« バッテリー | TOPページへ | 兵士に告ぐ »

2007年09月09日

● ジャイアンツは負けない


つかこうへい:著 角川文庫:刊 「ジャイアンツは負けない」について語ってみる。




ジャイアンツは負けない

この本を読んだのは 今から30年以上前


この当時の「つかこうへい」の作品は 「熱海殺人事件」を筆頭に どれもこれも輝いていた。


特に、真逆とも言える視点・解釈に 唸り、笑い、感動させられたものだ。


この「ジャイアンツは負けない」は 舞台演出家「つか田(つかこうへい自身と思われる)」の演出した芝居を見た巨人軍関係者が 伝説のV9という巨人の黄金時代が終焉し 常勝巨人軍が最下位でシーズンを終えるなどボロボロだった時期に 大スター長嶋茂雄が監督に就任するまでのワンポイント・リリーフ的監督として その「つか田」を監督に据える…というのが 序盤のあらすじ。


広島球場の時と 後楽園(東京ドームの前身)での試合とでは格好から物腰まで変わってしまう広島とか、パ・リーグを盛り上げようと躍起な金田、巨人にトレードされてオドオドしている張本…


80年代初頭のプロ野球を知る人なら 抱腹絶倒のストーリーである。


けどね、この本の根本には 如何に「つかこうへい」が巨人ファンだったか、そして それ以上に「長嶋ファン」だったかが伺い知れて 長嶋ファンの1人である私は ラストの描写にむせび泣かされた。


この本の存在を知っている人は 私の経験上で言えばそんなに多くない。


でも、この本を読んだ人は「あれは 最高に笑えたね」と その多くが記憶に留める一冊である。


現在は中古本屋でも ほとんど見つける事が出来ないらしいが、興味のある方には激しく奨める一冊である。

(ただし、当時のプロ野球を知らない人には つまらない可能性が大^^;)


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『つかこうへい』関連の記事

コメント

「蘇ったミスター球団」というのもありましたね。
大下英治の著作です。ドキュメンタリタッチなので
「ジャイアンツは負けない」とは真逆ですね。
全然、抱腹絶倒しません。
でもこれも当事としては面白く読みましたよ。

★ 支店長 さん

すいませんが 存じません。


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。