« 暗いところで待ち合わせ(映画版) | TOPページへ | いちばんきれいな水 »

2007年05月27日

● キャッチボール屋


2005年公開の映画「キャッチボール屋」のDVDを入手したので観た。




キャッチボール屋

寺島進」と「松重豊」が出演してると聞いて まったく先入観無しで観たのだが、正直言って、こういう映画があった事すら知らなかったし、今まで他から情報も無かったのでナメてかかったら痛い目にあった。^^;


出演者は


キャッチボール屋

高校時代、野球部の補欠で過ごした主人公に「大森南朋」


キャッチボール屋

謎のOL「キタキマユ」


キャッチボール屋

売店のオバチャン「内田春菊」


キャッチボール屋

先代のキャッチボール屋「庵野秀明」


キャッチボール屋

息子との関係に悩む男「光石研」


キャッチボール屋

コインランドリーの常連「キム・ホジョン」


キャッチボール屋

風変わりな借金取り「水橋研二」


そして、

キャッチボール屋

いつもベンチでボーッとしている得体の知れないスーツ男「松重豊


キャッチボール屋

一見、強面だが ひたすら投げる男「寺島進




結論から言えば、涙が流れるような話では無い。


しかし、いろんな意味で良いツボを刺激され 切なくさせられる作品だ。


思うに、これは40過ぎの年代にしか効かないツボなんだろうな…


キャッチボール屋

まず、キャッチボールなんて風景は 私が学生の頃までは ごく、普通の何気ない どこにでもある風景だったが、最近は 滅多にお目にかかる事が無い。


最近、野球がTVドラマや映画の題材に描かれる事が多いのは 40過ぎの年代にとって今の野球のつまらなさに対する 古き良き時代とでも言うのかな、「楽しい野球」に対する懐古があるんじゃなかろうか?


9人対9人の試合が無理ならば せめてキャッチボールでも… 本当に そんな気分にさせられる作品だ。


でね、キャッチボールってのは いろんな意味で基本中の基本なんだよね。


狙ったところに投げられる訓練って意味合いにしか思っていない人は多いみたいだけど、それだけじゃ無い。


投げながら「今日は肩が重いぞ」とか「肘が張ってるなぁ」とか 言い換えれば自分の身体の調子のチェックでもあり、もちろん準備体操でもあるけど、ボールを投げ合いながら 言葉のキャッチボールってのも意味のある事だ。


それにね、キャッチボールをする姿を見れば その人の野球のレベルも自然と計れる。


投げる時の腕の振り方や 肘や肩の動き方、飛んできたボールの捕り方を見れば、それなりの経験者か否かがすぐ判る。


キャッチボール屋

キャッチボール屋

その点、「寺島進」や「松重豊」はホンモノだ。


だから

キャッチボール屋

こんなシーンではビシッと画が締まるし、


キャッチボール屋

キャッチボール屋

ユニホーム姿に不自然さが無い。


これは、実に重要な事で CGで速い球を描く事は出来ても、ピッチャー役の役者が野球の経験が乏しければ 投球フォームが不自然で、それが故に興醒めになる事が多く、野球を知らない演出家が担当すると そんなアンバランスな絵を平気で見せつける事になり、そのためゲンナリした作品は過去に数え切れない程なのだ。




さて、話を変えて もうひとつのツボは…


キャッチボール屋

キャッチボール屋

謎のOL「キタキマユ」


この「キタキマユ」って名前に「あれ?」って思った。


と言うのは、実は だいぶ前なんだけど、


ゆれる

映画『ゆれる』に関して


ゆれる

尾上寛之』探しをした時に 上の画のようにエンド・クレジットに「キタキマユ」という名前を見て「あれ?」と思っていたんだ。


で、「ゆれる」の中の「キタキマユ」は


ゆれる

ゆれる

「オダギリ・ジョー」の事務所の社員(マネージャー?)で ちょっと良い仲でもある関係の女性を演じていたのだが…


今回、どうしても気になったので調べてみたら


カバチタレカバチタレ

カバチタレカバチタレ

2001年にフジ系で放映された「カバチタレ」の主題歌「ドゥー・ユー・リメンバー・ミー”」を歌っていた子だったんだな^^


この「ドゥー・ユー・リメンバー・ミー”」って曲はカバーで 元は「岡崎友紀」が1980年に歌ってヒットしていた曲


さらに言えば、1989年に「ribbon」という3人組の女の子達もカバ-しており、その3人のうちの1人が「永作博美」だった いわば、ヲタ泣かせの曲なのだ。^^;


あ~、スッキリした。^^




で、曲と言えば もうひとつ


キャッチボール屋

キャッチボール屋

山口百恵の「夢先案内人」


1977年にヒットした「夢先案内人」という曲は 私にとっては物凄いツボだった。


他の方は何というか知らないし、どうでもいいが、私にとって「夢先案内人」は山口百恵の曲の中でベスト3に入る名曲なのだ。


イントロを聴いただけで、70年代末期が甦る。


ついでに、


ロボコン

映画『ロボコン』の このシーンも思い出したし…


野球もそうだし、「夢先案内人」も 私の学生時代を想い出させるツボ、それを実に心地良く刺激されたわけだ。


で、最後に…


この映画の脚本・構成は とても巧いと思ったよ。


登場人物それぞれに張った伏線を 巧妙に収束させ、「なるほどな」と自然に受け止めさせた描き方は 実に秀逸だと思った。




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『大森南朋』関連の記事

コメント

これも見ました。

寺島進と松重豊の対決は、最高でしたね。
主役の大森南朋が、かすんでしまう程でした。

それにしてもブタネコさん、タキタマユの名前だけで、過去の出演作や歌までも言い当ててしまうとは、
すごい記憶力ですね。
「ゆれる」は私も見たはずなのに、まったく気がつきませんでした。
まだまだ私は修行が足りません。(^^ゞ

★ あかり さん

「ドゥー・ユー・リメンバー・ミー」が ツボだったからです。^^


以前、「拝啓、父上様」のポタージュの話にコメントさせていただいた者です。お久しぶりです。

「キャッチボール屋」、ようやく見ることができました。「切なくさせられる」とおっしゃってた意味が分かりました! たんたんとした中に、キュンとくる場面が散りばめられてますね。
光石研さんの、父親を幼い頃に亡くしたのでキャッチボールをしたことがない…という話に、そういえば私の弟は父親とキャッチボールをしたことがあるのだろうかとふと考えてしまいました。弟は幼い頃に体が弱かったので、外で父と一緒に遊んでる場面をあまり覚えてないです。(私はボールの投げ方やバットの振り方を父親から教わったんですけどね、いちお~女ですが(^^;)
キャッチボールって、父と息子の大事なコミュニケーションなんだろうなと思います。

寺島さんと松重さんの対決の場面、とてもステキでしたね! このシーンが映画が終わった後もいい余韻を残してくれました。

★ 和歌之介 さん

お久しぶりです。^^

コメントを拝読して 逆に思ったのは 最近の父と息子ってキャッチボールなんかしてるんですかね?って事

一緒にプレステで遊んで…じゃ、何かが違う様なきがするんです

残念ながら ウチは娘二人で 息子がおりませんので判りませんが、もし ウチに息子がいたら
私は間違い無く 星一徹を超えようとしていたでしょうね^^;

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。