« THE JUON 呪怨 | TOPページへ | 古畑任三郎 今、甦る死 »

2007年05月05日

● 雑感(5月5日)


最近、ホラー系の映画を見続けたせいかもしれない…^^;




私は 自分自身を いわゆる霊感の強いタイプの人間だとは感じていない。


だから、たまに


「私、よく 普通の人には見えない”何か”を見てしまうんです…」


なんて語る 「霊感の強い人」の言ってる様な経験は無い。^^


けど、後になって


「あれは 霊の仕業としか思えないよね」


という経験は何度も有るから 神の存在なんかはクソ喰らえと思うけど、霊の存在は信じている。^^;


で、そういう事を言うと「悪霊」とか「幽霊」とかの話に展開し 「霊」=「怖い」って話になるのが一般的だが、イタズラ等を含めて祟りを起こす様な怖い霊の存在よりも、家族や友人を見守るタイプの霊…という存在の方が私は多いと思っているし、実際 私の霊体験には そういうケースの方がはるかに多い。


まぁ、そんな事を述べると 私の嫁は


「アナタは 別の意味で 普通の人が見ない様なモノを一杯見てるから」


と、揶揄しやがる。^^;


たしかに、倒産した会社や 夜逃げした家族や、ヤクザや詐欺師や… orz




まぁ、そんな事はともかく…


私の友人に「気の弱い弁護士」と呼ばれている男がいるが、彼の 特に学生の頃の彼の趣味は心霊写真を撮影する事で…


そんな奴だから こと”霊”の話になると 途端に、法廷以上に雄弁になる奴でもあり、”霊”に関して 私とは悉く意見が対立するのだが、それは 彼の最近における最大の楽しみが高級クラブでホステスさん相手に羽目を外す事にあり


「君、最近 ダイエットに興味があるんだって?

 だったら、俺と ちょっとした心霊スポットに探検しに行かない?


 そこ行くとさ、確実に霊が取り憑くのね

 そのおかげで 2週間もかからずに 体重が激減するのよ


 でも、そこの霊は 体重減らすだけで 他に悪い事しないから

 体重計の目盛りを見て そろそろ良いかなぁ…って思ったら除霊するのよ


 あ、もちろん俺(気の弱い弁護士)が責任持って除礼するから大丈夫^^


 もうね、確実に しかも健康的に 無理なく痩せられるよ」


と、実に馬鹿な事を言う奴である。


まぁ、確かに そんな気の弱い弁護士の話を面白がって 心霊スポットにデートに行き、その後 ゲッソリと痩せたホステスさんが過去に数人いたのは事実だが、それは私や二代目開業医に言わせれば


「そんなのはね、霊がどうこう…って理由じゃないの


 あの弁護士が オタクでストーカーみたいな奴だから


 あいつにつきまとわれて精神的にヤツレたのが原因なの」


と、簡単に原因は究明されており「気の弱い弁護士ダイエット」というのが正確な表現なのだ。^^;




さて、古くから御存じの方にはお馴染みの事だが…


私の生活時間は 一般的常識に比べて 甚だ不規則である。^^;


学生の頃までは8時間じっくりと寝る派だったのだが、社会人になりたての頃 プログラマとか、SEなんて仕事をしている時は 徹夜の連発で、いつしか昼夜が逆転した生活となり、債権整理なんて仕事がメインとなると 夜討ち朝駆けが日常茶飯事で 寝れる時に寝る体質となり、心臓が壊れて以降は 3~4時間寝ると目が醒めてしまうようになったので ここ数年は 午前中と午後とに2回に分かれて3~4時間寝るという生活となっている。


その為、本来であれば 寝ながら見る夢も、世間のように夜中とか朝方では無く、昼前とか夕方に見ているわけで…


霊が出るにはお馴染みの「草木も眠る丑三つ時(午前2時過ぎ)」なんかは 目がパッチリと冴えた 私にとっては真っ昼間状態だったりする。


で、昔 学生だった頃で、毎日 8時間グッスリと寝ている頃、金縛りにあった経験が 何度かある。


が、これは 心霊体験と言うよりも 二代目開業医なんかに言わせると、


「成長期に よくある骨や関節の軋みとか 部活による筋肉の疲れとかが原因ね」


ってことらしいのだが、結婚して 娘が出来て以降の年代になってからは そんな経験は全く無い。


何時だったか忘れるぐらい 随分と前に 嫁と何気ない会話の中で「怖い夢を見た事ある?」とか「霊に呪われたら…なんて考えた事ある?」なんて話をした事がある。


その時に嫁は


「怖い夢なんて見た記憶無いわねぇ… 霊に呪われたら…って言われても


 その時にはアナタ(ブタネコ)を身代わりにどうぞ…って言うから平気だし…」


まぁ、「ブタネコ家の大黒柱」と書いて「人柱」と読む嫁の事だけはあるが、平然と そう言い切る嫁が怖かった。^^;




