« 帰ってきた時効警察 第5話 | TOPページへ | トニーたけざきのガンダム漫画 »

2007年05月13日

● めぞん一刻


「めぞん一刻」を見た。




画像

「めぞん一刻」が週刊誌に連載されているのをオンタイムで 毎週、楽しみに読んでいた。


主人公は 私より少し年下だが、ほぼ同年代の若者として 物凄く親近感を覚えていた。


この当時の漫画には秀作が少なく無いが 私と同じ世代のオッサン達の多くが この「めぞん一刻」に抱く郷愁は 他の作品以上に深いと思う。


そういう作品だからこそ アニメ版ならともかく、実写版にするなら 充分に配慮して欲しいと願うのは贅沢とかワガママになるのだろうか?


画像

主役の五代を演じた このアンチャンは とりあえず、どうでも良い。


私としては 個人的に「田中圭」あたりを使って欲しかったが とりあえずは、どうでも良い。^^;


画像

「岸部一徳」の四谷は 個人的に少し意表を突かれたが、なかなか悪く無い。


これはこれで良しとしたい。


画像

「岸本加世子」の一の瀬も まんまだから許す。^^;


けどねぇ…

画像

「伊東美咲」の音無響子はダメだ 許せん。(-.-")凸


この番組の制作者は何を考えているのだろうか…


40代のオッサン連中の聖域と言って良いほどの作品である「めぞん一刻」を映像化するという事は それなりの説得力を兼ね備えない限りボロクソに酷評されるのは容易に予想できたはず。


それを承知で「伊東美咲」の音無響子だというのなら 良い度胸だと受け止めてはあげるけど、その期待に応えるだけの批判を贈ってあげたい。


だいたい、伊東美咲のどこに 音無響子に通じる「可憐」とか「清楚」なイメージがあるのか?


どこをどう眺めれば 五代が憧れた雰囲気を感じられるのか?


制限無しの長文で受け付けてやるから 説明してみろ > 関係者


甚だ不愉快だ 私は。


しかも…


画像

なんだ? このオープニングとエンディングの このシチュエーションは


個人的に嫌悪している T○Sの石○が 一度、神ドラマに関わったおかげか その後、関わるドラマの悉くに エンドをトップにもってくる手法を 文字通り馬鹿の一つ覚えみたいに濫用してるから、余計に こんな、つまらん小細工に腹が立つ。(-.-")凸


個人的には 音無響子は数年後、もう少し、ほんの少し大人になった「綾瀬はるか」の為に取っておいて欲しい役だった…と思うのは 私が「綾瀬はるか」ヲタであるが故の切望だった… orz


まったく、せっかくの楽しみが台無しだ。


画像

「高橋由美子」の六本木朱美は 「岸部一徳」の四谷以上に意表を突かれ、良いキャスティングだと思ったよ


でも、


画像

「高橋由美子」が如何に経験豊富なベテランだからといって、腹に刻まれた年輪まで見せなくたって良いじゃねぇか


「グッピー」を可愛いと思った世代のオッサン達に わざわざ現実を突きつける…


そんなドラマを誉めるわけにはいかないな。



お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『漫画』関連の記事

コメント

初めまして。

その昔、「石原真理子」が出てた映画(めぞんいっこく)をお金を払って見に行った。。。。
(トシばれ?!)

面白い情報が豊富ですね。(色々参考にさせてください。)
また、訪問しますね。
今後ともよろしくお願いします。
(勿論、応援ポチッ、させていただきました。)

ブタネコさんこんにちは

 母の日いかがお過ごしですか?

観るの忘れた~・・・今日じゃなかったんですね!おバカだ
去年から楽しみにしていたのになぁ~。
原作大好きの私にとって(寝る前の愛読書w)
ドラマ化は今ひとつ気持ちが・・・
ブタネコさんのレビューで見なくてよかったのかもと

 そうか、岸本さんだったんだ
あのふくよかなイメージがあるから、
まあ、そっくりな人をキャスティングするのは難しいことでしょうから
役者さんの器量次第なのかなぁ~

 同じ原作ものドラマ映画にしてもで、原作本は、自分で好きにイメージ描けて
漫画は人物像そのもの出てますものね。難しいなぁ
ファンにとっては、壊されたくない部分もあったりで

何はともあれ、お疲れ様でした。・・・誰に言ってるんだろうw

 

こんにちは。
ぼくは40代ですが、原作を読んでないのと、伊東美咲さんが好きなのとで、今回のドラマは楽しめました。

ブタネコさんがこんなにめぞん一刻に思い入れがあるとは思いませんでした

まあ、私もかなり好きな漫画ですが。

こずえちゃんは榮倉奈々か・・相武紗希だったら観たのにな・・・

朱美さんは、年齢がちょっと違うかもしれないけど美保純とかだったらまんま過ぎるけど合ってたんじゃないかなぁ。

五代君の田中圭は良い感じそうですね。

★ feel さん


こちらこそ、はじめまして コメントありがとうございます。^^


>「石原真理子」


すいません、その人の記憶はデリートしたもので^^;


こちらこそ、今後もよろしく御願い申し上げます。^^


★ エメラルド さん


>母の日


言い換えれば「嫁の日」って事で 朝からエライ目に遭わされてます(ToT)


>めぞん一刻


まぁ、予想通りのガッカリって事で^^;


>何はともあれ、お疲れ様でした。・・・誰に言ってるんだろうw


ありがたき御言葉恐縮至極…

(風林火山を見ながら このコメントをタイプしてます。^^;)


★ とおる さん


それは 宜しゅうございました。


★ うごるあ さん


私は「めぞん一刻」におきまして 原作のキャラでは五代の祖母が大好きでした。

今となっては 響子さんの父親に すこぶる感情移入しておりますが^^;


>こずえが 相武紗希だったら観たのにな・・・

言いますまい、それは言いますまい…(ToT)

自分の記憶が正しければ
ビックコミックスピリッツの創刊号から
めぞん一刻の連載がはじまったはずです。
あたらしいビックコミックができると聞いて
友人と当時まだ少なかったコンビニへ買いに行った記憶が
あります。
あのころの漫画はいろいろ面白かったなー(遠い目

ブタネコさん

こちらこそ人のブログに横入り、申し訳ありませんでした。
最近mixi始めたので、仲間内の会話のつもりになっていました。

>「トランジスタグラマ」は「童顔」と言う要素より「小柄で」ボン・キュッ・ボンですから^^
とのご指摘。当然です。スイマセン。
書き込む際に、ちょっと迷いはあったのですが(綾瀬はるかの身長について)筆が滑りました。

でも和久井映見の全盛期「マイロンリィ・グッバイ・クラブ」のPVの輝きと「綾瀬はるか」のオーラに共通項
を感じたのは、事実です。
普段は清楚なのに、とんでもなく色気を感じる時があるんです。
言い訳長くて、重ね重ね失礼しました。

★ やじ さん

>あのころの漫画はいろいろ面白かったなー(遠い目

ですねぇ…^^


★ あるこん さん

気を悪くしないで下さいね。^^;

管理人としてフォローしとかないとマズいかなぁと思ったモノで

>「マイロンリィ・グッバイ・クラブ」

それについては未見なので 私には判りません。^^;

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。