« 法の庭 | TOPページへ | 二年前… »

2007年08月22日

● 牛に願いを 第8話


「牛に願いを」の第8話を見た。




牛に願いを


…ってな訳で 今週のピンナップ


牛に願いを牛に願いを

牛に願いを牛に願いを

牛に願いを牛に願いを

牛に願いを牛に願いを

牛に願いを牛に願いを


と言うわけで、今週は以上。




と、言いたいところだが この「牛に願いを」に関しては来週以降、記事を書くつもりは無い。


ゆえに、今回が最後の記事と言う事で 最後に、ちょいと語らせて貰おうと思う。


見ていない人には判らないと思うけど、このドラマが放送されて間もない頃 北海道のローカル局では 随分と、番宣を兼ねた特集がローカルニュースやローカルワイドの番組内で流れ、その中で関西テレビの番組プロデューサーが 随分と御立派な能書きを語っていたものだ。


で、その御高説の中で彼が語っていた事のポイントでハッキリ覚えている事は


「2年前から北海道の酪農に関心を持ち取材を重ね、ドラマの構想を練っていた。」


という事。


で、それに付随して…


「北海道に限らず、酪農家の苦労や苦悩を視聴者に判ってもらいたい」


と、力説し あえて名前は挙げないが、架空の舞台のロケ地となった地域の酪農家が数人、番組に協力するにあたっての豊富を語る中で、


「自分たちの事を知って貰いたい」


と、口を揃えて語っていたのも記憶にある。


ドラマの番宣として語った事を 真剣に怒っても仕方が無い…と、私も思う。


でもね、モノには限度がある。


ドラマの感想が いろんなブログで語れてるのを見ると 中には


「北海道の酪農家の苦労が よく判りました」


なんて感想や


「酪農家の実態を深く取材した上でのストーリー」


なんて評価をしているのを目にすると…


かつての とある情報番組で「納豆食べてダイエット」なんて捏造問題が世間を騒がせた事を 人々はもう忘れちゃってるんだなぁ…と、つくづく思う。


今回の8話に限って いくつか指摘をしておくので冷静に御一考願いたい。


「組合勘定」という言葉が登場したが、これを判り易く極端な例えで説明すると、農家独特の農協を中心とした連帯責任制度とも言える。


つまり、農作物を育てるには まず、種代や苗代が必要であり、収穫を終えるまでの間の生活費や 肥料代など、最低限でも必要とする金を農家は農協に対して「今年は~な営農計画を立てています。」と示した上で立て替えて貰う。


それらは 計画以上の収穫・収入を得られれば その時点で収支は決済されるわけだが、悪天候による不作などで計画に満たないマイナス収支の場合 農協に所属する農家間での連帯的な助け合いにもなる。


ただ、この制度には色々と問題もあり そのひとつが、農協全体が不作で泣いた年であればともかく、殆どが黒字収支の農家ばかりの中で 大きなマイナスを出した農家は他の農家が納得しないと仲間外れにされる対象となり得るわけで いわゆる「離農」の原因の大きなものとしては「高齢化・後継者不足」と並んで「債務超過による離農勧告」というのも少なく無い…という事だ。


で、今回の第8話において 母親が死に、組合からの多額の借金に対して 組合が返済困難と判断し「離農勧告」した…という描写であったが、


牛に願いを

こんな離農風景なんて現実離れもいいところで…


組合勘定においては 大抵の場合、周辺農家が連帯責任で保証人になりあっている関係だから、母親が死んだ直後に こんな非情な勧告が出るのは希であるし、仮に出たとしても たった数日の間、しかも 何の後始末もせずに牧場から出て行くケースも希、研修生が「馬はアタシが育てるから…」なんてのも 周辺農家や組合の同意や なんらの裏付けを示さない限り無理


もっと単純に言えば ある日、忽然と姿を消す「夜逃げ」の方が よくある話とも言える。


とはいえ、現実に酪農家の方に言わせれば ここで私が述べたケースとは違う流れも色々とあるのは知っているのでケース・バイ・ケースである事は確かだが、このドラマで描かれた形が 殆ど現実にはあり得ないケースだという事は同意して頂けると思う。


では、そんな場面の描き方を制作者がしたのは何故なんだろう?


プロデューサーが2年間も構想を練った… その結果が この描写なのだとしたら、どんな意味があるのだろう?


ドラマだから、フィクションだから その辺にこだわるのはナンセンスなのだろうか?


だとすれば、


「北海道に限らず、酪農家の苦労や苦悩を視聴者に判ってもらいたい」


「自分たちの事を知って貰いたい」


という願いを フィクションで塗り固めて 何を知り、何を判れと言うのだろう?


今回ばかりは 制作者である関西テレビに 私は猛省を求めたい。


と、同時に 嬉々として制作に協力していたロケ地の酪農家達は納得しているのか 試しに聞いて見たいとも思う。


もちろん、地元の方々が納得しているのなら 私如きが口を挟む問題では無い。


が、私の知る農家や、酪農家や、競走馬の牧場経営者は全て 先週の第7話までの時点で「怒る」どころか「呆れている」


それは 制作者に対して「呆れている」だけでは無い。


ロケ地の協力者達に対しても「呆れている」のである。


なので、私は それを根拠に述べた次第でもある。


で、視点を変えて述べると…


今回の第8話には興味深いカット編集が目に付いたので触れておきたい。


それは

牛に願いを

去り行く「田中圭」を見送ろうと駆け寄る研修生達…


この上のシーンの道路の路面を よく見て 次の画面を見て欲しい。


牛に願いを

牛に願いを

バスが走り去った路面は どう見てもひと雨降った後。^^


で、そのすぐ後


牛に願いを

そんなに遠離ってはいない場所のはずなのに 路面は完璧に乾いている。^^;


