« 三本指の男(本陣殺人事件:片岡千恵蔵版) | TOPページへ | Dear Friends »

2007年07月23日

● 獄門島(片岡千恵蔵版)


1949年に公開された映画「獄門島」がWOWOWで放送されたので見た。




【おことわり】

 この記事の記述には横溝正史:著「獄門島」に関するネタバレが含まれております。

 もし、まだ原作本を未読の方は この記事を読まず、原作本を先に読まれる事を強くお薦めします。




獄門島

まず、先に申し上げておきたい事は「片岡千恵蔵」という俳優が 如何に人気で、大物で、
「先生」と呼ばれる人物だったのかは 私には全く関係無い…という事。


私は 横溝正史先生の遺された著作を愛する者として 只々、感想を述べる。


ゆえに、如何に私は片岡千恵蔵のファンから嫌われ罵られようとも構わない。^^;




さて、この映画は始まって1分もしないうちに


「何だ それ?」


と、腹が立つのを通り越し、呆気にとられる事実に遭遇する。^^


横溝ワールドの愛好家であれば たぶん私の気持ちは察して頂けると思うが、その点については後述する事にする。


獄門島獄門島

この映画は冒頭 復員船の中で「鬼頭千万太」が「金田一耕助」に願いを託し息を引き取るシーンから始まる。


これは原作通りの流れなので違和感は無い。


その願いに応える為に金田一は獄門島へと向かうわけだが…


獄門島

場違いなぐらいダンディ^^;


獄門島

ちなみに上の画は 獄門島へと向かう船上で 金田一と和尚が出会うシーン。


獄門島

心なしか、シカゴの町外れで ギャングが情報屋と話している風に見えてくるから不思議だ。^^;


島に着いてみると


獄門島

早苗や


獄門島

3人娘や


獄門島

親父がいるが…


獄門島

何故か 鬼頭嘉右衛門が まだ生きており…


獄門島

千万太死亡の話を聞いて 和尚だけに遺言を託し、家族の前で息を引き取る。


獄門島獄門島

その直後、鬼頭一も一味の海賊ギャングと称する男が早苗の前に現れ…


獄門島

最初の事件が発生する。


ちなみに、最初の事件の死体が発見されたのは


獄門島

逢い引きに利用された納屋の中で、逆さまにぶら下げられてはいない。


ゆえに、有名な台詞のシーンも無い。(というか、俳句なんか出てこない。^^;)


獄門島

2番目の死体なんか 上の画だし^^;


で、原作にもある 金田一が間違えて清水巡査に牢屋に閉じこめられるシーンはあるが、それを救い出したのは


獄門島

「白木静子」なる女(注:この映画では 演じているのは”原節子”ではない)


獄門島

「大友柳太郎」が演じる磯川警部も 場違いなぐらいダンディだが、この磯川警部 恐ろしいぐらい早口で 映画全編にわたって台詞の殆どが 何と喋っているのかが聞き取りにくい。^^;




さて、ここからこの映画に関して大いなるネタバレを申し上げる。


獄門島

物語は終盤に進み「犯人は誰か?」という場面になる。


説明するのが面倒くさいので 端折って簡単に申し上げれば 天井から覗いている誰かの目に気づいた金田一が


獄門島

「降りてこい卑怯者」と叫ぶと 


獄門島

天井から隠し階段がおりてきて 現れたのは… 「鬼頭嘉右衛門」^^;


獄門島

嘉右衛門は自決し、事件は終わり…


獄門島

獄門島

獄門島

獄門島

金田一は白木女史と島を去る。(腕なんか組んじゃって^^;)




さて、この記事の冒頭で申し上げた、


   この映画は始まって1分もしないうちに

   「何だ それ?」

   と、腹が立つのを通り越し、呆気にとられる事実に遭遇する。^^


とは…


獄門島

まず、タイトルが流れ… 次に画面に表れたのは


獄門島


お判り頂けたであろうか? 横溝ワールドのファンの皆様。


ま、この部分だけなら「金田一耕助」と「鬼頭嘉右衛門」を「片岡千恵蔵が」一人二役なんだな…程度にしか映らないかもしれないが、この映画の全体のストーリーを眺めて考えてみれば


結局、「片岡千恵蔵」が変装したかっただけじゃん。^^


…って 考えると、日本で最初にコスプレに目覚めたのは「片岡千恵蔵」かもしれないな。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『片岡千恵蔵 等』関連の記事

コメント

ブタネコさん、こんばんは。

もう、笑ってしまいますね。この獄門島の核となるべき部分とか、見立てなどクソくらえなんですね。
ここまでくると逆に一度鑑賞したい気になってきます(笑)。

こんばんは. 小生はこの片岡版は拝見しておりません.
が,先日の「本陣…」同様,日本の映画の仕組みがよくわかる
記述に,逆に得心のいくところがございます.
「酔狂」という言葉通り,まさにかつての邦画の懐の深さを
垣間見た思いです.
確か,小生の記憶では市川版の金田一作品の原作の中で,
一番海外の推理小説のプロットに近い,洗練された原作が
この「獄門島」だったと記憶しております.
またこの作品が本当に映画にできたならば,実は海外の映画祭
向けになるとも思います.
ですから,原作がコンパクトにまとまっている分,映画にした時の
ダイナミズムをどう生むかが大変難しい作品だと感じます.
かつて,江戸川乱歩を読み漁った時に,何だかんだ言って
天知茂のTVシリーズも見ていました.
何か,あの乱暴な制作ぶりが,意外に癖になってます.(涙)
この片岡千恵蔵のシリーズがそうなるとは言いませんが
でもこの世に絶対は無いとすれば,今はただ避けておこうと
思いました.(笑)
映画と原作は協調関係にないとは言え,この超訳ぶりは
絶句を通り越して,逆に心穏やかに拝読いたしました次第です.
これからの本格夏到来に際し,恐いもの見たさにちょっと
火が付きつつあるのが恐いです.(笑)

★ イエローストーン さん


凄いでしょ? もう、ネタ扱いじゃないと 語る気もおきません^^;


★ ゴーシュ さん


江戸川乱歩は 自分の原作を変えられるのが相当嫌で抗ったようですね^^


>これからの本格夏到来に際し,恐いもの見たさにちょっと


いろんな意味で貴重な作品として一見の価値はあるやもしれません^^;


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。