« [isA.] イズ・エー | TOPページへ | THE JUON 呪怨 »

2007年05月04日

● 渋谷怪談


呪怨』と『着信アリ』 それぞれのシリーズを見たのなら「渋谷怪談」のシリーズも見なくては… と、ある方から言われて見た。^^;




画像

で、まず「渋谷怪談」を見たのだが…


画像

画像

物語は6人の若者(男女3vs3)が合コン・キャンプで怪談話に興じるところから始まる。


その中の一人に


画像

「水川あさみ」がおり、主人公的存在。


で、ストーリーに関して言えば 都市伝説的な怪談話のいくつかを寄せ集め、どうも 制作者が興味本位で利用した描き方が鼻につき 気に入らない。^^;


ゆえに、この映画は 私の中では 


画像

画像

殆ど「水川あさみ」PV扱いとなる。


そういう風に視点を変えれば


画像

画像

画像

ほんの一瞬の登場で アッという間に殺される「津田寛治」など興味深いシーンがあって楽しめる。^^




で、物好きな私は

画像

続編である「渋谷怪談2」まで見てしまったわけで…^^;


それは

画像

「渋谷怪談2」の主人公である「堀北真希」が


画像

前作の主人公であり、家庭教師でもある「水川あさみ」が


画像

画像

画像

画像

死の間際に問題のコインロッカーの鍵を「堀北真希」に渡す事で引き継がれるからでもあるのだが…


画像

画像

画像

「堀北真希」に惚れる男の子の役で「松山ケンイチ」が出演している事も興味深い。




さて、先日掲示した『着信アリ 1・2・FINAL 総まとめ』という記事の中で



実は もう一本、「堀北真希」が出演している映画を ここ数日のうちに見ており、その映画の中の「堀北真希」と この「着信アリFINAL」での「堀北真希」を見ると 「堀北真希」は いろんな表情が出きる子であり、当然、いろんなキャラの出きる子なんだな…と思わされた。

詳しくは、そのもう一本の映画の記事で語ろうと思うのだが、結局、「江口のりこ」が見たくて「着信アリ」を見る事にし ついでと勢いで「着信アリFINAL」まで見通してしまった中で 最大の収穫は「堀北真希」の再発見だったわけだ。^^



と記述したが、この中で「もう一本の映画」と述べたのが この「渋谷怪談」の事。


この最初の方の版の中で「堀北真希」は


画像

画像

役柄設定としては 父親から疎まれていると感じ、暗めの女の子なのだが、家庭教師(水川あさみ)にだけは心を開き、笑顔で よく喋る女の子。


この描写を見ていて「堀北真希」にありがちな ただ陰気で内向的な女の子…という役柄では見えない別の女の子像を垣間見て 固有のイメージが先行する弊害を「堀北真希」が というよりも、事務所側が どう考えているのか疑問に思う。


で、余計な事をついでに言えば…


現在、「堀北真希」は


画像

画像

画像

シーブリーズのCMに出演しているわけだけど…


陰気で内向的な女の子…という固有のイメージが強まれば こういう商品のイメージにそぐわない…という反応は生じないのか?ってな事は考えないのかな?


さらに言えば、現在 テレ朝系で放送中の


画像

「生徒諸君!」に「堀北真希」はレギュラー出演しているが…


画像

彼女の役柄は 健康上の理由により、体育の授業は見学する女子生徒。


神経質的なツッコミをを入れれば^^; 「すべてのいいアセにシーブリーズ」というCMのコピーと このドラマの役柄は ずいぶんとギャップを感じるのだが…^^;


私は「堀北真希」って女優さんに対して 確かに、陰気で内向的な役柄・雰囲気を醸している部分は認めるし それだけの演技力も持っているのは認めるが、明るく朗らかな役柄も巧く演じられる子だと 皮肉な話ではあるが「渋谷怪談」というホラー作品を見て再確認した。


で、「渋谷怪談」などの好演が その後、「着信アリ FINAL」などホラー系の作品に多く出演したのは判らなくも無いが、先に述べた様な 役柄イメージの固定化の危険性を指摘しておきたいのは これも上述したように「生徒諸君!」と「シーブリーズ」の対比を見れば判るように 「堀北真希」自身がどうこうでは無く、所属事務所のアホさ加減が問題なんだな。^^;


ちなみに、先日 「内山理名」に関して別記事で 同様の事を述べたのだが、面白い事に「内山理名」と「堀北真希」は 同じ事務所の所属である。^^;




最後に、ひとつ補足しておくと…


「渋谷怪談」のシリーズ続編に『渋谷怪談 THE リアル 都市伝説』という作品があり、その第2話に「水田芙美子」が出演しており、なかなか良い味を出している。

(映像は公式サイトから視聴する事が出来る)




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『ホラー』関連の記事

コメント

シーブリーズに生徒諸君
学生時代を思い出すシリーズですが、
同時に進行しているギャップは
ちょっと.…って感じです。

★ カルチェ さん

素敵な女優さんになりそうだなぁ…と、感じても その後、固有のイメージがつきまとい それが故にくすぶってしまった役者が少なく無いので、ついつい指摘した次第です。^^;

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。