« 砂時計 最終話 | TOPページへ | 帰ってきた時効警察 第8話 »

2007年06月01日

● ニライカナイからの手紙


2005年の映画「ニライカナイからの手紙」を見た。




実は、随分と前に この映画のDVDを見ようとし、冒頭から10ぐらい見たところで ある理由があって見るのを止めた…という経緯がある。^^;


その理由に関してはネタバレになってしまう為、この記事の文末で述べる事にするので、ネタバレ嫌いの方は御留意願いたい。^^;


ニライカナイからの手紙


冒頭のあらすじを簡単に述べると…


ニライカナイからの手紙

既に父親は他界し、


ニライカナイからの手紙

母親に育てられた 主人公の女の子。


ニライカナイからの手紙

ニライカナイからの手紙

しかし、その母親も 主人公が6歳の時に 主人公を祖父に預けて島を出る。


ニライカナイからの手紙

以来、主人公は 祖父に育てられ


ニライカナイからの手紙

毎年、誕生日に来る手紙だけが母親との接点だった。


蒼井優

主人公を演じているのは「蒼井優


蒼井優

蒼井優

蒼井優

「蒼井優」に関して言えば 「リリィ・シュシュのすべて」や「フラガール」での踊りの巧さだけじゃ無く、演ずる役柄の内面をも巧く表現する女優である事を この「ニライカナイからの手紙」でも存分に発揮している。


ま、それは ある意味、彼女だけの巧さでは無く 演出家などの手腕もあるとは思うけど、この作品においては


蒼井優

当初の幼さと


蒼井優

後半での表情の違いに 演じた「風希」という女の子の心の成長がハッキリと判る点が 実に巧い。


そういう意味では「蒼井優」ヒャッホイとしては 充分に楽しめるし、必見の映画だとは思うのだが…




--- 以下の文章には ネタバレが含まれています。^^; -----




この記事の冒頭で述べた ある理由…


それは 映画のタイトルにある「ニライカナイ」という言葉。


あえて 意味は述べないので興味のある方はネットで検索すれば すぐに判るはず。^^;


その言葉を知っていると


ニライカナイからの手紙

このシーンで 作品の全てが判ってしまうと言っても過言では無い。^^;


沖縄で一時期過ごした事のある私は 残念ながら、この言葉と意味を知っていた。


だから、「あ痛たたたた」って感じでネタバレしてしまい 見続ける興味を失ったのだ。^^;


気持ちは判らなくも無いけれど、何故 こんな簡単な事を制作者達は気づかなかったのかな?


で、あくまでも個人的理由だが


ニライカナイからの手紙

私は 母親役を演じた この女優さんが好きでは無い。^^;


ゆえに、感情移入にも障害が生じると思ったわけで、事実 あらためて全編を見直した時も「なんだかなぁ…」感がつきまとっていた。


重ねて申し上げるが、これは あくまでも私(ブタネコ)の個人的感覚であって そう感じない人も多いはず。


ゆえに、私としては「木村多江」とまでは言わないが、「桜井幸子」や「西田尚美」が演じていたらズブズブに泣かされた事だろう。^^


が、しかし…


ニライカナイからの手紙

この爺ぃには ちょっとウルッとさせられたけどね。^^;


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『蒼井 優』関連の記事

コメント

こんにちは。
蒼井優ちゃんと来たら、何か言いたくて・・・(^▽^;)
私はニライカナイという言葉とか、その意味をしらなかったんで、
結構このDVDは新鮮に観ることができました。
「そうか、そうだったんかぁ」と思いました。
手紙を読むときの蒼井優ちゃんの横顔の演技に(T_T)でした。

★ せとくぼ さん

お久しぶりです。^^

>手紙を読むときの蒼井優ちゃんの横顔の演技に(T_T)でした。

ですね^^

この子は ホント、良いモノを持ってますね。^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。