« 包帯クラブ ローカル番宣 | TOPページへ | 僕と彼女のXXX »

2007年08月23日

● ホタルノヒカリ 第7話


「ホタルノヒカリ」の第7話を見た。




ホタルノヒカリ


もうね… 毎回見るたびに感想が頭の中でまとまらないぐらい楽しくて仕方が無い。^^


ホタルノヒカリホタルノヒカリ

ブログなんか止めた方が良い。


ロクな大人にならないからね…(私は実例を複数知っている。^^;)


ホタルノヒカリホタルノヒカリ


もうね、「ホタルノヒカリ」の「綾瀬はるか」は どんな仕草で、どんな台詞を言っても目尻が下がる。^^


だからこそ、

ホタルノヒカリホタルノヒカリ

今回の藤木を撲殺したくなった瞬間(その1)


ホタルノヒカリ

今回の藤木を撲殺したくなった瞬間(その2)


それに、とうとう念願の…

ホタルノヒカリホタルノヒカリ

ホタルノヒカリホタルノヒカリ

ホタルノヒカリホタルノヒカリ

ホタルノヒカリ

「黒谷友香」との絡みも見れて もう、満足。^^


ま、ちょっとだけ「黒谷友香」がふっくらしたなぁ…と思ったけど、それは御愛敬。




さて…


今までは出来るだけ考えまいと努力してきたんだけどね…


ホタルノヒカリホタルノヒカリ


「ま、いっか…」


このシーンの台詞の声を聞いた瞬間に


ホタルノヒカリ

こんなシーンを思い出し…


さらに、自分でも こりゃ変だと思ったのだが、ラストシーンの「綾瀬はるか」のモノローグを聞いていて…


ホタルノヒカリ


「もし、私の事 嫌になる様な事があったら… いってね(言ってね)

 乗り越えられない事があったら… いってね(言ってね)


この「いってね」の連発を聞いた瞬間に


ホタルノヒカリ


「お母さんは いてね


というシーンを思い出した。 orz




ダメだ… 久しぶりに「セカチュー症候群」の発作だ。^^;


しばらく、寝込む事にするよ。^^




あ、そういえば 今日になって初めて気づいたんだけど…


ホタルノヒカリ

このドラマ「オフィスクレッシェンド」が制作協力なのね。


成程、どうりでなぁ…


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『ホタルノヒカリ』関連の記事

コメント

どうも、失礼します。

いきなりワタクシごとで恐縮ですが、他人が薦めるもの、世の中で評判になっているものにはそう簡単には手を出さない性癖をワタクシ、もっておりまして・・・
『韓流もの』、『24 TWENTY FOUR』、『パイレーツ・オブ・カリビアン』、等々から『渡る世間は鬼ばかり』まで、一切見たことはありませんでした。セカチューもそんなドラマのひとつでした。

趣味。嗜好、言ってる内容が、いちいち納得がいくブタネコさんのこのブログを発見し、事あるごとに取りざたされるセカチュー・・・・・・・
ついに見始めました。vol.1からvol.5までをオトナ借りし、昨晩から見ています。
まだ第4話までなのですが、いい、実にいい!!
全部見たらまた違う感想もあるのでしょうが、とりあえず何か言いたくなって来てしまいました。

済みません、失礼しました。

★ wansama さん

>『韓流もの』、『24 TWENTY FOUR』、『パイレーツ・オブ・カリビアン』、等々から『渡る世間は鬼ばかり』まで

そんなの見なくても 人生には何の影響もありません。^^


>ついに見始めました。vol.1からvol.5までをオトナ借りし、昨晩から見ています。

ようこそ、自分探しの世界へ^^


>全部見たらまた違う感想もあるのでしょうが、とりあえず何か言いたくなって来てしまいました。

1周目が見終わったら、必ず、興奮が醒めやらぬ状態のまま もう一周 1話からラストまで見直す事を強くお薦めします。

尚、1周目を見終えた時点で「クソだ」と思った場合は このブログに2度と御来訪されない事をお薦めします。

(そんな方とは話したくありませんもので^^;)


すみません。また来てしまいました。


先ほどセカチュー、1回目見終わりました。

いろんな感情を全部持って行かれました。

いや、逆に、いろんな感情をダンプかなんかで大量に持って来られたのかもしれません。整理するのが大変です。

人の親であるかどうかで、感想は変わるのでしょうね・・・
先を知りたくなかったので、こちらのブログのセカチューの部分は読みませんでしたが、親たちについて(もし、過去に同じようなコメントがあっても、ご容赦下さい)ちょっとだけ。


では、【泣かされた親ベスト5】

 
第4位 
 手塚理美:廣瀬綾子「この間は、ごめんね。私たちも、余裕無くて・・・」・・・サクに
             →なんという優しさ!

第3位
 高橋克実:松本潤一郎「亜紀さんのためじゃなくって、お前、自分のため泣いてるだけじゃないか。」「・・・・・どうして、送ってやることひとつ出来ない。ええ!!」・・・サクに
             →男は、強くないといけないし、優しくなくてもいけないんだよ。男親はそれを教えてあげないといけないんだよ。

第2位
 大島さと子:松本富子「ありがとう。・・・・アタシ、あの子がずーと一人だと思ってたから・・・」・・・小林明希に
             →どんなときだって、いくつになったって親は親なんですね。

第1位
 三浦友和:廣瀬真「よく、がんばったな、サク。生死を扱う仕事はつらかっただろう・・・」・・・サクに
             →終盤は三浦友和が出るだけで鼻の奥が・・・。


『世界の中心で、愛をさけぶ』を見終わったら次は『白夜行』ね。と、思っていたのですが、すぐには見られないようです。

★ wansama さん

個人的意見を失礼するならば「白夜行」は 別に急いで見る必要は無いかと思われ…^^

とっとと、「世界の…」の2週目を御覧になる事をお薦めしますよ

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。