎまで粘って出港風景を眺めながら写真を撮ろうかと思ったんだけど


「風」の名曲「海岸通り」を思い出して涙ぐみそうになったからやめた。^^;




で、帰り道 ついでに千歳空港にも寄ってみたら…


千歳空港

珍しく、「政府専用機」が航空自衛隊のエプロンに駐機してあった。




で、どうせだから この勢いで高速を「小樽まで走っちゃえ」と 小樽のフェリー埠頭に行ってみたら 行った時間が最悪で埠頭には一隻のフェリーも無い。(ToT)

( 時間調べて行けよ > 俺 ) orz


ただ…


小樽

不思議な感じの夕焼けが見れたのは幸いだった。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『港・艦船』関連の記事

コメント

室蘭って札幌から結構距離ありますよね。
車でおそらく高速も使って、でなんでしょうが、
そこからまた苫小牧や千歳に寄って、さらに小樽へ足を伸ばして、
かなり自由奔放に走り回っておられますね。^^

イージス艦もキティホークも素敵です。
私も一度、生で見物してみたいものです。
出来ればあの甲板の上に立って、艦載機の離発着を見てみたい。^^;
甲板の上にはホーネット、プラウラー、ホークアイが見えます。
60000トンの船、間近で見れればすごいんでしょうね。^^

苫小牧のフェリーのある風景。
これも旅心をくすぐります。^^
いつかこれに乗って北海道への旅をしてみたいです。

千歳の政府専用機、小樽のきれいな夕焼け。
ごちそうさまでした。^^

ところでブタネコさん。

レンズ買いましたね!

白状してください。^^

フェリー乗り場の写真でピーンと来ました。^^;

★ roadrace さん

買いました

EF-S 10-22 買いました。

他にも いくつか… もう、レンズ沼でした。^^;

しかしながら、もう買いません 心がひと区切りつきましたから。

正直に言うと 私的には失敗だったなぁ…と思ってます。^^;

それはレンズが悪いという意味では無く、私の嗜好が「望遠好き」だったと言う事を結果的に思い知らされたからです。^^;

キティホーク 迫力ありますね~
私の妻が佐世保の出身でして、
何度か佐世保を訪れた際に名前を思い出せませんが
でっかい空母を見たことがあります^^
もう 本当に圧倒される大きさでした。

さんふらわあ 一度乗ってみたいです^^
これぐらいの大きさになると揺れはあまりないんでしょうかね^^
船旅というのを一度は経験したいです(笑)

風 ご馳走様です^^
とっても懐かしいです。
あっという間にあの頃にタイムスリップしました!
よく歌いましたよ♪海岸通り

ブタネコさん やっぱりレンズ沼にどっぷりなんですね^^
羨ましいなあ~
私は嗜好に関係なく広角でも望遠でも何でもいいです(笑)

★ Nob さん

昔、横須賀で「ミッドウェイ」という空母を見たのが 私は最初でした。

「デケェ…」と絶句したのを今でも覚えています。

>さんふらわあ

私、さんふらわあは乗った事が無いのですが ほぼ同じ大きさの「いしかり」は何度か乗った事がありますが、この大きさになると 余程、波が荒くないと そんなに「揺れ」を感じません。

が、「揺れ」の感じ方は個人差が大きいようなので 何とも言えませんけど。^^;


>風

私は「イルカ」の唄うのより、「伊勢正三」が唄ったモノしか聴かないんです。^^;


>レンズ沼

もともと、フィルム・カメラのレンズを数本持っており それを共用していたんですけど、APS-C換算における焦点距離の1.6倍化により 感覚がなんか狂っちゃいました。^^

と、同時に 今まで愛用してきた70-200という望遠ズームが112-320(35m換算)となった事で それを1.4倍にするエクステンダーを装着したところ448mm相当まで写せたのが感動の第一歩。^^

で、もし400mmまでの望遠を手に入れたら理論値では896mmかぁ… と、考え始めたのがレンズ沼への第二歩^^;

まぁ、色々と試行錯誤しましたが もう、余程 何かの特殊状況が発生しない限りレンズは買いません。


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。