« 雑感(5月29日) | TOPページへ | セクシ-ボイスアンドロボ 第8話 »

2007年05月30日

● おいしい殺し方


BSフジとGyaOで2006年に放送された「おいしい殺し方」のDVDを入手したので見た。




おいしい殺し方

これを見てみようと思った第一の動機は 脚本・演出が「ケラリーノ・サンドロヴィッチ」 つまり『時効警察』の演出家の1人だという事。


おいしい殺し方

主人公の「奥菜恵」は 小学校教師で恐ろしい程の料理下手。


付き合う彼氏が 彼女の手料理を食べると、それを機会に彼女の許から去っていく程の凄まじさ。


ある日、彼女は料理学校に通って料理を学ぶ事を思い立ち、そこで


おいしい殺し方

料理研究家の若手ホープである東大寺ハルキ(久ヶ沢徹)と出会うが、出会って数日もしないうちに 彼は死体となって発見される。


おいしい殺し方

「犬山イヌコ」


おいしい殺し方

「池内のぶえ」


奥菜は料理学校で知り合った 上の二人と、


おいしい殺し方

何故か東大寺ハルキを殺した犯人を突き止めようと行動を開始する…




基本的に、演出・構成は「時効警察」と同じパターンで「ヌルイ」というか 摩訶不思議な会話が飛び交うスタイルは同じ。


ただ、個人的感想を言えば…


主人公役の「奥菜恵」は ホラー作品での演技と ちょっと小生意気な女…という二つの演技パターンしか最近では見た事が無い。


で、この「おいしい殺し方」では その後者である「小生意気な女」なわけで…


ビギナービギナー

ビギナー』というドラマで 初めて、小生意気な奥菜を見た時は とても新鮮で良い演技だと思ったが、その後 ホラー作品以外の奥菜は その同じ女しか演じられず、今では 正直、辟易している。^^;


ゆえに、「奥菜恵」を主役にキャスティングした時点で せっかくの「ヌルイ」風味は台無しになっていると私には思え、残念でならない。^^;


ま、話は変わるが…


殺される料理研究家の妻役で


真木よう子

真木よう子』が出演している。


こちらは「さすが」と唸らせる演技で 実に秀逸。^^


それと、主人公の知り合いで キャッチ・セールスの女役として


永田杏奈

永田杏奈』が出演している。


こちらは短いシーンでの出演だが、とぼけた感じが巧く出せていて良かったと感じた。^^



お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『真木よう子』関連の記事

コメント

奥菜恵さん出演舞台、特に『胎内』(青山円形劇場/2005)は良かったです。劇作家・三好十郎の戯曲で、戦前、戦後の洞窟で出くわした一組のカップル(奥菜恵・伊達暁)と、いわくありげな男(長塚圭史)。洞窟に閉じ込められ、人間同士が赤裸々な姿をさらけ出す、極限状態の舞台です。

ケラリーノ・サンドロヴィッチ主催、ナイロン100℃も面白いですよ。好きで毎公演観ています。

★ 仁 さん

奥菜恵の悪口を述べた途端、引退報道を見てビックリしてます。^^

なので、余計な事は これ以上、言いません。(奥菜の件のみ)^^;

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。