« 最近のCM3本(8月29日) | TOPページへ | ホタルノヒカリ 第8話 »

2007年08月30日

● 野性の証明


1978年に公開された映画「野性の証明」について語る。




「野性の証明」は『犬神家の一族』『人間の証明』に続いて『角川映画』の三作目として制作されたもの。


森村誠一の原作は 私の個人的評価としては「やや面白い」程度で 正直言って、何故 これが3作目の映画の原作に選ばれたのかが不思議だった。


だが、この「野性の証明」が画期的な作品として残るのは「高倉健」とのW主演という形で


野性の証明

「薬師丸ひろ子」をデビューさせ、後の「渡辺典子」「原田知世」と共に「角川三人娘」として メディアミックスを確立させた事。


野性の証明

この記事を記述するにあたり、久しぶりに再見したのだが…


約30年前に映画館での初見の時に感じた 原作に無いラストのナンセンスさは理解しがたいけれども、30年経って 今、あらためて見ると 当時の角川春樹が仕掛けた角川映画は凄い規模だったんだな…という感が強い。


例えば


野性の証明

主演の「高倉健」や


野性の証明

「薬師丸ひろ子」はさておき…


野性の証明

「松方弘樹」


野性の証明

「梅宮辰夫」


野性の証明

「成田三樹夫」


野性の証明

「田中邦衛」


野性の証明

「三國連太郎」「丹波哲郎」「金子信雄」


野性の証明

「夏八木勲」「ハナ肇」


野性の証明

「舘ひろし」


野性の証明

「中野良子」


こうして眺めると 実に豪華なキャストだよね…


一応、この「野性の証明」の原作は「推理小説」にカテゴライズされているらしいので あらすじについて多くは触れないが、


野性の証明

「高倉健」は 自衛隊の特殊部隊の優秀な隊員だったが、訓練中に遭遇した事件が元で除隊。


野性の証明

「薬師丸ひろ子」は 元々は東北の寒村で家族と暮らしていた女の子だったが、寒村の住民が「薬師丸ひろ子」以外、全員死亡する惨事が生じ そのショックで記憶の一部を喪失してしまったのだが、


ある理由から


野性の証明

二人は親子として生活を共にする。


野性の証明

野性の証明

野性の証明

野性の証明

野性の証明

野性の証明




野性の証明

「誰か来る、大勢でお父さんを殺しに来る」


この台詞が そのままキャッチ・コピーでCMが流れていたのが懐かしい。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『角川映画』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。