« 神はサイコロを振らない DVD3・4 | TOPページへ | 雑感(8月14日) »

2007年08月13日

● めだか


2004年10~12月期にCX系で放映された「めだか」について語ってみる。




めだか

このドラマに対して面白かったか否か その感想が大きく左右するのは 殆どが


めだか

めだか


主役だった「ミムラ」を良しとするか悪しとするかが その感想のウェイトを大きく占めている事と思う。


それについての私の感想は「ミムラ」には興味が無い…と言う事で これ以上は触れないが、内容的には 今回あらためて見直してみて なかなか頑張った脚本だったと好感を抱いているが、それでも演出的には 如何なものかと思う部分も多い。^^;


主な出演者は


めだか

めだか

めだか

めだか

めだか


めだか

定時制高校を舞台に 生徒や教師の織りなす物語…ってのが主題なわけだ。


で、今回このドラマを見直したのは このドラマも今ではメジャーになった役者が まだ、あまり売れてない頃の出演…という意味で お宝場面が結構あるからだ。


まずは、主人公の親友役で


めだか

めだか

「木内晶子」


同じく、レギュラー役の1人で 保険会社の営業マンで定時制の生徒役でもある


めだか

めだか

「小日向文世」


で、キャスティングと構成的に興味深いのは

めだか

めだか

めだか

めだか

「小日向文世」の息子で 同じ高校の全日制に通う生徒役が「尾上寛之」だという事。


めだか

めだか

で、さらに興味深いのは「尾上寛之」が所属するバスケット部の主将(4番)を演じているのが…


めだか

めだか

めだか

めだか

めだか

「小出恵介」なのだ。^^


「尾上寛之」に関しては 2話と3話と5話 「小出恵介」に関しては3話と5話だけの出演(回想シーンを除く)だが、どちらも 出演場面は多くないが、なかなかインパクトのある演技を見せている。


それと、もう1人 さりげなく出演しているのが


めだか

めだか

めだか

めだか

「佐藤めぐみ」


彼女は最終回のラスト間近で 新任教師として登場する。


以前にも 何かのドラマを語った際に述べた事だが、オンタイムで見た時に、「お?」と目を惹かれる見知らぬ役者が その後、成長していく様を眺めるのは実に楽しい。


たまたま目に付かずとも 後になって目を惹かれた役者が、まだ無名に近い頃 どんな役柄を演じていたのかを見直すのも これまた実に楽しいものである。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『小日向文世』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。