つまり、撮影のタイミングと 雨のタイミングが 制作者にとっては予定外だった結果であり、過去にも同じ様なチグハグなカットの編集されたドラマは少なく無い。


ここから推察出来るのは


「撮影スケジュールが過密で大変だった」


という事を裏付けるものでもあるが、中には


「制作者が手抜き」


の為に 何も考えずに繋ぎ合わせた結果…という場合もある。


ま、だから何だ?と言われれば それまでなのだが、私に言わせれば


根幹に関わる部分をいい加減に描写する制作者だもの こんな路面が濡れてるか否か…なんてのは どうでも良いと判断するだろうさ…


と、解釈するね。^^;


ゆえに、大好きな役者が沢山出演しているドラマを貶したくは無いけれど どうにも我慢が出来ない程のクソ・ドラマを これ以上は語りたくないので今回で記事を終える事に決めたのだ。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『相武紗季』関連の記事

コメント

あしざき牧場は、夫の管理している牧場で撮影されていました。
ドラマの薄っぺらな設定には、私たちもあきれるというか、苦笑せざるを得ない部分が
多々ありました。
サラブレットとばんば馬を共存させること自体、まずありえないですから。
ですので、ブタネコさんが書かれた総評?は頷ける部分が大半です。
でも、ロケ地の協力者に対しても…という所は、黙って読むことはできません。

撮影が始まったのは7月からですが、5月頃、製作スタッフの方が牧場に来て、
大まかなドラマの説明をして協力をして欲しい旨を伝えてきました。
その時は、うちはばんば馬を調教していますので、低迷が続くばんえい競馬の
宣伝にでもなればいいね…そう思って撮影を許可しました。

実際撮影が始まり、ドラマが始まると、内容の浅い中途半端な出来で、ちょっと
がっかりしたものですが。

たぶん、牛屋さんの方も、今の酪農家のおかれている現状をもっと知って欲しい、
そんな気持ちからOKしたのだと思います。
一度撮影が始まってしまえば、意図しない内容のものでも断るわけにはいきませんでしょう。
羊の方は、市の観光牧場なので、内容関係なく喜んで協力したんでしょうけど。

撮影が行われていた間、夫は自分の仕事以外にも撮影に関わっていたので、
余計な仕事が増えて本当に大変そうでした。
撮影が朝8時からと言われれば、朝3時半にはうちを出て、馬たちの調教をすませ、撮影に
備えたり。
なので、なんだか夫がバカ扱いされているのが嫌です。
たとえ、実際に、そう言われていたとしてもです。

★ 牛に「願いを…の協力者より さんへ


率直なコメントありがとうございます。

ただ、ネットの世界は 最近、「なりすまし」と呼ばれる悪質な行為がよく見受けられる為、貴方様が本物か否かを見極められない状態で 安易に応える事が難しい状態にある事を 先に申し上げつつ、貴方様が本物だと仮定して 以下に私見を返答させて頂く所存です。


>低迷が続くばんえい競馬の宣伝にでもなればいいね…そう思って撮影を許可しました。

そうでしょうね、その点は大いに頷くところでありますし お気持ちに対しては敬意を抱きます。


>実際撮影が始まり、ドラマが始まると、内容の浅い中途半端な出来で、ちょっとがっかりしたものですが。

すると、内容を知らないまま協力された…という事なのか、さもなくば事前での説明では立派だったが、出来が悪かった…という事でありましょうか


いずれにせよ、私が疑問に思っていたのは記事内で

『嬉々として制作に協力していたロケ地の酪農家達は納得しているのか
 試しに聞いて見たいとも思う。』

という事であり、

『もちろん、地元の方々が納得しているのなら 私如きが口を挟む問題では無い。』

という事でもあります。

ですから、貴方様もしくは御主人が納得されておられるならそれまでであります。


ですが、

>ドラマの薄っぺらな設定には、私たちもあきれるというか、苦笑せざるを得ない部分が多々ありました。

>内容の浅い中途半端な出来で、ちょっとがっかりしたものですが。

という記述を拝見すると 納得されてはおられない御様子とも取れます。


で、私が記事内で『ロケ地の協力者達に対しても「呆れている」のである。』と記述した事が

>なんだか夫がバカ扱いされているのが嫌です。

と、お感じになられたのだとすれば 率直に申し上げて 私は自分の記事内容について貴方様に「謝罪」や「訂正」をするつもりはありません。

もう少し、具体的に申し上げれば「牛に願いを」の放送開始直前及び 第1話放送後など、数回UHB(北海道文化放送)の夕方のニュースのローカル枠内などで あきらかに番宣と思われる放送が行われたのを私は見ており、その中で ロケ地の酪農家の方々などが笑顔でドラマの豊富やドラマに対する期待などを語っておられるのを拝見し その時点で「ウチの町に撮影隊がやってきた」みたいな奇妙な舞い上がり方をしているのを「呆れて」見てました。

けっして、御主人を「バカ扱い」するつもりはありませんが「期待に胸を膨らませて嬉々として番宣に登場していたロケ地の協力者達」に対しては 冷静さを感じなかったから呆れたわけで、その中に御主人が もしも含まれていたのなら なんとも申し様がありません。

お気持ちは充分にお察し申し上げますが、あえて申し上げさせて頂くならば「呆れた」と感想を述べる者に文句を言うよりも先に 協力者達を欺く様なクソ・ドラマを制作した連中に御抗議なさるべきかと存じます。


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。