さてさて…


4匹目の猫が我が家にやってきて これで、家族4人と猫4匹 言わば、マン・ツー・キャット体制が完成した。


今までは 私以外の嫁と娘達それぞれに一匹ずつ猫がベッドで添い寝をしており、私だけ 猫無しの独り寂しい眠りだったわけだが…


なんとか、新しくやってきた4匹目の猫が私の布団に潜り込んで添い寝してくれれば…と期待する日々。


布団に入って猫の名を呼び


「来るかなぁ… 来ないかなぁ…」


なんてドキドキするのは 新婚初夜か?と 自分にツッコミを入れる瞬間である。^^;


トンとベッドの足元に猫が飛び上がってきた震動を感じ、やがて ゆっくりと一歩ずつ足元から腰、そして胸へと上がってくる気配…


「あぁ、とうとう 猫と添い寝が出きる…」


そう思って 布団をまくったら…


画像


画像

こんなんだったら さぞ、ビックリするだろね。^^


ま、それも人生な訳だが…



お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『雑感(2007年)』関連の記事

コメント

ギャッ!!やられた!

こ、こ、恐いものを寝る前に見てしまったじゃないですか。

布団をめくるのが恐いんですけど。

ドキドキドキ・・・・・。

え~~~~ん、猫ちゃんの写真期待していたら、怖かった~~~~!!!
まじ、怖かった~~~(泣)夜中やのに。。。。

私はカルチェさんと違って、ホラー苦手なんですよ。えらいもん見てしもた~~。

>こんなんだったら さぞ、ビックリするだろね。^^

うわ、こえー。マジびっくりしたよ、ブタネコさん。


>学生の頃までは8時間じっくりと寝る派だったのだが~

これ、状況はブタネコさんとは違えども私も年々睡眠時間が短くなってきました。

昔は8時間だったのが7,6,5時間になり、今じゃ下手すりゃ3時間、いや2時間?

特に何するって訳でも無いんですけどね。
うたた寝しつつなんだけど、何故か起きていたいんですよ。

これは多分歳をとってきて寝るのが勿体無くなってきたからかな、なんて思っています。

ホラー全くダメなので、それ系の記事はあえて読まないようにしてました。
記事の最初の部分を読んで、やめようかな~、読むの。って思ったのに…。
ついつい読んで、あ~、そうでもないやって少し安心して…
最後にドびっくりして心臓バクバクいってしまいました。

今日はお風呂に入るのやめます。
髪の毛洗ってるとき思い出しそう。あの画像。
布団かけて寝るのもやめよう(涙)

やられた~
kotetsuさんと同じく、
さぞかわいいネコちゃんだろうと
期待してただけに、びっくり!!!
朝で良かった(笑)
あ~おもしろかった。

★ あかり さん


ま、たまには怖いのもよろしいかと…^^

(暖かくなってきた事ですし)


★ kotetsu552005 さん


へっへっへっへ…^^


★ うごるあ さん


ま、私の場合は そのうち嫌でも起きれなくなりますから、起きていられるうちは…^^


★ タコ さん


>ホラー全くダメなので、それ系の記事はあえて読まないようにしてました。


他のホラー映画を語った記事は 内容も画像も怖いもの含んでませんから御安心を^^


★ カルチェ さん


お楽しみ頂けましたようで なによりです^^

う~わ~最後に来ましたか(笑)

うちが体験した怖い話へいただいたコメントから飛んできたので、
何かあるとは思いましたが・・・・・w
いやはや、想像すると怖いです。

やはり、大きな猫がふみふみしてる図を想像しておきます(謎)

★ meiya さん

わざわざ、お呼び立てして 申し訳ありませんでした^^;

いえいえ(^^)
落ちが怖くも楽しめたので、嬉しいです♪
というか、誘導が嬉しかったり(笑)

★ meiya さん

ブログを拝読に伺ったら「あれ?」って記事が目に… なので、つい^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。