« おいしい殺し方 | TOPページへ | 春の居場所 »

2007年05月30日

● セクシ-ボイスアンドロボ 第8話


「セクシ-ボイスアンドロボ」第8話を見た。




画像

画像画像

30代後半以上の年代であれば この「ともさかりえ」が「室井滋」だったら、完全に「やっぱり猫が好き」だ…と 多くが感じたのではなかろうか?


「やっぱり猫が好き」は 80年代後半の名作番組だっただけに、その印象は今でも強い。




先週の第7話が放送中止となった為、もし、その第7話になんらかの伏線があったとするならば、今後の先行きが不安だな…と、思って見た 今夜の第8話だが


画像

なんか、ロボ「松山けんいち」のニコ「大後寿々花」に対する態度が冷たくなった様な気がするのは 気のせいなのだろうか?


もしかしたら、第7話の中で ちょっとした行き違い…みたいな描写があったのでは無いのか?


ついつい、そんな事を感じた次第だ。^^;


画像画像

画像画像

ま、「大後寿々花」は良い仕事をしていると思うけどね。^^




【追記】


今回のセクシーボイスアンドロボ第8話の中で、


「死を間近にした患者の願い事をかなえてくれる人がいる」


というシチュエーションについて パッと思い出したのは『本多孝好:著『MOMENT』』という本である。


この本は なかなか不思議な魅力のある本なので お薦めしておこうと思う。



お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『セクシーボイス…』関連の記事

コメント

「MOMENT」読んだことがあります。
切なく、だけどすっきりした読後感のある作品だなぁと
うちは感じました♪

「やっぱり猫が好き」!
あれは名作です(^^)

★ meiya さん

>切なく、だけどすっきりした読後感のある作品だなぁと うちは感じました♪

初めて本多孝好を読んだ時、実に 不思議な読後感を味わいました。

以来、彼のファンなんですが 新作が出ないんですよね なかなか^^;


>「やっぱり猫が好き」!

夜中に大笑いしてたのが 懐かしいです。^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。