« 刑事のF (その2) | TOPページへ | 雑感(5月11日) »

2007年05月11日

● FLAG


軽い気持ちで見たアニメなのだが…




FLAG


「田中麗奈」が主人公である女性カメラマンの声優をつとめたと聞き、ホントに軽い気持ちで見始めたのだが…


アッという間に引き込まれ 全13話を一気に見させられた。^^;


あらすじ等は『FLAG公式サイト』を御覧頂いて確認して^^


戦争物のアニメなのだが、舞台設定としては 現在のイラクのシチュエーションに、アフガニスタンのエッセンスを盛り込み、架空の国家における内戦に 国連が軍事介入し、ある写真をキッカケに停戦直前を迎えていた中で 主人公の女性カメラマンは たまたま、そのキッカケとなる写真を撮影した事から 国連軍の中の特殊部隊に報道員として同行する事になる1ヶ月間のストーリー


上の画を見ると 近未来のロボット型兵器によるSF戦闘モノを想像する人が多いと思うが、このアニメは そういうタイプでは無い。


むしろ、ほんの数年後の未来が舞台と言っても良いような雰囲気であり、激しい戦闘シーンより、ヒューマン・ドキュメンタリーの様な雰囲気が強い。


たとえば、「キャパ」とか「市ノ瀬」という名前を聞いて「戦場カメラマン」をパッと思い浮かべる事が出来る人にこそ このアニメはハマれる要素が強いと私は思う。


で、全編を見通して感じたのは 主人公の声を担当した「田中麗奈」に 新しい魅力を発見させられた…って事。


正直言えば 途中、ところどころに ぎこちなさを感じる箇所が何ヶ所かはある。


でも、最終回を見終えた余韻には「田中麗奈」の台詞回しの巧さによる効果が大きいと言わざるを得ない。


私は これをバンダイ・チャンネルというネット配信を利用して4話以降は有料で見たのだが、充分に金払って見るだけの価値はあったと満足している。



お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『漫画』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。