« 石原さとみ in 月光音楽団♪ | TOPページへ | アンフェア THE MOVIE »

2007年09月19日

● 包帯クラブ


映画「包帯クラブ」を 見てきた。




包帯クラブ

天童荒太:著 ちくまプリマー新書:刊 ISBN4-480-6871-9

 
盛んに宣伝番組や 石原さとみの番宣出演を目にしていたので楽しみにしていたわけだが…


見た結果の個人的感想を申し上げると、まず「柳楽優弥」の演技にはビックリした。


と言っても、彼の演技で私が見た作品といえば『シュガー&スパイス 風味絶佳』しか記憶に残っていないので比べる話でも無いのだが^^;


最近の若手俳優の見せるハジケ方の中で この包帯クラブで見せた「柳楽優弥」のハジケ演技は 他に類を見ない個性的なモノに映り、「へぇ」と思った。


「田中圭」に関しては 彼の場合、出演作や役柄が このところずっと恵まれていなかったので ようやく「田中圭」らしい姿を見れたと思う。


「貫地谷しほり」は 彼女の出演作を思い起こす時、「夜のピクニック」における彼女の演技がそのまま…で 大成せずに、このまま固まってしまうのかなぁ…と一抹の不安を感じた。


「関めぐみ」に関しては 「関めぐみ」本人の責任では無いが、ミスキャストだと思う。


どうも、「石原さとみ」や「貫地谷しほり」と同級生には見えず、2・3歳上に見えてしまい それが気に入らない。


「佐藤千亜妃」に関しては どうでも良い。^^;




さて、ストーリー的な部分に関しては 封切り直後なので触れないでおくが 全編を見通して思った事は「堤幸彦」は このところ映画の制作が多いけど、彼は 2時間前後という尺の映像に全てを詰め込むのが不得意なんじゃないか?と 私は推察する。


むしろ、彼の場合は 全11話のドラマシリーズにおいて 伏線張りまくり…みたいな構成の方が向いており、作品の出来が全く違う。


ふと思ったのは この「包帯クラブ」の様な作品は 堤幸彦より長澤雅彦の様なタイプの演出家の方が合っているんじゃないか…と。


けどね、堤による「包帯クラブ」が不出来なわけでは無い。


これはこれで充分に面白い作品だと感じたもん。^^


ちょっと違う話になるけど 「石原さとみ」の出演作の中で 最も私が気に入っているのは「H2」における「石原さとみ」なのである。


その後、「Ns’あおい」とか「花嫁のパパ」等の出演はあったけど 女優「石原さとみ」の個性を巧く引き出せた演出か?と考えた場合 大いに疑問が残る。


で、今回 再び堤幸彦の演出による「石原さとみ」なわけだが、登場人物のキャラ設定としては「窓を開けたら」での役柄に 特に「包帯クラブ」の前半部は似ているんだけど、さすがに4年間での成長の跡が伺えて 個人的にはとても良いと思ったわけで、久しぶりに「石原さとみ」を堪能出来たと満足で 特にサッカーゴールの前で「ドンマイ」と叫びながらのポーズ(特に笑顔)はシビレた。^^


また、つい先日まで この映画の脚本が「森下佳子」だと気づかずにいたのだが、この映画においては 可もなく、不可もない脚本と感じ特筆すべき感想は無い。

お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『石原さとみ』関連の記事

コメント

こんばんは。

堤幸彦×森下佳子。やっぱり幾通りもの解釈でもあるんではないかと 何も気づかなかった自分に不安を感じてましたが

何もなかったんですね^^ ほっとしました。

柳楽くん。最近の作品 全く見ていないので 今回の演技が特別はじけていたものとは思いませんでしたが

彼には 何かスケールの大きさを感じました。


ブタネコ さんは あと2,3作くらいは さとみちゃんの制服見たいんじゃないですか?^^

★ 虎馬 さん

>あと2,3作くらいは…

見たいですね。

でも、もう限度かなぁ…

 

はじめましてブタネコさん。 
私も堤監督が撮る作品が好きで、ココに来ました。 
なぜ好きなのかと聞かれると「んん~ん」っと悩んでしまうのですが、 
多分堤監督が撮った「金田一少年」や「サイコメトラーエイジ」というドラマを小学生時代に見て 
衝撃を受けたからだと思います。(なんだこの映像は~!!!ッと) 
主演の方達はもちろんですが、初めて監督という存在を知りファンになりました。 
 
ブタネコさんは多分この2作品は見たこと無いと思いますが、他の記事を見てると金田一耕助が 
好きみたいなので金田一少年は受け付けないのかなぁっと思うのですが個人的な意見としては 
かなりオススメです。 
 
ちなみにブタネコさんの記事を読んで金田一耕助に興味がでたのでデビュー作の 
「本陣殺人事件」を買って読んでみました。面白いです。本棚に永久保存したいと思います。 
次は「獄門島」で良いんですよね??明日自分へのクリスマスプレゼントに買いに行きます。 
長々と失礼しました。

★ gaki さん

こちらこそ はじめまして、コメントありがとうございます。

>ブタネコさんは多分この2作品は見たこと無いと思いますが

う~ん どこからそう思われたのかは判りませんが…^^;

例えば、劇場版「上海魚人伝説」は「水川あさみ」を語る記事で触れておりますし、「綾瀬はるか」が出演した回も見てたりしますよ。^^

>横溝正史

「本陣殺人事件」を最初に読んだのは正解だと思います。

本の著作時期とは違いますが、事件の順で言えば 次は

「獄門島」「悪魔が来たりて笛を吹く」「八つ墓村」「犬神家の一族」「悪魔の手毬歌」…

(注:人気作品順です それぞれ間にいくつかの著作があります)

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。