« 高橋真唯 in ウルルン♪ | TOPページへ | 長澤まさみ in 年金CM♪ »

2007年06月04日

● プロポーズ大作戦 第8話


「プロポーズ大作戦」第8話を見た。




プロポーズ大作戦

このドラマの脚本は巧い、そして 私のツボを良い具合に刺激する。


榮倉奈々

「榮倉奈々」の台詞


「ブランドに弱いと女に持てないよぉ~」


嫁に精神的に鍛えられたおかげで 自分で言うのもナンだが、私はブランドに五月蠅い。^^;


しかし、私以上に「二代目開業医」や「気の弱い弁護士は」もっとブランドに五月蠅い。


それは彼らが、高級クラブでブイブイ…(以下、省略^^;)



松重豊松重豊

「松重豊」の役者魂にも 夢で見そうなぐらい感動した。


中年男の内股を惜しげもなく晒し、毎回 短い出演シーンにもかかわらず、強烈なインパクトを放つ様に ファンになって良かった…と、実感する。(ToT)


長澤まさみと榮倉奈々

「長澤まさみ」と「榮倉奈々」で「ワタシ、サクランボ~♪」なんて言われると もう、それだけで ワタシもチェリー・ボーイに戻りそうだ。orz


それにしても…

榮倉奈々

なんだろうなぁ… ホントに「榮倉奈々」惹かれそうだ。^^


長澤まさみ長澤まさみ

長澤まさみ長澤まさみ

私の中では「長澤まさみ」が絶対である事には変わりは無いけどね。




ところで…


プロポーズ大作戦

来週のキーとなるスライドだが、TV画面で見てた時は気づかなかったが 記事を書こうと思ってキャプを見たら 二人が合わせたグラスの上、窓の向こうに「山P」が立ってるんだね^^;


一瞬、心霊写真かと思ったよ。^^


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『プロポーズ大作戦』関連の記事

コメント

今回も、とても良かったです。
仲良しの仲間がだんだんバラバラになって行ってしまうのか?
これは、本当に年をとっていくごとに会わなくなっていってしまうものなのですよね。
仕事で忙しくなったり、実家を離れてしまったり、結婚したりして会い辛くなる。
もちろん今でも友人には変わりないのですけど、学生の時のようには行かないのですよね。
それこそ、結婚式でもないと友人全員で会うことなんて難しいです。
今回の放送で、一緒にいられる時は、仲間全員で一緒にいようとした所に、ああいいなぁと思ってしまいました。
本当に仲良しの仲間をうまく書いていると思います。
そういう、恋愛だけでなく、切ない感じを出すことがとてもうまいドラマだと思います。
しかし、来週どうやって過去に行くのかと思ったら、キャプチャーの中に答えがありましたか…。
来週の放送がとても楽しみです!

★ sei さん

>本当に仲良しの仲間をうまく書いていると思います。

ですね^^

半年ちょっと前に放送された とあるクソ・ドラマが果たし得なかった事がきちんと…

あ、どうでも良いですね。^^;

いえいえ。
同じようにジャニーズ事務所の人を使い、男友達にいたってはおんなじ人ですよね。
女優さんたちもかわいらしくて…。
女優さんや俳優さんは良かったのだろうと思うのですよ。某ドラマは…。
しかし、仲の良い仲間っていうだけでも、こんなに切ないドラマが作られるのですから、病気をアイテムにする必要性は本当にないですね。
アイテムという言い方はよくないですね。でも、切なさを出すために使われていたように見えたので…。
いえ、映像はきれいだったり、いいところもあったと思いますよ。
一応、最終回まで見ましたし(笑)
しかし、プロポーズ大作戦は本当にいいドラマなので、あと少しで終わってしまいますが、楽しみに見たいと思います。

★ sei さん

>アイテムという言い方はよくないですね。でも、切なさを出すために使われていたように見えたので…。

そうですね、「切なさ」を出すために病気を利用する…

そういう手法を取る必要があるのか?

と、同時に そこまでして「切なさ」が表現できたのか?

その両方が成立しなければ 救いようの無いクソドラマだと私は思い 罵ります。

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。