« プロポーズ大作戦 第9話 | TOPページへ | 「ホタルノヒカリ」CM »

2007年06月12日

● 雑感(6月12日)


このところの事を書き連ねてみる。




まず、唐突に、「バカ親父の乱心」とタイトルを付けて 娘達の車を買う話を綴ってみた。


こういう話を記事に書くと、「ノン・フィクション」ですか?とか、「嘘臭ぇ」とか、「金持ちの嫌味な話ですね」という御言葉をいろんなカタチで頂戴する。^^;


まったく、なにをか言わんや…である。


どうでも良い事でしょ? そんなの^^


仮に、私がどんなに「これは100%実話です」って言ったって信じない人は信じない。^^;


「金が無きゃ こんな真似は出来無い」。


けどね、金を持つために どれだけ私が働き、いろんな人から恨まれたり、妬まれたり、友人を無くしたか… それは、たぶん 嫁や昔ながら苦労を共にする仲間や会社の古参の部下にしか判って貰えない。


だから、いちいち そんなの説明してられっか? 時に、そう言いたくなるが、それも判って貰えるとは思えない。


…なんて事は 古くから このブログを生温く見守って下さっておられる方々には わざわざ申し上げずとも、「アイツはそういう奴だから」と放置して頂けてるのがありがたい。




ま、そんな愚痴も どうでも良いね。^^


少しだけネタバレしておくと、月内(おそらく月末)に○産から車が納車される。


その車のナンバーは「あ234」では無い。^^;


その分野に知識のある方なら「あ行」は 一般の普通車には使用せず、事業用のナンバー 判り易く言えば、バスやタクシーなどの緑ナンバ…にしか交付されない。


ゆえに、娘の車を いくら私でも「事業用」には出来無いから無理なのだ。^^;


正直言うと、この事は 私がEに依頼した時点では 私自身、まったく知らなかった。^^;


だから、「なんとかなるだろ」ぐらいにしか思っていなかった。


翌日、Eは「ブタネコさん すいません」と詫びに来て それまで本当に知らなかったのだ。


Eも車屋であるにも関わらず、気づいておらず 横浜の先輩に話をして、そこを指摘されて 初めて「あ!!」となったのだ。


これがトヨ○やホ○ダの営業なら また、私はそれをネタに怒るなり、暴れるなり、なんらかのメリットを得るための材料に利用しただろう。


けど、Eに対しては 笑って許し、自分の勉強不足も反省し とある別のナンバーにする事で話は進んだ。


ホントは、その顛末を外伝として記事にしようと思ったのだが、真剣に


「”あ”をナンバーに付けられない以上、アナタの記事はデタラメだ」


と、抗議をしてきた人がいるので バカらしくなって止めた。^^




そもそも「ブログ」には コメント機能がある。


と、同時に「ブログ」は「日記」だと思い込んでいる(決めつけている)人が 実は圧倒的に多い。


ゆえに、ひとつの記事に対して 中身の吟味などロクにせず、その記事は「日記」だと思い込み、ブログ記事への「コメント」と 掲示板(BBS)への書き込みの違いなど 全く考慮せずにコメントをする方が これまた多い。


ゆえに、今回の様に 日常の中で生じた出来事を分割して各章に分け、あたかも連載記事の様に掲示すると、ますます区別がつかなくなってしまうのは 記事を掲示する私の責任が大なのではあるが、区別のつかないコメント それ以上に、区別のつかない抗議などを頂戴すると まぁ、簡単にヤル気が失せる…って事を御想像頂けるとありがたい^^




さてさて、札幌は先週末「YOSAKOIソーラン」で 馴染みの方々には御承知の通り、我が家の嫁と娘達は踊り狂い、昨日、そして今日も もう、爆睡状態である。^^;


私は全く興味が無いので ひとりポツンと孤独を楽しんで過ごしたわけだが、私にとっての”祭り”は数日後から始まる中島公園の縁日である。


ここ数日、ホントかよ…ってぐらいクソ暑い日が続いているので おそらく、縁日の開催期間中に 例年通り雨が降る可能性が 益々高い。


ゆえに、晴れた日を狙って 存分に縁日気分を味合わねばと楽しみで仕方が無い。^^


ま、とりあえず 明日は嫁と映画のハシゴにいく予定で どの映画を見ようかと、悩んでいる。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『雑感(2007年)』関連の記事

コメント

おはようございます.
先日,雷の話題をしましたが,数日前に家にいながらにして「光って2秒」
の雷を経験してしまい,異常気象の猛威に震えております.
ブタネコさんも昨日の猛暑は大丈夫でしたか?

