« 雑感(8月10日) | TOPページへ | 近野成美 考 »

2007年08月11日

● さくらん


映画「さくらん」を見た。




さくらん

個人的にではあるが、この映画を見るのを密かに楽しみにしていた。


それは


さくらん

安藤政信がいなせな若い衆を演じていると聞いていたからだ。


で、実際に映像を見て感じた事は


さくらん

さくらん

さくらん

さくらん

さくらん

さくらん

さくらん

やっぱ、安藤政信は良い。^^


なんか、渋さまで良い感じに出てきた様だ。


歳を重ねるに従い、年相応の風格というか年輪みたいなものを醸し出せるようになれば役者は本物で その点に関して申し分無い。




さて、この映画は女性監督による作品であるがゆえに「女性の視点で」とか「女性ならでは」という事ばかりが批評に必ず盛り込まれるが、その点に関して言えば 私は監督が女性であろうが男性であろうが、それを前提に論じる事には意味を感じない。


というか、男だ女だ…みたいな議論は 田嶋とかいうババァに任せておけば良いだけの話で 作品の良し悪しには関係無い…と、私は思うから。


で、見終えた感想言えば


さくらん

さくらん

「土屋アンナ」の熱演は素直に認めたいと思ったし 作品全体も中だるみせず、冒頭から終わりまで飽きずにずっと楽しめた良い出来の作品だと思う。


キャスティングもなかなか悪くないし


さくらん

「津田寛治」が瞬間的に出演していたし…


さくらん

「小栗旬」の町人姿が見れたのは意表を突かれたが…^^


エンドロールを見て初めて「え? マジ?」と驚いた出演者が1人いたのにはもっと意表を突かれたが、その出演者に関しては数日中に別記事で述べようと思うので ここでは触れずにおく。^^;


まぁ、遊郭におけるストーリーなので「ムフフ」なシーンが多いから「お子様」には奨めないが、


こういう時代劇も たまには見たいと思える作品だ。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『安藤政信』関連の記事

コメント

こんにちは♪
昨夜やっと観ました(*´ω`*)
さすが写真家さんが監督なだけに色がとてもキレイな映画でしたねぇ~
(*´m`)ムフフ な菅野美穂ちゃんや木村佳乃ちゃん…同じ女としてとても艶っぽくて見惚れてしまいました…
小栗旬くんもそうでしたが、個人的に大好きな忌野清志郎さんの2秒…いやいや…ほんの1秒ほどの出演シーンを何回も戻して観てしまいました(´-ω-`;)ゞポリポリ
声を出してくれなかったらまったく気づかないところでした…

★ Pearl さん

そりゃ良かった^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。