« 「国境なき取材団」と「ちょっと戦争ボケ」 | TOPページへ | イツカ波ノ彼方ニ »

2007年06月07日

● 第3章 トヨ○ vs ブタネコ


第2章 友人 vs ブタネコ」の続きを語る事にしよう…




トヨ○から送信されてきたFAXを眺め…


「なんだコレ?」


と、思った私は 再び、コードレスの子機を取り上げると FAXに記載のある車屋に電話をかけた。


すると、午前中に我が家に来た営業マンは接客中との事で その上司と名乗る人物が代わりに電話に出た。


「***病院の院長先生から御紹介のブタネコさんですね、

 どうも、いつも 院長先生には御世話になっておりまして…

 この度も御指名に預かり…」


長い挨拶が嫌いな私は 上司の(営業課長)の挨拶もロクに聞かず


「あ、こちらこそ 突然ですいませんね

 ところで、先程 見積もりのFAXを貰ったんだけど…」


「あ、ちょっとお待ち願えますか? 私も そのFAXを…

 あ、どうぞ 今、手許に… はい、拝見しております。」


「ちょっと いくつか尋ねたい点があるんだけど…

 まず、下取り費用云々という項目欄なんだけどね」


「あ、はい…

 既にシーマとアウディをお持ちなんですね?」


「そうそう、私の愛車のシーマと 嫁のアウディがあるんだけど、

 それぞれ、個別に御丁寧に下取り価格が記入されているんだけどさ…」


「ええ、あ、この下取り値段がお気に召しませんでしたか?」


「いや、価格が問題じゃ無いの。


 あ、あのね?

 さっき 院長から電話で聞いたんだけど、貴方は事務長と個人的な知り合いでもあるんだよね?」


「ええ、事務長さんは 高校の時の部活の先輩なんです。」


「そっか、じゃ ざっくばらんに話させて貰うけど… 君の部下はアホか?」


「え? 何か失礼な真似を…」


「おいおい、もしかして 君もアホか?」


「え?」


「見積書の その下取り欄をよく御覧よ

 アウディとシーマと 両方の下取り価格…

 そうそう、その金額よ


 どっちもさ、その見積書で買おうとしている車の値段よりも下取り値段の方が高いだろ?

 って事はだ、見積書通りに どちらかの車を下取りに出して その車を買おうとしたら

 ウチが金払うんじゃなくて キミんとこの車に差額の現金がついてくる…って事だよな?」


「あ!…(しばし無言^^;) いや、たしかに稀に そういうお客様もおられ…」


「俺は”稀(まれ)”か? …ってか、落ち着いて よく考えてみなよ

 2・3百万以上で売れる車を下取りに出して 2百万前後の車を買う奴がいるか?

 言い換えれば、フル装備のシーマを売って カローラなんとかに買い換える奴がいるのか?」


「あ、いや… ご・ごく稀に…」


「しかもだぞ、下取りが無い場合…って 見積書の下の欄にさ…」


「はい」


「”ローン払いを御希望の場合は 事前審査が…”って 備考欄に印刷じゃなくて 手書きで書き込んであるよな?」


「ええ、たしかに…」


「まず、第一に 必要なら病院の事務長に電話をして確認してみな

 俺は 君が紹介された病院の医療法人の理事の1人なんだけど…

 わざわざ手書きで事前審査云々言われなきゃならんほど社会的信用が欠落してんのか?」


「えっ!…」


「第二に わざわざ頼みもしないのに下取り査定してくれたシーマとアウディ

 現金払いで買ったんだから残債なんか無いんだよ、その辺 調べようとしないで

 カローラなんたらをローン払いで買うなら…って 手書きの御注進


 これって、「失礼」を通り越して「無礼」じゃねぇか?」


「いや… あの…」


「第三に 受け取り方によっては そこまで小馬鹿にしておいてだ、備考欄のさらに下に

 ”***病院さんの御紹介なので 特別にスタッドレスタイヤ四本サ-ビスさせて頂きます”

 …って 何だこれ?」


「いえ、それは ***病院さんには いつも御世話に…」


「シーマやアウディを現金で買う奴がだぞ

 ”え? タイヤ四本貰えるの? ラッキー、じゃ、直ぐ 買っちゃう…”

 って言うのか? あぁ?

 ”ついでに、愛車セットとフロアーマットも…”

 って懇願するのか? よ?」


「ちょ・ちょっと、お待ち下さい 今、先程お伺いした担当の営業の手が空きましたので…」


「コノヤロウ、今更 部下に責任回避してどうすんだ?