車ご購入戦記も楽しんで拝見していました.(笑)

そして今回の「雑感」も拝読して感じることは,「言わずもがな」や「推して量る」
ということが,つくづく少なくなったなぁということです.

小生のお仕事で言えば,最近コンテを求められことが多くなりました.

映像制作の場合,シナリオにコンテを付けるとういうのはハイエンドの
時のみで,それは,内容や後処理がバジェット相応に複雑なために
クライアントに対してイメージを補完するためにほかなりません.
しかし,そうでは無い低予算の場合でも,文字面から絵を想像していくことや
展開を読むことのクライアント側の理解が,図らずも容易でなくなりました.
もちろんこれは我々,制作側の意志伝達の稚拙も関係しています.

ブログは「名無し」の世界ですが,言葉を繰り出すということはそれ相応の
責務を伴いますし,またネットゆえの,ある程度の軽さも必要です.
直接相対せず,ブラインドでやっている以上,「意見に意見する」するのは
不毛な気もしますし,添うもの以外はその必要性を感じませんね.
だって読まなきゃいいんですから.(笑)

小生の場合,ブログはワンチャンス・ポーカーのようなつもりで臨んで
おりますが,ブタネコさんはタカ派を装いながらも,
「いちいち そんなの説明してられっか?」
と文字にするあたりに逆に「やさしさ」を感じています.(笑)
そのあたりが思わずのれんをくぐって,一本つけてしまう理由かもしれません….

蛇足になりますが,小生の身内にも退官間近の○産営業がおります.

もうその営業所の所長よりも年上で,同期は含めて二人のみです.
もう一人の同期の方は,技術部門のお人ですが,その営業所で
誰よりも早く出勤しているそうです. そこの土地柄,築地の場内外の
お客さまがいる関係で,早朝のところで何かあった場合に備えてとのこと….
そんなの誰か若いのにやらせればいいじゃないと小生が意見具申しますと,
「ばぁか,そんなこと言ったら今の若い奴なんてみんな辞めちまうよ」
との身内の弁に,またまた図らずも二の句が告げません.(笑)

事実は小説より奇なり(これであってますよね ^^;)
いろいろなことがあると思うのですけれどね。
信じる、信じないは勝手ですが、私的には、とても楽しく読ませて頂いていたのに、心無いコメントのおかげで、番外編が読めなくなってしまったのかと思うと悲しいです。
いろいろな意見はあって当然でしょうけど、わざわざ批判のコメントを書く労力を使うのは馬鹿らしく感じます。
気に入らなければ、続きを読まなければいいだけです。
お金のことにしても、才能がないとお金は増えません。
自分が、どれだけやったかの結果にお金がついてくるのだと思います。
お金が絡むといろいろと嫌なことがあります。
それを乗り越えてのお金ですから、使って当然だと思います。
縁日いいですね!
そして、奥様との映画のハシゴ!
嫌なことが多かったようですが、思いっきり楽しんで来てください!
また、縁日や、奥様と行った映画のことが記事になるのを楽しみにしています。
コメントしだしたのは最近ですし、新参者ですが、ブタネコさんを生温く見守って行きたいと思います(^^)

★ ゴーシュ さん


>昨日の猛暑は大丈夫でしたか?

昔、本州で鍛えられたせいか 暑いのは平気なんです。

が、私以外の女3人と猫4匹は全滅してました。


>「言わずもがな」や「推して量る」
>ということが,つくづく少なくなったなぁということです.

そうなんですよね…

「だって、言ってくれなきゃ判らないじゃん」

ってのが 怒る理由として正当化されつつありますもんね。


察する… それが気配りの基本だとすれば 気配りなんか廃れちゃってるって事にもなるし^^;


>「ばぁか,そんなこと言ったら今の若い奴なんてみんな辞めちまうよ」

思わず、苦笑いしてしまいした。^^

ホント、そうなんですよね…


★ sei さん


>番外編が読めなくなってしまったのかと思うと悲しいです。

時間が過ぎて 気分が変われば書くかもしれません。^^

ま、そのへんは まったりと…


>生温く見守って行きたいと思います(^^)

ありがとうございます。^^


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。