« 2000000アクセス達成記念懸賞付き動画 | TOPページへ | パパとムスメの7日間 »

2007年07月03日

● ライフ


ドラマ「ライフ」の感想です。




ライフ 第1話




ライフ

新ドラマという事で見てみたわけだが…


ライフ

基本的に私は あくまでも個人的な理由で「福田沙紀」が苦手なので、本来であれば見ないのだが…


ライフ

先日、映画「幸福の食卓」を見て「北乃きい」という子が気になっていたので見た。


が、内容的には どうにも楽しめそうに感じなかったので 今後は余程、何かを感じない限り このドラマを語る事は無いだろう。


で、ひとつだけ苦言を呈しておくと


ライフ

個人的には「大沢あかね」のキャラは好きなのだが、近頃クイズ番組でアホさ加減を露呈してる矢先に「頭の良い子」役にキャスティングする時点で なんだかなぁ…と、思った^^




ライフ 第5話 2007年8月5日




ライフ

ドラマの内容について語ろうとは思っていない。


ライフ

私が語りたいのは あくまでも『北乃きい


CM

この CCレモンのCMの「北乃きい」と…


幸福な食卓

映画『幸福な食卓』の「北乃きい」と…


ユビサキから世界を

映画『ユビサキから世界を』の「北乃きい」と…




 (画像の中央をクリックしたら再生します。)



残念ながら、まだ画像を捕獲できていない「ウナ・コーワ」のCMの「北乃きい」…^^;


なんだかねぇ… 見る作品によって ちゃんと、全くの別人なんだよね。


これって、女優であれば当たり前の事なんだけど その当たり前の事が出来ていなくても「女優」と呼ばれている輩が多いのは何故なんだろう?


ライフライフ

ライフライフ

ライフライフ

ライフライフ

こうして並べてみると 実にいろんな表情を見せているのが判り、たいしたもんだなぁ…と感心する。


で、正直な個人的感想をひとつ吐露すると…


ライフライフ


最近、「北乃きい」の後ろ姿に おもいっきり惹かれてしまうのは蒸し暑さのせいなのかな…^^;




ライフ 最終話 2007年9月16日




ライフ


ドラマの内容について総論的な感想を述べる気は無い。


出演者それぞれが それぞれに頑張った演技だったという部分は素直に認めたいと思うが、物語の構成から 何か得るモノがあったのか? という部分に少なからず疑問を抱いているけど ま、そんな事も どうでも良い。


一点だけ 個人感で指摘をすれば


ライフ

ラストの このシーンは必要だったのだろうか? という点


「大沢あかね」が扮した中学時代の親友とのエピソードが そもそもの発端であり、主人公の高校入学時の深層心理に影響を与えて…という 序盤の描写は判らなくも無いが、このラストの描き方では 中途半端すぎて、極端ながらも「現実(リアル)」を前提に物語を描いてきた様な制作者側の意図に対して この部分だけが、あまりに楽観過ぎる様な気がしてならないからだ。


それは 人間、誰とでも仲良くなれる… 理想はそうであっても、現実には


「コイツだけは許せん」とか「顔も見たくない」


という人間が 誰にも一人や二人いるわけで、私の様に偏屈な者には そう言う存在が数え切れないぐらいいるからね^^;


ライフ

いずれにせよ、私の今の関心は 次の作品で「北乃きい」が どんな女の子の姿を見せてくれるのか?…って事なので ライフの感想は どうでも良い。^^;


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『2007年のドラマ』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。