« 探偵学園Q 第3話 | TOPページへ | ソフト会社のI »

2007年07月19日

● ホタルノヒカリ 第2話


ホタルノヒカリ 第2話を観た。

【追記 7月20日】 重大な見落としがありましたので追記しました^^;




ホタルノヒカリ

このブログと腐れ縁関係にある『南東北のブログ』の記事と寄せられたコメントを眺めていると


「笑いました」


という意味の感想が沢山ある。


それを見て「良いなぁ」と思う。


だって、私は「笑う」事など殆ど出来ず、泣けて泣けて仕方が無かったからなのだ。


ホタルノヒカリ

「私の事も再開発しておくんなまし…」


本来なら大笑いすべき このシーンも「良いぞ、その調子だはるかチャン!!!」と心の中で叫びながら目頭が熱い

(間違い無く、南東北のブログの管理人は 心が再開発されてるぞ~ とも^^;)


ホタルノヒカリホタルノヒカリ

ホタルノヒカリホタルノヒカリ

こんな初めて見る様な姿ばかりが目に飛び込み それだけで目頭が…(ToT)


ホタルノヒカリホタルノヒカリ

思わず「のだめ」か?と ツッコムはずの場面でも目頭が…(ToT)


ホタルノヒカリホタルノヒカリ

こんな真似も出来る様になったんだね…と、目頭が…(ToT)


もうね…

ホタルノヒカリホタルノヒカリ

ホタルノヒカリホタルノヒカリ

ホタルノヒカリホタルノヒカリ

ホタルノヒカリホタルノヒカリ

ホタルノヒカリホタルノヒカリ

次から次へと初めて見る様な姿や表情ばかりで 嬉しくて目頭が…(ToT)


ホタルノヒカリホタルノヒカリ

しかし、それらは全てモノローグの巧さと 絶妙な表情の変化のハーモニーが効いているからこそ、コミカルさが相乗効果で活きている…


女優として成長したなぁ…と、思うと また泣ける。(ToT)


ホタルノヒカリホタルノヒカリ

ホタルノヒカリホタルノヒカリ

今回は「藤木直人」に深く感謝せねばなるまいな…


ホタルノヒカリ

新しい「綾瀬はるか」の姿を巧く引き出してくれてる感があるからだ。


そして、もうひとつ…


ホタルノヒカリ

私にとって嬉しい事は「黒谷友香」のキャスティング


あくまでも個人感で言うのだが、私は かつてある記事で「黒谷友香」と「綾瀬はるか」の競演が見たいと述べた事がある。


出来れば「姉妹」役で…というのが本当の希望であったのだが、単なる競演でも充分に嬉しい。


この「ホタルノヒカリ」の制作者は 実に痒い所に手が届く様な、嬉しい演出を盛り沢山にしてくれて どんなに感謝しても足りないぐらいだ。


ホタルノヒカリ


【追記 7月20日】


kuma6663さんのブログの記事』を拝読して唖然とした。


ホタルノヒカリ

このシーンの真ん中の女の子が…


ホタルノヒカリ

水田芙美子』だった事に全く気づいてませんでした。^^;


私の目は 節穴だったよ… orz


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『ホタルノヒカリ』関連の記事

コメント

2話は、さらに素晴らしいホタルぶりでした。
回を重ねるごとに、あんな姫、こんな姫が見れると思うと、こんな幸せな夏が来ることが
夢ではないかと思ってしまいます。しかも、リアルタイムで。。。

そして本当に、本当に、素晴らしいモノローグです!!!ああ、ああ、言葉が足りん。
ブタネコさんが書かれている文章に、「おお、そうそう」とつっこむ自分。
文章にしていただいてありがとうございます。高揚して舞い上がった気持ちが少々収まりがつきます。

黒谷友香さんが登場のシーンでは、まさに私も、ブタネコさんの例の脳内変換ストーリーを
思い出しておりました。
どういう人が部長の奥様なのかと思っていたら、あのお話のお姉さん役。。。てね。

ああ、ああ、こんな幸せなひと時をもらえるなんて、読売テレビさんありがとう。神様ありがとうと
いう気持ちになりますわい。

…( ̄m ̄〃)ぷぷっ!  ブタネコさんの文章で今お腹いっぱい笑わせていただきました…(*´m`)ムフフ

私も今季のドラマの中でお気に入りです!! 一番かもしれない~~♪(*`・ω・)ゞデシ!!
…私って…干物かもしれない…と観てると不安にはなるのですが…
あぁぁ~~ これから毎週このドラマとブタネコさんのブログ読むのが楽しみですぅ~~

正直、予想外の出来栄えの素晴らしきドラマであり、
はるかちゃんの新境地(真骨頂?)ともなる素晴らしきコメディエンヌっぷりに
ぽかーんとしながらも腹抱えて笑い、ときには「ああ、この気持ち、分かるわあ…」
なんて共感し…。

はるかちゃんのいやみのない可愛さはまさに奇跡的だなと思います。
部長にあんなに甘えてて、ぶりっ子だなと思わせないところはすごい!
是非ともこのまま、笑えながらも和めて癒されるドラマであって欲しいと切に願っています。

ホタルノヒカリを見ていると
綾瀬はるかの新しい魅力を発見する度に顔もにやけてしまいますが(^^;)
ブタネコさんの記事を改めて読み返すと
この楽しいドラマも冷静に見れるんですよね(^^;)
自分が気が付かなかった点や上手く表現できなかった点など、
ブタネコさんの書き綴る文章から新しい感動を頂いています^^

このドラマの制作スタッフの力は本当にすごいですね。
特に演出の素晴らしさは、ブタネコさんの言葉を借りるなら
どんなに感謝しても足りないぐらいです。

★ kotetsu552005 さん


>黒谷友香

お察し頂き感謝です。^^

「天使の卵」と「天使の梯子」を テレ朝がお手軽クソドラマにするぐらいなら…

言ってもキリが無いから 以下、文句略^^;


★ Pearl さん


最近 毎週、水曜日の夜が幸せです。

★ しき さん


>新境地(真骨頂?)ともなる素晴らしきコメディエンヌっぷりに


彼女はデキル子だった… それが証明されて (ToT)


★ Nob さん


Nobさんのブログの記事

http://nob324.weblogs.jp/blog/2007/07/post_f3bf.html

拝読しました。


私も 先週(第1話)のメモを書いているシーンを見て記憶にあったので Nobさんがキャプっておられるカットで「へぇ…」って思っていたんです。

こういう細かい気配りは嬉しいですよね。^^

制作者側にしてみれば 些細な手抜きは気にもならないのだろうけど、視聴者にはクォリティという面で大きく作用している事を気づくべき。

同様に、より良く、より楽しくする為の細やかな制作者の気配りは ファンなら大いに褒め称え感謝すべきと私は思うので Nobさんの記事を拝読した時に「さすがだなぁ…」と唸りました。


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。