« 零戦 | TOPページへ | 幸福な食卓 »

2007年07月05日

● さとうきび畑の唄


2003年に放映された「さとうきび畑の唄」について 少しだけ触れておきたい。




さとうきび畑の唄

最初に断っておかなければならないのは 異論はいろいろとあるらしいが、私は このドラマをクソ・ドラマと評価している…という事。


内容的には褒めるべき点も多々あるし、テーマ曲は名曲だとも思っているが、主人公に「明石家さんま」をキャスティングし、それに合わせたかの様な設定を盛り込んだ事… その部分だけで このドラマは完全にクソ化していると言い切りたい。


はるか昔、私は「男女7人夏物語」なんてドラマは毎週、楽しみに見ていた一人だが、だからと言って「明石家さんま」が たいした役者だなんて思った事は一度も無い。


それから随分と経った今でも 彼の演技(?)とやらは


「もう、遅いねや」


から、何も変わっておらず ともすれば、さんま個人の妙なナルシズムを押しつけられるばかりに 作品の本質までねじ曲げる制作姿勢はバラエテイやコメディならともかく、戦争物では言語道断と言い切っておきたい。


で、今回 なんでそんなクソドラマを記事にしたかというと…


さとうきび畑の唄

尾上寛之』と…


さとうきび畑の唄

本仮屋ユイカ』が ちょい役に近い脇役で出演してる事だけ述べておきたかったのだ。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『本仮屋ユイカ』関連の記事

コメント

本仮屋さんそういえば友人役で出てましたね!
むしろ上戸彩と役をチェンジしてくれたほうが良かったなぁ。
長男役の俳優もうまいなぁと思いました。
けれど内容全体は、黒木瞳がこぎれいすぎだし、出会いのシーンとかお前らがやるか!?って感じで駆け落ちエピソードも笑っちゃったしいまいちでした。
せっかく若手俳優がいいのに主役夫婦がこれじゃもったいなぁと。

★ めい さん

ま、T○Sが戦争物に手を出すと こんなザマです。


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。