« 「値打ちをつける」という言葉(その1) | TOPページへ | ファースト・キス 第9話 »

2007年09月03日

● ラストプレゼント DVD2


ドラマ「ラストプレゼント~娘と生きる最後の夏」のDVD2巻を語ってみようと思う。




ラストプレゼント

ラストプレゼント

DVD2巻目を見終えた感想を述べるにあたり、まず、1巻目のストーリーも含めて全体の前半部の苦言を先に述べてみたいと思う。


主人公である明日香(天海祐希)のキャラ設定と前提の設定の描き方について… 


前半部に欠点があるとすれば 私はその一点だけに不満が残る。


つまり、難産で母子共に危険という状況で出産を強行し 母子共に無事に出産を乗り切ったにも関わらず、育児ノイローゼに…と至る過程、そういうケースが無いとは言わないが、それならそれで どういう過程か想像出来ず、そこに個人的に違和感を抱いた。


でね、育児ノイローゼに至る…という過程が もう少し、ほんの少しで良いから肉付けされて説得力を持たせてくれていれば その違和感は殆ど解消されたとも思えるんだな^^;


例えば、離婚後の ドラマ内における「今」の時系列上の主人公は ある種、ワガママというか奔放な女性像で設定されているが、それは出産前も そういう性格だったのだろうか? 出産後、育児ノイローゼの過程を経て「今」の性格になったのか? どうでも良い事かもしれないが、その辺を ほんのちょっと肉付けしてくれれば…


まぁ、そんな事を言うのは贅沢なのかもしれないけどね。^^;


で、その一点だけが不満というか、残念とはいえ それで全体に不満とか、文句があるわけでは無い。


全体の半分しか見ていない状況で言うのは まだ早いのだろうとは思うけど…


ラストプレゼントラストプレゼント

ラストプレゼントラストプレゼント

このドラマは「福田麻由子」が「歩」という娘役を演じた事、その一点こそが全てのクオリティを決めたと言って過言では無いと思う。


第3話の途中まで「歩」という女の子は 能面の様な表情の変化が乏しい、感情の起伏を面に表さない子供だった。


それが、


ラストプレゼントラストプレゼント


『ママがお家を出てく時にパパに言ってたって。

 歩が嫌な子だからママは出てくって。

 歩が いつもかわいくないから、私が感じの悪い子だから…

 だから ママは出てくって。』


ラストプレゼント

第3話で 初めて感情を露わにし、本音を語りながら号泣する。


このシーンを見て 初めて


「あぁ、そうか… それがトラウマになっちゃってたのか…」


と、理解する事が出来て、理解出来た瞬間に とめどもなく貰い泣きさせられてしまった。


この絞り出す様な台詞回し、しゃくりあげ、ついには声を上げて泣く姿。


これだけ出来る女優は 年の差を問わず、考えても そう何人もいない。


凄いな… 心の底から そう思った。


そして…


ラストプレゼント

さらに、驚かされたのは 第4話


ラストプレゼント

「明日香」と「歩」がステーキハウスで再会する。


ラストプレゼント

この時、初めて「歩」が笑顔を見せる。


このなんとも言えない、微かに嬉しさを交えた笑顔が実に良く…


ラストプレゼントラストプレゼント

その直後、エプロンをしてもらいながら 静かに泣く一連の流れに 激しく、胸が突かれた。


ラストプレゼント

トラウマと 母への想いと それらが入り交じって心が凍り、表情が能面の様になっていた少女が、母親からトラウマを打ち消す言葉を貰い 表情に年相応の明るさが戻る様…


もうね、巧すぎるよ この娘。(ToT)


ラストプレゼント


ラストプレゼント

「歩」は明るさを取り戻す。


でも、明日香と夏祭りに行く事で 父親が寂しい思いをするのを虞て…


ラストプレゼントラストプレゼント

自分に我慢を強いて 嘘をつき、夏祭りに行くのを断ろうかと悩み、それが辛くて泣くシーン。


悪いけど、娘を二人持つ 親バカ親父としては もうダメだ。(ToT)


ラストプレゼントラストプレゼント

特記事項としては、「松重豊」と「小倉久寛」のアクセント的演技が 心に残った。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『ラストプレゼント』関連の記事

コメント

キャプを拝見しながら、色々思い出しました。
リアルタイムで1回見たっきりだったので
だいぶ忘れてました。

ステーキのお店で、明日香はトイレで痛みと格闘し
それを知らない歩ちゃんが、ずっと待っている…。

今まで一緒に過ごす事ができなかった母子が
病気をきっかけに、お互い歩み寄っていく姿が嬉しく
そしてその間にも、病魔が近づいていって…。

私もブタネコさん同様、難病ものや病気ものは好きじゃないんですが
このドラマは病気がメインじゃなかったのが、私のお気に入りです。
母と子の絆を、少しずつ結びつけていって
娘の心に傷として残ってしまった、トラウマを消す事ができるのは母親だけ…。
私も娘を持っているだけに、そして今、育児をしている最中なだけに
何だか自分とシンクロしてしまいました。
(私はガンではありませんが、病気療養中です)

私もDVDを拝見したくなりました。(笑)
もちろん、麻由子ちゃんを見るために…。

★ Mint さん

>このドラマは病気がメインじゃなかったのが、私のお気に入りです。

そうですね^^

DVDを見直すと なかなか見応えのあるドラマだったと実感しました。

ま、この3巻目に関しては ちと不満な部分が多いけど、総論的には 良いドラマだと思っております。

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。