« 新垣結衣のCM2本 | TOPページへ | 法の庭 »

2007年08月21日

● エコエコアザラク


2006年に公開された「エコエコアザラク」の「R-page」と「B-page」を併せて語ろうと思う。




「エコエコアザラク」といえば 最初の原作が少年漫画誌に連載されていたのは 今から30年ほど前の事。


発端が何だったかは知らないが、当時 主に女子中高生の間で悪魔の力を借りるとされた「黒魔術」と天使や精霊の力を借りるとされる「白魔術」がそれぞれ流行し、主に 嫌いな友人や教師を呪う「黒魔術」 好きな異性とハッピーになれる「白魔術」なんてものが雑誌やTVでネタにされたものだ。


「早朝、日の出の少し前に 朝陽が差し込む窓に まるごと一本の茄子に つまようじを4本脚の様に差して
 30分だけ陽の光を当てなさい。

 すると、茄子に精霊のパワーが宿り その茄子を大好きな片思いの相手に食べさせれば
 なんと、ビックリ!! アナタとカレは両想いに…」


なんて特集記事が当時の「セブンティーン」だったか、「明星」だかに載っていたりして ダメもとみたいなノリでは無く、半分 真剣に記事の通りに訳の判らない真似をする女子が多かった。


私の妹も その1人で、後に旦那となった義弟に いろんな真似を仕掛けたもので、その度に兄である私が 妹には内緒で義弟に


「茄子を出されたら 何も考えず、文句も言わずに食え」


と、密かに命じられていたものだ。^^;


まぁ、そんな事はどうでも良い。




2006年に公開された「エコエコアザラク」には「R-page」と「B-page」という風に2枚のDVDがある。


これ、判り難いのだけど「R-page」が「前編」で「B-page」が「後編」的構成でもある。


ゆえに、これを見る場合は


エコエコアザラク

まず、「R-page」から見る事。


物語は


エコエコアザラク

とある「黒魔術教団」において張られていた結界の一点が欠け 悪魔の一種が降臨した事から 教団のリーダーより命じられて


エコエコアザラク

「黒井ミサ」(近野成美)が その地に赴く。


もう30年近く前に 少年漫画誌に連載されていたのを全部では無く一部だけしか読んでいないので原作がどうだったか細部の記憶なんか無い。


エコエコアザラク

エコエコアザラク

エコエコアザラク

エコエコアザラク


ただ、朧気な記憶を頼りに言えば 主人公の「黒井ミサ」は陰気で冷酷な魔女だった様に思うのだが、「近野成美」の演技は冷酷という部分はさておき 陰気な部分は巧く醸し出ていると思う。


エコエコアザラク

エコエコアザラク

エコエコアザラク

エコエコアザラク

エコエコアザラク

エコエコアザラク

エコエコアザラク

エコエコアザラク

まぁ、贔屓目だと言われるのを覚悟で言うが 私には この子は女優としてデキル子だと思えてならないんだなぁ…


エコエコアザラク

エコエコアザラク

「伊藤裕子」とのやりとりも中々秀逸だし…


エコエコアザラク

エコエコアザラク

エコエコアザラク

一段落終えて街を去る時の 年相応の女の子の表情の変化もメリハリがあって良い。




エコエコアザラク

前編で降臨した悪魔を見つける事が出来ぬまま それでも一段落付いた街だったが…


直ぐそばの別の街で女子高生のバラバラ殺人など不可解な事件が起き、黒井ミサは再び街に赴く。


エコエコアザラク

エコエコアザラク

エコエコアザラク

エコエコアザラク

エコエコアザラク

エコエコアザラク

エコエコアザラク

エコエコアザラク

エコエコアザラク

エコエコアザラク


ま、ストーリーの内容云々もさる事ながら 私は「近野成美」が見たくて このDVD2枚を見たわけだが、結論的感想を言えば「近野成美」PVとしては上等の部類であり、他の出演作での「近野成美」とは違う「近野成美」が見れて満足だ。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『近野成美』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。