« 水川あさみ in スリルな夜♪ | TOPページへ | 「値打ちをつける」という言葉(その1) »

2007年09月02日

● ラストプレゼント DVD1


2004年7~9月期に日テレ系で放映されたTVドラマ「ラストプレゼント~娘と生きる最後の夏」のDVDを入手したので語ってみようと思う。




「あ、そう言えば この”ラストプレゼント” DVDが出たら腰を据えて一気見するつもりだったんだけど すっかり忘れてたなぁ…」


という事を思い出した。


と、同時に そう言えば…と、他にもいくつか同じように見忘れていたドラマが数本あった事も思い出し、馴染みの店長に発注したものだ。


で、今回は ちょいと自分の中で実験として 全4巻のDVDのうち、1巻目までだけを見終えた時点で この記事をまとめている。


ラストプレゼント

ラストプレゼント

ラストプレゼント

主人公の「明日香」(天海祐希)は


ラストプレゼント

かつて結婚しており、難産の末に独り娘を出産したが


ラストプレゼントラストプレゼント

育児ノイローゼ等が原因で家を飛び出し、その結果 離婚。


ラストプレゼント

建築士として自立し…


ラストプレゼント

愛人もおり、気儘な暮らしをしていたが…


ラストプレゼント

ある日、膵臓癌の末期で余命3ヶ月と診断される。


ラストプレゼント

元夫(佐々木蔵之介)は娘(福田麻由子)を男手ひとつで育て上げ


ラストプレゼント

花屋を共同経営する女性(永作博美)と再婚しようとしていたが…


ラストプレゼントラストプレゼント

娘は ある事がトラウマで 母親の事を忘れられずにいた。


主な出演者は


ラストプレゼント

娘「福田麻由子」


ラストプレゼント

元夫「佐々木蔵之介」


ラストプレゼント

主人公「明日香」の愛人(?)「要潤」


ラストプレゼント

明日香の父「平泉成」、明日香の母「大森暁美」、明日香の弟「林泰文」、弟の嫁「田畑智子」


ラストプレゼントラストプレゼント

主人公が務める設計事務所の社長「松重豊」


ラストプレゼント

職場の後輩「須藤理彩」




物語としては よくある「余命宣告モノ」という感も強い。


けどね、そんな「よくある」モノと この「ラストプレゼント」を同類に扱う事は私には出来ない。


それは


ラストプレゼント

「福田麻由子」が凄すぎる。


ラストプレゼントラストプレゼント

ラストプレゼントラストプレゼント

ラストプレゼント

ラストプレゼントラストプレゼント

この娘は 本当に凄い。


DVDの2巻目以降 物語がどのように進むのか判らないが、1巻目だけを見る限り、ひとつ言える事は キャスティングに全く不満が無い…という事。


他の人がどう思うかは判らないが、私にとって それはとても重要な事。


どの登場人物もキャラが活きている… それは、それぞれの役者のポテンシャルも重要だけど、演出や脚本との整合性の良し悪しを量る決め手でもある。


ま、正直言えば 主役の「天海祐希」の演技だけ 部分的に違和感を抱く部分が若干あったが、この点に関しては あまり不満に思っていない。


それと、親父役の「平泉成」 なんか、この先、この役者にヤラレそうな予感がする。^^;


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『ラストプレゼント』関連の記事

コメント

思えば私の場合、福田麻由子という〝女優〟を本格的に意識したのは
このドラマが最初だったような気がします。

ブタネコさんのおっしゃるとおり、すべての役者が適材適所に使われていて
「演技のアンサンブルっちゅーのは、こういうことを言うんじゃなかろうか」と
当時は強く思いながら見ていました。

平泉成の父親・・・ヤラレると思います^^;
ちなみ私が一番ヤラレたのは、永作博美です(まあ、もともと好き、ってのもあるんですけど^^)。

「ラストプレゼント」

私にとっては、決して言葉では表しきれない感情を抑えつつ見た、ひとつのドラマでした。

母の癌が進んでいた時だったので。

その中でも、「まゆまゆ」の演技には、圧巻しました。

「彼女を見たいがためにこのドラマを見た」と言っても過言ではないくらい。

福田まゆまゆの他に目を引いたのは、永作。


最終話は仕事の関係でOAは見る事が出来ませんでしたが、
その内容は、親友のメールにて随時オンタイムで送ってもらいました^^;;

ブタネコさんのブログで拝見しないので、気になってはいたのですが。
どう思われるのかとても興味深いです。

ブタネコさま。

私も福田麻由子ちゃん、チェックのためにチラッと見たドラマだったのですが、
ずっぽりとやられてしまいました。

気づけば朝。。。

彼女はすばらしい女優でした。それと同時に、このドラマそのものにやられてしまいました。
ドラマの感想を楽しみにしております。

このドラマはちょうど私の母親が癌で他界して、わりとすぐに放映された作品だったので「死」や「癌」にものすごく敏感な時期で…
普段だったらやらないのに番組のHPに行ってじっくり読んだり…
そのHPに「死について」を書く場所があって、それも普段だったらあんまりやらないのにちょこっと書いたんです…そしたら数週間後に私が書いたコトそのまんまが天海さんのセリフに入ってて…びっくりしちゃいました(*´_`*)

ブタネコさんの、ラスプレの感想が聞けて嬉しいですーー!!
ぜひ今後も語っていただけたら・・・♪ラスプレ放送当時は、
あたしの頭の中は、亜紀と朔のことで頭がいっぱいで、
このドラマを全然意識してみてなかったんです・・・。
白夜行で、福田麻由子ちゃんに魅了されてから、
色んな人にラスプレを勧められて見てみると・・・
。・゜・(ノД`)・゜・。って感じでした。ブタネコさんの感想の続き、
楽しみにしてます(^^)

★ ゆびずもう さん


>平泉成の父親、永作博美

うん、どちらも良いですね これから3巻目を見ようと思っております。^^


★ きよぴ さん


>「彼女を見たいがためにこのドラマを見た」と言っても過言ではないくらい。

たしかに 福田麻由子を語るには これは必見ドラマでしたね


★ kotetsu552005 さん


いやぁ、これは侮れませんね^^


★ Pearl さん


お気持ちお察し申し上げます。


★ 秋日子 さん


忘れていた事を思い出させて頂いて 本当にありがとうございました。


「てるてるあした」「神はサイコロを振らない」そして「ラストプレゼント」

この3本の発注忘れとは なんとアホな私。^^;


「白夜行」の福田麻由子も確かに凄かったけど、これは… 凄過ぎです。^^


ブタネコさん、お久しぶりです。
そういえば私、このドラマ見てました。
すっかり忘れてました。
そうですね、麻由子ちゃんを初めて見たのが、このドラマでした。

麻由子ちゃんの役の年齢設定が、ちょうどうちの上の娘と同じだったので
何だか食い入るように見てしまい、普段ドラマを見ないだんなまで
夢中で見ていたのを覚えています。
そしてこのドラマで佐々木蔵之介さんを、初めて知りました。
彼もいい演技をしていましたよね。

私の事なので、おそらく「2」も「3」も、コメントすると思います。(笑)

★ Mint さん

ども、お久しぶりです。^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。