« 風林火山 第20回 | TOPページへ | プロポーズ大作戦 第6話 »

2007年05月21日

● GOTH


「乙一」の「GOTH」を読んだ。




画像

『GOTH 夜の章』 刊:角川文庫 ISBN4-04-425304-8
『GOTH 僕の章』 刊:角川文庫 ISBN4-04-425305-6


「乙一」の著作に関して


 ●『暗いところで待ち合わせ

 ●『きみにしか聞こえない CALLING YOU


という2冊に関して 以前、記事を掲示したが この2冊は内容的にミステリアスな匂いを漂わせつつ恋愛がストーリーのメインなのに対し、この「GOTH」は ミステリアスより、ホラーとかサスペンスっぽい要素が強い。


まぁ、それを「怖い」とか「グロテスク」と受け止めるかどうかは感受性の程度によるのだろうけど、私の感想としては「面白い」作品だった事は間違い無いが、ストーリに関して「怖い」とか「グロテスク」とはそんなに感じなかった。


けれども…


このてのストーリーを間違ったカタチで受け止める読者がいるとするなら、それは「怖い」と思った。^^;


内容に関してはネタバレしたくないので 出来るだけ部分的に、もしくはボカしたカタチで指摘すると、この作品の主人公「僕」には 異常ともとれる精神構造がある。


例えば、「僕」は人間の切り取った手首が欲しいと考える。


そして、他人を襲い手首を切り取る猟奇犯罪者の気持ちが判るとも「僕」は語る。


私(ブタネコ)には その気持ちは判らない。^^;


だから、その部分は深く考えず この「僕」がとても危ない奴だな…ぐらいにしか感じない。


それは 私の「取捨選択」という心の中の境界線が、「気持ちを判ってはイケナイ」と危険信号を発するからだと私は思うのね。


けどね、読者の中には ごく一部でも


「判るよ… この”僕”の気持ちが」


って輩がいて不思議じゃないのが この世の中だし、それよりも私が「怖い」と感じるのは この本を読む事で


「手首って切り落としたら どんなだろう?」


「俺も ひとつ欲しいなぁ…」


みたいに 変な風に目覚めるアホが、このての本を読んだ事で誘発されるんじゃないか?って事なのだ。


特に いくら昔と違って体の発達が著しい今の少年と言っても 下手すると「心」の発達は 昔より、特にその部分は劣っていると思える少年が少なく無い今日、そこをきちんと取捨選択出来ずに、ただ好奇心をそそられ… なんてのは良い事じゃぁ無いわな。^^;


そんな事を思っていたら、先日 自分の母親を殺した上に 死体の腕を切断し、植木のように飾り、母親の生首をバックに入れてカラオケ店やネットカフェに行き、その後 そのまま警察に出頭した…という事件を報道で耳目にした。


まぁ、相変わらずのメディアの報道だから 報道の全部を丸呑みする気は無いけれど、そんな中で ひとつだけ、「え?」と感じたのは この事件の犯人である少年が「猟奇殺人を題材にした小説を愛読していた」という部分


その報道が憶測である可能性もあるけど、そしてそれが どの作家の何て題名かは報道されていないけれども、もし、その報道自体がホントだったとしたら もちろん少年自身の内面の問題が大きいとは思うけど、本が 少年に猟奇的な興味を呼び起こしてしまったのだとしたら…と言う部分を考えたら 私は そこに「怖さ」を感じるんだな^^;


だから、この本が「面白い作品」であると私も感じたが、絶賛する気にはなれないし、安易に絶賛する姿勢にも疑問も感じる次第だ。^^



お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『乙一』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。