« プロポーズ大作戦 第5話 | TOPページへ | 俺は、君のためにこそ死ににいく »

2007年05月15日

● 気球クラブ、その後


2006年に公開の映画「気球クラブ、その後」を見た。




画像


まぁ、なんと言うか…


見るタイミングによって観客のツボをコ~ンと突く作品なんだろうな、とは思う。


だから、見るタイミングが悪くて 私のツボにはヒットしなかった… そう思いたい。^^;


中心人物である村上「長谷川朝晴」が発足した「気球クラブ”上の空”」に多くの若者が集っていた。


画像

画像

画像

そんな若者達の中には純粋に気球が好きな者もいれば、そこで新しい出会いを求める者とか、コレといってしたい”何か”が見つけられずに参加していた者もいる。


画像

そんな気球クラブは 短い活動期間で解散したが、多くのメンバーには 楽しい想い出として心に残っていた。


画像

クラブが解散した後も 個々に、中には恋愛関係として交友関係を続けていたメンバー達だったが、解散から5年後、村上がバイク事故で突然他界し、その知らせがメンバー間に駆け巡る…


主な配役は


画像

村上の かつての恋人役「永作博美」


画像

公式サイトによると主人公らしき設定の「深水元基」


画像

メンバーの男達を振り回し、ストーリーも振り回した女「川村ゆきえ」


画像

メンバーの一人「西山繭子」等の他に…


画像

画像

「江口のりこ」がメンバーの一人を演じている。^^




さて…


画像

この映画の もう一人の主役とされる「川村ゆきえ」なのだが…


どこかで最近、この名前を見たなぁ…と、思い よく思い出してみたら


画像


先日、『南東北のアホ』が「買えよぉ~」と騒いでいた雑誌の表紙の娘だった。^^


画像


この娘は初主演という事で気合いが入っていたんだろうなぁ…


画像

こんなシーンや


画像

こんなのや


画像

こんなムフフ♪な場面があり、そこだけは楽しめたが 全体的な評価とは関係無い。^^;


ところで、この映画のラストに「荒井由実」の「翳りゆく部屋」が流れ 劇中でも使用されている。


この映画の監督の年齢は知らないが おそらく私とそんなに違わないだろうなぁ…と思ったのは その選曲にある。


例えば、最近「バブルへGO」という映画もあったが、『ホイチョイ』の『私をスキーに連れてって』や『波の数だけ抱きしめて』等がバブルの頃を思い出させる映画だとすると それらの中で使用されている曲は「松任谷由美」


仲間が集まって何かに夢中になった若かりし頃…


ま、今も昔も 私の場合、「仲間」と呼べるのは限られた同じメンバーなわけだが、そんな連中の学生時代を彩るBGMは「松任谷由実」ではなく「荒井由実」の曲なのだ。


そういう意味では郷愁をそそられたのではあるけれど、公式サイトによると「翳りゆく部屋」をモチーフに描いた青春群像劇…とあるが 悪いけど、そういう風には受け止める事が出来なかったと ハッキリ言っておく。^^;



お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『園子温』関連の記事

コメント

こんにちは!
コメントをするのは時々ですが、いつも楽しく読ませていただいています。
さて、『気球クラブ、その後』、
僕はとても見てみたくなりました。
今までノーマークの作品でしたが。
「荒井由美をモチーフにした青春群像劇」なのか否か。
自分の目で確かめて見たいと思います。
ご紹介ありがとうございました。

★ 政権交代 さん

>自分の目で確かめて見たいと思います。

ええ、それが一番です。^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。