 間違って電話に出ちゃったんだから、最後まで尻を拭け!!」


「あ、はい…」


「あのね…

 誤解の無い様に言っておくけど、院長から”セコイ値引きはしてくれるな”って ちゃんと言われてんのよ

 元々、そんな気なんか無いしね。

 それを最初から 空回った見積書を寄越してどうするの?」


「いや、実は いつも院長先生から値引きやサービス品に関して 厳しく御指導を頂戴しておりまして…

 ですから、今回も 当初から抜かりの無い様にですね 配慮したのではないかと思われ…」


「それって、”院長ったら いつもセコイんだもん”って事だな?」


「え? あ、いや… そんな意味では」


「意味だろ?」


「はい」


「ん、判った それは聞かなかった事にしてやるよ^^;」


「すいません… どうすれば、宜しいでしょう? 早速、これからお詫びに…」


「詫びなんかいいよ^^;


 当たり前の値引き額で良いし、タイヤとか貰っても”特別”とは感じないって事を

 判ってくれれば、それで良いの。


 重要な事は、ウチの大事な娘達が乗る車なんだよ

 事故になりにくい為のオプションとか、

 万が一の場合の ホラ、

 前後左右から包み込んじゃうエアバックとか、

 そういうオプションをフル装備で計算し直してよ


 消しゴムみたいなスタッドレスタイヤなんかを貰うより、

 そっちの方がはるかに重要なんだから…」


「あ、なるほど それは… はい、畏まりました。」


電話を切って コーヒーを飲みながら一服していたら 今度は「某国立大学教授」が電話をかけてきた。


「よぉ、弁護士からさっき電話が来て…

 今晩 ***(二代目開業医や弁護士が入り浸っている高級クラブ)で

 面白いショータイムがあるから来いって言われたんだけど…

 オマエ(ブタネコ)は行くの?」


「行かない。

 それどころじゃ無い。」


「そっか… そりゃ残念。^^;

 ところでさ、車を買おうとしてる…って話も聞いたんだけど ホント?」


弁護士の野郎… ホントに暇なんだな^^;


「うん、娘達のをね…」


「だったらさ… ○産の営業の ホラ、俺やオマエが車を買った… アイツにも 一声、かけてやれば?」


「え? あぁ…

 最初、それ考えたんだけどさ

 なにせキッカケが”石原さとみ”のトヨ○のCMだったんだよね…」


「つい、この前 ウチの車が車検でさ 奴に会ったんだけど…

 あまりにも車が売れない…って 暗く凹んでたんだ」


「凹んでるなら、車屋なんだから板金して貰えば良いじゃん」


「バカ、シャレになんねぇよ^^」


確かに、気にはなっていたのだ。


長い付き合いだし、随分とサービスもして貰った奴だから…


                                         第4章 ○産の営業Eに続く…

お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『バカ親父の乱心』関連の記事

コメント

練られた文章構成でとても楽しく、毎日こんな記事が無料で読めていい世の中になったもんだと思いますw
トヨ○の営業さんはどうしちゃったんでしょうね?ブタネコさんはちゃんと娘さん達用のと伝えているのに下取りの見積り出しちゃう発想が出るなんて…
営業マンだったら、お客の懐具合や購入するに当って何を一番重要視してるかきちんと見極めなきゃ駄目でしょうに…
お客の気持ちを引き寄せる術を常に向上させておかないと売れるもんも売れないですよね(^_^;)

うんうん。
いきなり勉強になります。
営業活動の一翼を担っている私としては、定型業務と堕してしまうことへの警鐘として受けとらせていただきました。

しかも面白いので、続きも期待しております。

おーもーしーろーくーなってきた~~♪
・・・失礼しました。
突っ込みを入れるのが大層楽しそうな見積書ですね^^;
シーマとアウディ乗ってるようなお金持ちなんですから、小細工無しに普通に見積もり出した方がいっそ良かったような・・・

★ こるとん さん


有料にしたら 読む人なんかいなくなりますよ こんなブログ。^^

最近の若い営業はマニュアルの枠の中でしか思考できない様に教育され過ぎなんだと思います。^^;

それに、営業マン達が 今回の件で私を怒らせたのは こんな程度だけじゃありません。^^;

それは 追々…


★ あるこん さん

>定型業務と堕してしまうこと

上の「こるとん」さんへのレスでも述べましたが、企業は必要以上のトラブルを避けるためにマニュアル化を促進しました。

その最大の弊害はイレギュラーに対応できず、必要以上にトラブルを大きくしてしまう事と 全てをマニュアルのせいにして責任回避する体質を身に付けてしまった事だと私は思っています。

だから、何かのクレームで電話サポートと話す時に オペレーターの「すいません」とか「申し訳ありませんでした」という言葉は無機質な音にしか聞こえない事が多いと思いませんか? ^^;


★ しき さん


>突っ込みを入れるのが大層楽しそうな見積書ですね^^;

ええ、血圧が上がるほど…^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。