« お知らせ(9月29日) | TOPページへ | 2007年秋の旅(松崎編その1) »

2007年09月30日

● 2007年秋の旅(プロローグ)


唐突だが、今 私は聖地・松崎にいる。^^;




本当ならば 今年の6月に私は旅に出ているはずだった。


主治医であり、同伴者でもある「二代目開業医」とも今年の初めには そういう予定で行動する手筈として 彼のスケジュールも1週間ほどあけてあった。


にも関わらず、それが実行されなかったのは 事前検査で私の検査結果が少し思わしくなかったのと、それを理由に 二代目開業医の野郎がとっとと自分だけ本妻を連れてハワイに行く段取りに変更してしまったからである。


しかしながら、私としては年内に 少なくとも一度は旅に出たい。


で、旅に出るなら「ここ」と「あそこ」には絶対行きたい…


であるがゆえに 先日、一眼レフのデジカメを奮発したのも 事前に操作に慣れておこうという目論見だったのだ。




さて、1ヶ月ほど前だったであろうか…


南東北のアホが 密かに


「今年のさ 松高祭の一般開放を皆で見学に行こうと思ってるんだよね…」


と、私にささやき その数日後、徒然一座の幹事役の方から


「まだ、完全な決定ではないけれど @@@に前日宿泊して翌日学校祭見学の後、(とあるドラマ)のロケ地を見学し…」


という内容で 最後に


「もし、よろしければ御参加下さい」


とは書かれていないメールが届いた。




全く羨ましい話である


あの連中は とうとうロケ地とはいえ神聖なる学舎まで陵辱しようというのだ。


たしかに、私も もし叶うことならば 学校の敷地の中の「ある場所」を この目で見ていたいと思っている。


けどね、やって良い事と悪い事の分別ぐらいは持ち合わせているので いきなり、その場所にづかづかと立ち入ろうとは思っていないが、学校祭という一般開放の折であれば 見学の途中で その場所が見れるかもしれない…と、密かに思うのも本音ではある。^^;


で、主治医である二代目開業医に


「なぁ? 9月末に松崎に行きたいんだけど 都合つかない?」


と、聞いたところ


「ん? 9月末? あ、駄目だ 9月末は俺、学会入ってるんだ

 10月の中頃ならいいぞ、その頃なら空けられるから」


その一言で 私の夢は儚く潰えた。(ToT)




さて、数日前の事である。


松崎に集う徒然一座の面々に 参加できない恨みと呪いを込めて何かを宅配で差し入れしてやろうと思い 幹事役の方に宿泊先の名称と住所を最終確認しようとメールを送っていたのを私自身も忘れていたが、返事も未着で 気がついたら宅配で間に合う期日を過ぎている事に気づいた。^^;


で、「さて、どうしたものか」と思っていたところに二代目開業医からの電話が入り


「あ、俺さ 明日から内地に旅行なんだけど 松崎に行って一泊するつもりなのね

 で、ほかの場所ならともかく 松崎だからさ、オマエ(ブタネコ)に一言断らないと

 後で怒られそうなので電話したんだ…」


私は「後で」ではなく「その瞬間に」激怒した。


「このクソバカヤロウ!!!

 9月末に松崎に行きたい…って俺が言ってたのを忘れてたのか?」


「あ、そかそか… だから、妙に嫌な悪寒がしたんだな^^;

 いや、すまん よく考えたら俺の行き先と松崎って そんなに遠くなかったからさ…」


電話の向こうで狼狽えている二代目開業医


「オマエ、何処に何をしに行くの?」


「F1だよ F1を見に行くんだ」


「てめぇ、学会って言ってたじゃん?」


「そりゃオマエ 製薬のプロパーとかから研究費名目の足代稼ぐ口実…

 いや、ごめん 他の奴にはF1って言い難くてさ 口癖になっちゃってて…」


「ま、いいけどさ…

 それなら丁度良いから ひとつ頼まれて欲しいんだけど…

 千歳空港で 適当に手土産を見繕って 松崎のホテルに届けてくれよ

 どこのホテルかは 直ぐに調べて連絡するから」


で、私は 南東北のアホに電話したわけだが…


「ウニ、カニ、イクラ、ホタテ…」


南東北のアホは 何とかの一つ覚えのようにそればかりを繰り返していたが、ようやく そんな彼から宿泊先を聞き出したところ


「アンタも来ればいいのに、楽しいお」


と言った。


「うるせぇよ馬鹿野郎!! 俺だって、学校の中を見たかったんだ…」


そんな台詞が口から出そうになったけど、私はジェントルマンであるからグッと堪えた。^^;




