« 雑感(5月11日) | TOPページへ | 旭山動物園物語2007 »

2007年05月12日

● 暗いところで待ち合わせ


「暗いところで待ち合わせ」を読んだ。




画像

 著:乙一 刊:幻冬舎 ISBN4-344-40214-6


知らないうちに 姪が「乙一」という作家の本にハマっていたらしい。^^;


「田中麗奈」が主演の「暗いところで待ち合わせ」という映画が昨年公開されたのは知っており、簡単に映画館には行けない身としては DVDが早く出るのを待っているところだったわけだが…


原作を読もうという気は とりあえず無く、正直言って「乙一」という作家の名前も知らなかった。


で、つい先日「きみにしか聞こえない」という映画が6月に公開予定で 主演が「成海璃子」で「小出恵介」も出演すると聞き「ほぅ、そりゃ楽しみだ」と思っていた矢先、これの原作も「乙一」という名の作家と知って んじゃ、読んでみようかな…と思ったわけだ。


で、外出する姪に「ついでがあったら買ってきて…」と渡した買ってきて欲しい本リストを見た姪が「乙一だったら 私、好きで読んでるから持ってるよ」と言って 最初に貸してくれたのが この「暗いところで待ち合わせ」




さて、「暗いところで待ち合わせ」を読んで感じた事は…


「乙一」という作家は 面白い感性の持ち主だなぁ…と、まず思った。


主人公の設定や その導入の描写が独特なんだな^^


で、他に数冊「乙一」の著作を読んでみたのだが、主人公の設定が独特…ってのは この本に限って…というより、「乙一」が独特なんだな。


たまたま読んだ本だけが そうだったのかもしれないが、「内向的で友達が出来難い」と言う設定は ある意味、今風なのかな…とも感じる次第。^^;


この「暗いところで待ち合わせ」は 事故で失明した女の子が独りで住む家に ある日、ある事情で 独りの男が潜り込む…というのが冒頭のあらすじ


ストーリの捻り方も悪くなく ラストまで飽きずに読み通せる。


惜しむらくは 登場人物が少ないので、若干 ストーリーの展開が先読み出来てしまう部分だが、それは著者の文筆力と言うよりも「怠慢」の様な気がした事かな…。^^;




ちなみに…


「きみにしか聞こえない」という映画の原作名は『Calling You』


「失はれる物語」 刊:角川書店 ISBN4044253064 という短編集の中に入っている。


つい勢いで読了したが、これもなかなか面白い。^^



お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『田中麗奈』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。