« 「北海道神宮例大祭」が始まった。 | TOPページへ | 「帰ってきた時効警察」サントラ盤 »

2007年06月15日

● 劇場版「大奥」


2006年に公開された劇場版「大奥」のDVDを入手したので見た。




大奥

個人的に この映画を見るのを楽しみにしていた。


それは、TVシリーズの「大奥」を毎回、楽しみに見続けていたからでもあり、この映画の劇場予告で見た「木村多江」が 私を惹き付けていたからでもある。


で、実際に見た感想を述べると…


TVシリーズの「大奥」の最終的な総仕上げ…みたいな気持ちが この映画に込められているのだなぁ…とは思うわけで


大奥

大奥

大奥

大奥

大奥

このエンドロールの抜粋を御覧頂けば 私の言わんとする事はお察しいただけると思う。


TVシリーズの中で 重い役所を演じた役者達が ほんのチョイ役で 所々に短いを出演をしていたり、

大奥

大奥

大奥

セットが如何にも映画だけあっての豪華さは目を見張るが 如何せん脚本が あわてて取って付けた様な薄っぺらさなのが 物凄く残念。


大奥

大奥

大奥

大奥

大奥

大奥

大奥

大奥

基本的な役者のキャスティングは悪くない。


しかしながら、


大奥

このキャスティングだけは 個人的に甚だ疑問。


この人の演じた役は 総体的に重要なだけに、もっと巧い人が演じていたら それだけでクォリテイが随分と上がった事と私は思う。


大奥

主役の「仲間由紀恵」に関しては 個人的には嫌いでは無いが、この娘はコメディ系だと「トリック」で見せた役柄、シリアス系だと某国営放送の大河などで見せた役柄と たった二つのキャラしか演じられない欠点を持ち、今回の「大奥」で見せた演技も そのシリアス系のキャラとして もう、見飽きた感が強い。


ゆえに、もし「大河」で主役を張ったというだけで大女優扱いをするのだとしたら、制作者も大した事が無いな…と、思った。^^;


ただね、


大奥

個人的に楽しみにしていた「木村多江」 これだけは、期待以上に素晴らしく 見た甲斐があった。


劇場予告で「眉毛の薄さ」が気になり、「もしかして 悪女役か?」とドキドキしてたのだ。


大奥

その期待に見事に応える憎々しげな目つき… さすが、芸達者だ。^^


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『木村多江』関連の記事

コメント

僕も月光院は単なる色ボケとしか見えず不満アリでした。

個人的に木村多江の着物姿の美しさと小憎たらしさ
北村一輝の相変わらずの色気ムンムンぶりを十分に楽しませて貰った映画版でした^^

★ うんぼぼ さん

横目イッパツで 嫌味な女を演じきる木村多江は ホント凄いです。^^


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。