さて、昨日(29日)の事。


義理堅い私は 夕刻になっても南東北のアホから


「差し入れ受け取ったよ」


という電話が入らない事にヤキモキしていた。


なので、こっちから電話をかけたわけだが…


「なんかさ、ホテルにチェックインしたら”忘れ物が届いています”って

 ロイズのチョコレートの袋に”まりもっこり”が6つ入っていたのをフロントで渡されたんだけど

 これって もしかしてアンタ(ブタネコ)の仕業?」


(おいtaku このタイミングで わざわざ松崎に北海道の物を送るのって俺しかいないだろうが?)


そんな台詞が口から出そうになったけど、私はジェントルマンであるからグッと堪えた。^^;


と、同時に


( 適当に見繕った品が”まりもっこり”か? > 二代目開業医 ) 凸(゚Д゚#)


と、はらわたが煮えくり返りはじめた。


そんな私に


「”まりもっこり”って食べれないんだよね…

 ねぇ? ロイズのチョコの袋なんだから 中にチョコを入れ忘れたんじゃないの?」


と、南東北のアホが追い打ちをかける。


「オマエなぁ… まずは、”ありがとう”ぐらい言えコノヤロウ^^;」


「え~ だって食べれないんだお」


「ガタガタ言わずに その”まりもっこり”を有り難く抱いて寝ろ!!

 俺の呪いがこもった良い夢がみれるから」


すると、南東北のアホは…


「あ~、松崎に来れないからってスネてんだろ…

 へっ、そんなブタネコなんか 膝小僧抱えて部屋の隅でシクシク独りで泣いてろ!!」


と、言い さらに…


「悔しいだろ? へん! 悔しかったら、来れるモンなら来てみろよ」


とまで 言い放った。


電話を終えた私の背中から 例え様の無い怒気が立ち上っていたんだろうなぁ…^^;


実際、その時の私は


「コノヤロウ…

 誰に向かって言ってやがんだ?

 しかも、どの口が言ってやがんだ?…」


と、悔しく思っていた。^^;


居間に行くと そんな私をみて嫁が「どうしたの?」と 珍しく声をかけたが、私は そんな声に見向きもせず 食い入る様に壁の時計を見て


「うむ、まだ 今からなら十分、千歳発羽田行きの飛行機の最終便に間に合うなぁ…」


そう結論づける計算が終わると同時に


「ちょっと 二・三日出かけてくる」


と言って、もの凄いスピードで旅支度を始めながら


「行き先の途中で 二代目開業医と合流するから、別に心配しなくても良いよ」


と、嫁に言うと


「何処行くのかは知らないけど、お土産だけは忘れないでね」


と、珍しくアッサリしつつ 頼みもしないのに馴染みのタクシー会社に配車の依頼電話をかけてくれる嫁。


その嫁の様子に嫌な予感を感じ始めたのは 羽田行きの最終便が離陸した後だったが、飛行機が離陸して宙に舞うと同時に ようやく旅に出れた嬉しさで私自身も舞い上がった後でもあったから 直ぐに忘れた。^^;


                                                        (続く)


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『2007年秋の旅』関連の記事

コメント

えぇ!!

ブタネコさん、takuさん、Nobさん
おっさん達 勢ぞろいで松崎?! ニアミスした? ランデブーも?
クヤシーイ!

(冷静になって)ブタネコさん、空の旅できるほど元気一杯なのが何よりです。

ゲラゲラゲラゲラo(^▽^)oゲラゲラゲラゲラ

貴重な時間ありがとうございました~

ゲラゲラゲラゲラo(^▽^)oゲラゲラゲラゲラ

>ある場所

これはやっぱり4話と11話が特に肝になる”あの場所”ですよね?

自分ももしそこに行って校庭を見たら、亜紀の走る姿を想像して号泣でしょう・・・

★ おじさん さん

>空の旅できるほど元気一杯なのが何よりです。

温かいお言葉ありがとうございます^^


★ ピエロ さん

>貴重な時間ありがとうございました~

こちらこそ ありがとうございました


★ うごるあ さん

>ある場所

たしかに そこも見たい場所ではありましたし、ゴミ捨て場や玄関や屋上も見たかったけど… それ以上に 私が見たかったのは「図書室」です。

結果についてはノーコメント^^;

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。