« ハヴァ、ナイスデー | TOPページへ | てるてるあした »

2007年07月28日

● 青年は荒野をめざす’99


1999年に放送された「青年は荒野をめざす’99」のビデオを入手したので見た。



青年は荒野をめざす’99

原作である「五木寛之」の「青年は荒野をめざす」を読んだのは 今から30年以上前の事であり、基本的に「五木寛之」の著作は好きになれなかった事もあって 内容を殆ど覚えていない。^^;


青年は荒野をめざす’99

青年は荒野をめざす’99

青年は荒野をめざす’99

ただ、早稲田大学の露文を中退した「五木寛之」自身が当時の東側諸国(ソ連など)を旅して回った時の話をエッセイやラジオのトーク番組で 昔、よく話しており「青年は荒野をめざす」に書かれた事は自伝エッセイ風味の物語なんて言ってた様な記憶があるが、それが正確か否かは自信が無い。^^;


けど、唯一 ちゃんと記憶していると自信があるのは 今から40年程昔、ザ・フォーク・クルセダーズが歌い 隠れたヒット曲だった「青年は荒野をめざす」という曲が 実は「五木寛之」の作詞だった事を ずいぶん後になってから知り、「へぇ…」って思った事だ。


が、まぁ、そんな事は どうでも良い。^^;


青年は荒野をめざす’99青年は荒野をめざす’99

青年は荒野をめざす’99

カメラマンとして伸び悩んでいた青年(安藤政信)は ふと、昔に読んだ「青年は荒野をめざす」という本を思い出し、カメラを持たずに旅に出る。


青年は荒野をめざす’99青年は荒野をめざす’99

青年は荒野をめざす’99青年は荒野をめざす’99

青年はウラジオストックに行き、そこでシベリア鉄道に乗る。


青年は荒野をめざす’99青年は荒野をめざす’99

青年は荒野をめざす’99青年は荒野をめざす’99

青年は荒野をめざす’99

で、青年は 車内で偶然に乗り合わせた女性(葉月里緒菜)と知り合う。


青年は荒野をめざす’99青年は荒野をめざす’99

青年は荒野をめざす’99青年は荒野をめざす’99

青年は荒野をめざす’99青年は荒野をめざす’99

青年は荒野をめざす’99青年は荒野をめざす’99

青年は荒野をめざす’99青年は荒野をめざす’99

青年は荒野をめざす’99青年は荒野をめざす’99

青年は荒野をめざす’99青年は荒野をめざす’99

青年は荒野をめざす’99青年は荒野をめざす’99

青年は荒野をめざす’99青年は荒野をめざす’99

青年は旅の途中で知り合ったロシアやアメリカの青年と触れ合い、


青年は荒野をめざす’99

青年は荒野をめざす’99

やがて、ルーマニアやサラエボへと旅の足を伸ばす… ってな感じのストーリー・構成だ。


この映像はドラマ仕立ての様で、ノン・フィクション的旅行記みたいな構成になっており、ドラマとしての筋立ては たいして面白いモノでは無い。^^;


ただ、個人的な事情で言えば「安藤政信」を存分に楽しめる… それだけが、唯一の魅力である。^^;


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『安藤政信』関連の記事

コメント

おお~!ブタネコさん、ありがとうございます!
ブタネコさんのおっしゃる通り、ドラマとしては、いまいち面白くはないですけど、
旅行記として、現地の風景や地元の人々との交流はとても良かったですね。
そして、なにより安藤君を存分に堪能できました!
普通のドラマでは見れないような、素に近い安藤君がたくさん見れて・・・それだけで満足です。(*´▽`*)

★ あかり さん

ええ、安藤政信が 実に良い表情満載でした。^^

沢木の劇的紀行 深夜特急を思い出します。
大沢たかおと井上陽水 の音楽がよかったです。
後半は松嶋菜々子もでてました。

★ やじ さん

それ、知りません…^^;


見たい☆☆
当時、たまたま途中から見て、結構心に残っているんです。
ブタネコさんはこのビデオ(?)ってどこで手に入れたんですか??

はじめてのコメントで失礼いたします☆

★ みかん さん

はじめまして^^

このビデオは 倒産したレンタルビデオ屋の在庫処分品の中に発見して購入しました。^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。