« 石原さとみ in 恋するハニカミ♪ | TOPページへ | ひまわり »

2007年09月15日

● 女帝


テレ朝系で放送されていたドラマ「女帝」に関して 少しだけ触れておく。




女帝


私は『加藤ローサ』が 決して嫌いじゃない。


けど、このドラマが放映開始される以前、何度か番宣を見て


女帝

どうにも この番宣に映る「加藤ローサ」の台詞回しが棒過ぎて 真剣に記事を語る程では無いと判断していた。


が、私は「加藤ローサ」が 決して嫌いじゃない。^^;


一応、暇な時にでも見よう…と 録り貯めしておいて(何回か 録画し損ねているが^^;)のを 最終回の放映前に見たのだが…


棒である事は間違い無い。


でも、なんて言うのかな…


ついつい、続きが気になっちゃう不思議な魅力が このドラマにはある。


言い方は悪いが…


とりあえず、他にロクな企画が見つからなかったから これやっちゃう?…みたいなノリで制作され


「どうせ、ウケが悪くても 知ったこっちゃぁ無ぇや」


見たいなノリで回を重ね


「もう、なんでも良いからやっちゃえ」


みたいなヤケクソ風味であったにも関わらず、それが場末の大衆料理みたいに ついつい「もう少し食べたいな」なんて思わせる 冷蔵庫の中の余り物ばかりを適当に炒めて作ったピラフが ごく希にデリシャスだったりする醍醐味なんだろうな^^;


その集大成が…


女帝

女帝女帝


世間では とかく評価の低かった『レガッタ』なんてドラマを『相武紗季』が見たいばかりに見続けた苦労が こんなところで活きようとは思ってみなかった。^^;


女帝


願わくば、狙って作ったジェット・コースターなのか、結果的ジェット・コースターなのかは知らないが、全60話クラスの昼ドラでじっくりと放送してくれれば 別の楽しみ方もあったのに…なんて思うのだが、そんな事は どうでも良い。


女帝

この「加藤ローサ」が 次はどんな役で棒っぷりを発揮するのか、それが今から楽しみでならない。^^;


女帝


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『加藤ローサ』関連の記事

コメント

番宣のときの記事で、方言の話しをしていたのが懐かしいです。
で、結局、熊本弁だったと…。
でも、それがきっかけで見始めました。
思ったよりも、かなり面白かったです。
最初は、あれっ…あれって感じでした。
結局、引き込まれててしまいました。
まあ、主人公達が棒なんですよね。
わざと、やらされてるのかと思いました(笑)
>全60話クラスの昼ドラでじっくりと放送してくれれば 別の楽しみ方もあったのに…
そうですよね。作り方も昼ドラっぽいところがあったので、いっそ昼ドラで作りこんでもらっても良かったなと思いました。
脇役で、出ていた人達も、昼ドラに出ていた方達がいらっしゃっていて、いい味だしてらっしゃいましたよね。
しかし、あのすごい勢いで進んでいく感じが面白かったので、この枠で「もう、いいや、やっとけ」みたいな感じで、関西系列の人達が作っていたのが良かったのかもしれません。
そして、レガッタな二人…。
「レガッタ」も同じ時間帯で放送されてましたよね。
私も「レガッタ」は見ていたので、なんだか感慨深かったです。
最終回ラッシュですが、終わりがあるということは、始まりがあるので、来期のドラマも楽しめるものが多いといいなあと思ってます。

★ sei さん

私にとっての神ブロガーkuma6663氏が「よぉ、羊」と言って欲しかった…と述べられてますが、たしかに もし、そういう台詞だったら より一層、笑えました。^^


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。