« クロッカスが 今年も咲いたよ♪ | TOPページへ | プロポーズ大作戦 第3話 »

2007年05月01日

● ナビィの恋


1999年公開の映画「ナビィの恋」を見た。




画像


先入観だと言われれば それまでだが、この映画は大好物である「西田尚美」が主演なんだと思っていた。^^;


画像

画像


で、その観点は けっして間違ってはいないのだと思うのは 映像内の随所に、輝いた「西田尚美」が散りばめられているからであり、


画像

最近の「西田尚美」には見られない 映画『ひみつの花園』で魅せた コミカルな部分や


画像

オバカな部分の描写を見ると あぁ、やっぱこの娘良いなぁ…と感じさせる輝きがある。


が、じっくりストーリーを味わうと これは「西田尚美」の話というよりも


画像


「西田尚美」が演じる「ナナコ」という女の子の祖母の話であり、タイトルの「ナビィ」も その祖母の名前である。


ストーリーは…というと 2行あれば語りきれるぐらい単純な話なので あらすじは書けないが、きっと 小難しい評論家に言わせると


「何故、ナナコが島に戻ってきたのか?…って部分の描写が放ったらかしなので 話が薄っぺら」


等と文句を言うのであろう。^^


確かに、ストーリーって部分だけを考えると あまりにも単純明快すぎる感はある。^^;


でもね、いくつかの「描き方」という点に関して この作品は素晴らしい。


まず、「西田尚美」と「村上淳」も それなりに方言を駆使してはいるけれど、それ以外の出演者が 地元の方言で喋るので、ところどころ 何を言ってるのか判らない


おそらくは完璧な地元訛の会話そのものなんだよね


だから、さすがに重要な部分では 方言を共通語に表した字幕が出る。^^;


私は 風土を重要なモチーフに描くなら この手法だと思うわけで、これにより 南国の民家の片隅に放り込まれた様な疑似体験が出来る。


最近、沖縄を舞台にしたドラマや映画がよく制作されるけど、どこか物語に入り込めない部分があったり、違和感を覚える部分は 台詞を標準語で喋っているところにあるんじゃないの?というのが 私の持論なだけに この手法は高く評したい。


そして、いろんな映画サイトなどの「ナビィの恋」の評を拝読すると


画像

画像

「おじぃ」の評価がいろんな意味で高い。


これに関しては私も全く同意で この「おじぃ」無くしては この映画は成立しないと断言できる。


が、私としては「おじぃ」と 同列とは言えないが、効果的なスパイスだったとして 


画像

画像

この「ケンジ」という役名の青年を讃えておきたい。


それは、日本国内の いわゆる「過疎地」として問題になっている地域が少なく無いが そんな「過疎地」を支えているのが この「ケンジ」の様な 底抜けにアクティブな若者だという事


それを この映画の製作者は判っている上での描写と感じられたから。


こういう若者こそ 大切して貰いたい、心から そう思うのだ私は。


画像

画像

ストーリーは単純でも 観賞後は、なんか良い時間を過ごせた様な そんな気分になれる映画だった。



お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『西田尚美』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。