« ハル | TOPページへ | プロポーズ大作戦 最終話 »

2007年06月25日

● キサラギ


映画「キサラギ」を見てきた。




本当はDVDが出たら見ようと思っていたんだけど、『うんぼぼさんのブログの記事』を拝読して ちと、興味が増したので映画館に行って見てきた。


キサラギ


この映画のストーリーは あるC級アイドルが死亡し、その1周忌の日に そのアイドルのファンサイトの常連5人が追悼集会を開くために集まり そこで繰り広げられる物語。


ミステリー・タッチである為、それ以上の内容的なネタバレは申し上げるつもりは無い。


何故、この映画をわざわざ見に行く事にしたのか?というと 出演者の一人である『小出恵介』の存在。


先日、『きみにしか聞こえない』でなかなかの演技を見ただけに 同時期に公開の別の映画で どういうキャラをどの様に演じているかが気になったのだ。^^


で、結論を言えば…


この映画は とても面白い。^^


まず、感心したのは脚本で 登場人物5人による密室劇であり、舞台劇を思わせる点は『12人の優しい日本人』だが、映画としては『運命じゃない人』を強く思い起こす出来と言えるほど 最初から最後まで綿密に計算された構成が とても良く出来ている。


その上で「ユースケ・サンタマリア」「塚地武雅」「香川照之」といった個性派俳優が良い味を出しているのだが…


小出恵介』に関して言えば「君にしかきこえない」でシリアスな青年を好演しておきながら、この「キサラギ」ではコメディ風味のオニィチャンを実に巧く演じており、その演じ分けの巧みさに やはり、ただ者では無い事を証明している。


以前、たしか『のだめカンタービレ』の記事の中で このコメディ風味の『小出恵介』を見ていると往年の石立鉄男を思い出す…と、述べた事があるのだが、今回 その思いは尚一層強く感じた。


で、予想外だったのは「小栗旬」


正直言って、私の今までの「小栗旬」に対する評価は「可もなく不可もなく」だったのだが、この「キサラギ」での演技を見て「お~、こいつ良い味を出すようになったなぁ…」と感心した。


と言うわけで、脚本とキャスティングが相俟って相乗効果を発揮し、とても面白いと感じた映画だったわけだが…


あえて、そういう風に私が感じたのは もしかしたら、私が 特定の若手女優のオタクだから…かもしれない と言う事を自覚の上で断っておいた方が良いと思っている。^^;


と言うのは、死亡したC級アイドルを上に挙げた5人の男達が偲ぶのだが、その偲び方や回想して語る台詞にはオタクならではの感情が絶妙に含み描かれているわけで 自慢じゃ無いが私も そんなオタクのはしくれとして世間一般では引いてしまうような感慨でも「そうそう」と激しく頷き理解出来てしまう私だからゆえに 登場人物に感情移入できてしまうのかもしれない…という事だ。


なので、この「キサラギ」は南東北のブログで「徒然一座」なんて呼ばれている連中に 特に薦めたい一本だと私は思う。^^


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『小出恵介』関連の記事

コメント

ピンクのカチューシャをした香川さんに惹かれてみました。
某ヲタの私、5人のアイドルへの思いに共感したり
イタタターとなったりw
それぞれの設定やストーリーの展開がとてもおもしろかった。
香川さんのやり過ぎないキモさ、はじけ具合
やはり芸達者な方だな。

これ、絶対みよ~~~っと。

★ satomin さん

私は 小栗旬が南東北のナニに見えて仕方がありませんでした。

(注:”見た目”は完全に除きます)


★ kotetsu552005 さん

御感想の記事 楽しみにしております。^^


ブタネコさんはじめまして。
わたしはこの前の土曜日に観てきました。
小栗くん目当てです。
クールな役とか暗い役とかが多いので
とぼけた憎めないキャラはちょっと新鮮ですごく楽しめました。
小栗くんの最大の武器は「滑舌の良さ」だと勝手に思ってます^^;
セリフすごく聞きやすくないですか?
わたしの中では小出くんが「可もなく不可もなく」という存在なんですけど
うっとおしぃバカキャラは見事でした。
香川さんはやっぱり「巧いな~」と思ったし
塚地さんはプロならではの「間」でおもしろかったし
ユースケさんの根っからの真面目な感じも味があってよかったです。
単純じゃないストーリーなのに明瞭な脚本で見終わったあとにすっきりしますよね。
久々に「損しない」映画でした。

初めてなのに長々とすみません・・・

★ カノン さん

こちらこそはじめまして コメントありがとうございます。^^

小出にしても小栗にしても 格好いい役が多いけど、とぼけた役をも見事にこなせる様を この映画で垣間見て「やるなぁ…」と思った次第なんです。

あくまでも個人的考えなのですが 役者は「馬鹿の一つ覚えキャラ」では役者とは呼べないと思っているものですから、余計に「あ、幅が広がってきたなぁ…」と 先が楽しみになるんです。^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。