« 正義のミカタ ~ I'm a loser ~ | TOPページへ | セクシ-ボイスアンドロボ 最終話 »

2007年06月18日

● プロポーズ大作戦 第10話


「プロポーズ大作戦」第10話を見た。




プロポーズ大作戦

駄目だ…


せつなすぎるや…


ストーリー自体も切ない事は切ないのだが、それが直接に切ないわけじゃない。


描かれているストーリーを眺めていると 自分の、高校生や、大学生、そして社会人になって間も無い頃を ビンビン刺激されて いろんな事を思い出す… それが、とてもせつなくなる。


特に、「長澤まさみ」と山Pの掛け合いも さる事ながら…、


プロポーズ大作戦

「榮倉奈々」と「濱田岳」の掛け合いの方が 回を増す毎に とてもよく響く。


でもね、今回の第10話はレイの母親(宮崎美子)と山Pとの会話が…


プロポーズ大作戦


そうなんだよ、嫁は こっちが忘れてる事を良く覚えており、彼女には それがとても重要な記憶だったりする。


ゆえに、嫁は そんな重要な事を亭主が忘れているはずは無いと信じており、私は それをあっさりと忘れていて それがゆえに何度、怒られた事だろう…


そして、何度 嫁の母親に間をとりなして貰った事だろう。^^;


そんな事を思い出したら 泣けてきた。(ToT)


どうしようもないぐらい泣けた。


プロポーズ大作戦プロポーズ大作戦

爺ぃの不意打ちも そんな私にトドメを刺した。


聞くところによると この「プロポーズ大作戦」は男の視点での物語であって 女の視点では無い…という批判が少なく無いと聞く。


それに対して、私は


「だから、何だ? バカヤロウ」


と、言いたい。


それならそれでも良いのだ。


男の心の中には こういう部分に刺激されるセンチメンタルというか、ノスタルジィがあるのだ。


もし、それが「単なる男視点」と批判の対象となるのであれば そんな女に対して


「男心を理解出来ぬ アホ女」


と、私は蔑むだけである。


こんな泣けるドラマ ホント、久しぶりなんだもん。




補足 その1


プロポーズ大作戦プロポーズ大作戦

「松重豊」よ やっぱ、最後の鍵はオマエか?


補足 その2


プロポーズ大作戦プロポーズ大作戦

そうきたか…^^


補足 その3


プロポーズ大作戦プロポーズ大作戦

この娘の笑顔が実に良かった(ToT)


そして… 補足 その4


プロポーズ大作戦

この一連のシーンで「長澤まさみ」が「ホンモノ」だと感心した。(変な意味で^^;)


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『プロポーズ大作戦』関連の記事

コメント

私も変な意味で感心いたしました(爆)

Don't knock NewYorkが最後の最後で効いてくるとは。。。
まあこのまますんなり卒業の二番煎じとはならんでしょうが。。。

DKNYの指輪にやられました・・・(ToT)

ええ。
その4。
長澤まさみさんは「ホンモノ」だと私も思いました。
目が釘付けです(笑)
いえ、女ですが、何か?(笑)
ということで、私は女ですが、男目線?それが?
って感じですね。
私も、普通に昔のことを思い出したり、自分に置き換えてみたりして見てしまいます。
そして、普通に泣かされます。
あの時、こうしていたらなんて誰でもあることだと思います。
それを本当にうまく表現しているのですよ。
恋愛に関することだけでなく、仲間の関係にしても、「そうそう」と思って見てしまう。
榮倉奈々さんと濱田岳さんがまたきちんと恋愛の部分を表現していながら、仲間を表現している。
とても、いいですよね。
そして、お祖父さんのところで、きちんと話を回収してくれていて泣かされました。
指輪出て来ましたね!!
来週の最終回が本当に楽しみです。


こんばんは。お久しぶりです^^

私も「プロポーズ大作戦」毎週見てます!
5人の年齢設定がちょうど自分と同じということもあり、自分自身の高校時代や大学時代、そして社会人になってからの仲間達との関係など、ことごとく重なってしまって、完全にはまっています^^
少し昔の回になりますが、高校時代に出てきたモンゴル800の「MESSAGE」というアルバムは、当時本当に流行っていて私もCDを持っています!それこそ、カラオケに行けばバカみたいに歌ってました。
他にもワールドカップやら何やら、自分の学生時代とピッタリ重なっていて、とても懐かしく感じると共に、なんかちょっと切ないなぁと思ったりしながら見ています。あの頃ってあんなにキラキラしてたんだなぁ、、、と。
ドラマのストーリーはもちろんですが、そういった細かい設定にまんまとやられています!もう既にDVDBoxの購入を決めています^^最終回楽しみですね♪

余談ですが、5月末にとあるカラオケ屋に行ったら、偶然プロポーズ大作戦の撮影に出くわしました。陶芸家志望の先生が女装してカラオケしてた一連のシーンです。ユニフォーム姿のケンゾーや、長澤さんなどが勢揃いでした☆

★ はちはちまる さん


ですよね。^^;


★ やじ さん


う~ん たしかに卒業を思い浮かべましたが、どうなんですかねぇ…^^


★ taku さん


巧いよねぇ… 構成が^^


★ sei さん


楽しみですねぇ 最終回。^^


★ みず さん


DVD-BOXは必須ですね。^^


>カラオケ屋


へぇ… 美味しい場面に遭遇しましたね 羨ましい。^^

もうね、月曜日が待ち遠しくて^^


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。