« 追悼 石立鉄男 | TOPページへ | 高橋真唯 in ウルルン♪ »

2007年06月04日

● 「風林火山」と「武田信玄」


井上靖 著:「風林火山」と 新田次郎 著:「武田信玄」について語ってみようと思う。




風林火山風林火山

今年の某国営放送の大河ドラマ「風林火山」


その原作は


風林火山

風林火山

井上靖 著:「風林火山」


武田信玄に関する歴史小説はいろいろと出版されているが、私は この「井上靖」のものと、


新田次郎

新田次郎 著:「武田信玄」全四巻


この二つが群を抜いて秀逸だと思っている。


だいたい、この戦国時代というと「信長」「秀吉」「家康」を中心に物語られる事が多く、武田といえば、信玄が死亡する前後のエピソードと 後継・勝頼の代に長篠の合戦で大敗する事、それと 信長達とは別次元で「上杉謙信」とのライバル関係ばかりが描かれるのみ。


でもね、私は この「武田信玄」と「斎藤道三」が大好きで、もし、この二人が激突していたら…という部分にロマンを感じたりするのだ。^^;


さて、「風林火山」(本文以後は「井上靖」の原作を指す)と「武田信玄」(本文以後は「新田次郎」の原作を指す)だが…


厳密に言えば「風林火山」の主人公は「山本勘助」であり、「武田信玄」は その書名の如く「武田信玄」が主人公 故に、「武田信玄」でも山本勘助は登場するが 「風林火山」ほどの華々しさ無いが、地味なりに興味深いキャラとして描かれている。


それと、当たり前と言われればそれまでだが 登場する人物には共通の人物が殆どだが、「風林火山」は「武田信玄」と比べて全体のボリュームが薄いので 登場人物を深く知るには「武田信玄」の方が有効だ。


また、それそれだけに登場するのは架空の人物か、さもなくば 実在だが、作者により解釈の違う人物もフィクションとして当然あり、その代表格が 諏訪頼重の娘で信玄の側室となり、後に後継となる勝頼を産んだ「諏訪御寮人」だが、この人は実在だった人物だが、何故かその名は史実では不詳とされており、「風林火山」では「由布姫」 「武田信玄」では「湖衣姫」と名付けられていたりする。




道産子として生まれ育った私には かねがね本州以南で生まれ育った人を羨ましく思うのは 北海道という土地の歴史は総じて明治維新以降の事であり、「源義経」が逃げてきたらしいよ…という伝説があるぐらいで 戦国時代には全く無縁の地である。


しかしながら、歴史小説を読み込み 実際に、その地を訪れて見た時、今では現代の高圧電線や舗装された道路などで面影が無いようでも、かつての古戦場跡や城跡を巡りながら


「ここが、上原城の…」とか「海之口攻めは ここか…」


と、思いを馳せると 勝手な妄想だが、武者達が駆け巡る。^^;


  「何故、信長が信玄や謙信を怖れたのか?」


  「家康が生涯最大の危機を迎えた三方が原の戦いとは?」


ここを知らずして その後の家康や信長を語れはしない。


と言うわけで、「風林火山」と「武田信玄」はお薦めの書であるが、さらに言えば、「武田信玄」の続編として「武田勝頼」という作もあり、合わせて読むと 武田家滅亡までのプロセスや 武田の家人団が家康に組み込まれていく様が判り興味深い。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『歴史物』関連の記事

コメント


「何故、信長が信玄や謙信を怖れたのか?」


「家康が生涯最大の危機を迎えた三方が原の戦いとは?」


私は知り合いに甲府出身者がいないのでアレなんですが

多分甲府の人たちは、病気さえなければ我らが・・・と想っているだろうし

多分軍制などを武田式に変えたり武田の遺臣を召し抱えた家康を「初い奴」と想っているだろうし

ライバルである謙信を、恐らく信長より好ましく想ってるんじゃないかな、と勝手に想像しています。

まあ、実際に信玄が病気にならなかったとして天下を取れたかといえばそれはそれで疑問なんですが

歴史を語る上でタブーとされる「if」は私としてはある程度許されても良いんじゃないかと思います。

★ うごるあ さん


最近、どうなのかは判りませんが…


>歴史を語る上でタブーとされる「if」は私としてはある程度許されても良いんじゃないかと思います。

そういう楽しみ方も歴史好きにはアリだと思います。^^

ただ、ひと頃は 俺も俺も…と ifモノの それも陳腐な内容の歴史小説ばかりが反乱したのは閉口しましたけどね。^^;

信玄の病…は ま、アレですが、年齢的にも厳しかったんじゃないかと いわゆる「時代」って奴のズレですね。


新田次郎の「武田信玄」と「武田勝頼」を読んで 山形昌景とか馬場信春といった武田の武将が渋いな…と

真田幸村の祖父にあたる真田幸隆も なかなか味のある武将だし…

まさに「人は石垣、人は城」なんですよね。

経営者の端くれとして 最も、参考になったのは信長でも家康でも無く、武田信玄でしたね 私の場合は

(なので、私がクタばったら ウチの会社も終わりです。Ψ(●`▽´●)Ψ ケケケ)

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。