« セクシ-ボイスアンドロボ 第5話 | TOPページへ | 刑事のF (その2) »

2007年05月10日

● 怨み屋本舗 DVD3


今回はDVDの3巻目7・8・9話について語ろうと思う。




怨み屋本舗

怨み屋本舗

怨み屋本舗

なんで「怨み屋本舗」を熱心に語るのか?と 問われれば…


怨み屋本舗

怨み屋本舗

怨み屋本舗

木下あゆ美」と


怨み屋本舗

怨み屋本舗

寺島進」に関して このところ砂漠気味だから…という理由も大きいのだが、まったり気分で眺められる こういう作品を もっと見たい…という気持ちも込めてなのだ。^^;


第7話は戸籍と保険を悪用する話、第8話はキャッチ・セールス、第9話は医療ミスがベースとなっており、それぞれリアルっぽいが作り物である事も明白で けれども、どこか説得力を兼ね備えたドラマ設定は秀逸だと私は感じている。


その上で、主人公を演じている「木下あゆ美」は


怨み屋本舗

怨み屋本舗

怨み屋本舗

怨み屋本舗

怨み屋本舗

怨み屋本舗

ドラマの中での変装なども含めて 幼い顔から、色っぽい表情まで いろんな姿を見せてくれるのが楽しいし…


第8話では

怨み屋本舗

怨み屋本舗

怨み屋本舗

「柄本佑」がキャッチ・セールスで騙され 怨み屋に依頼する青年を好演しており…


第9話では

怨み屋本舗

「渡辺典子」が なかなか良い狂気を見せる。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『怨み屋本舗』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。