« いちばんきれいな水 | TOPページへ | 小日向文世 in 笑っていいとも♪ »

2007年05月28日

● 上野樹里 in 情熱大陸


「上野樹里」が「情熱大陸」に出演したのを見た。




情熱大陸


この番組を見て…


情熱大陸

情熱大陸

情熱大陸

「上野樹里」がデキる娘だという事がよくわかった。


そして、彼女がデキるバックボーンも よく判った。


彼女は「帰る場所が無くなった」と番組の中で語り、その状況を少しだけ語った。


「父親が事業に失敗し、生まれ育った家屋敷を手放した」とも。


個人的な話だが、私は倒産会社の整理や、不良債権の処理が生業のひとつである。


だから、そんな事例を腐るほど知っているし 実際に手がけもした。


その経験上で言えば 


情熱大陸情熱大陸

情熱大陸情熱大陸

そうやって失った かつての自分の家のあったところに赴き、しかも それをテレビの前で語れる…


そんな「上野樹里」の姿に 心の強さを感じる。


私の知る、家屋敷を手放した多くの債務者(上野樹里が債務者という意味では無いよ)は かつての自分の家屋敷を二度と見ようとしない。


それは「忌まわしい過去」であったり、かつて「栄華を誇った象徴」であったり、「振り返りたくない」という様な気持ちでもある。


でもね、数少ないけど そんな中に、かつての自分の家屋敷を見て「なにくそ」と自分を奮い立たせるエネルギーに変える人がいる。


誤解を招かないために重ねて言うが、上野樹里が債務者という意味では無い。


が、父親の失敗により 彼女もまた、いろんな物を失い おそらくは一時的にであろうけど「自由」とか「想い出」とか 何かを取り上げられたはず。


それは


情熱大陸情熱大陸

上の左の画の様に 表面上は明るく語りながらも、上の右の画のように 語り終えた後に一瞬見せた曇った表情に 失った物の大事さや 逸れに対する苦悩が推し量れるからだ。


それなのに、彼女は その地を自分から望んで訪れた。


この事の意味する事が 彼女の心の強さである。


私の経験上、知り得る数少ない事例 一度は失敗しながらも、そこから再び復活した人達は 先にも述べたように かつての自分の家屋敷を見て「なにくそ」と自分を奮い立たせるエネルギーに変えた人だからだ。


だから、この番組を見て「上野樹里」が女優に賭ける真剣さ そして彼女の強さが 半端じゃない事が充分に私は判ったつもりだ。


だからこそ、より一層「上野樹里」を応援したいと思った。



お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『上野樹里』関連の記事

コメント

残念ながら見ませんでしたが、この記事のおかげで概要を知ることができました。
彼女がそんな過去を抱えていたとは、驚きでした。

>そうやって失った かつての自分の家のあったところに赴き、しかも それをテレビの前で語れる…
本当に強いですね。僕だったら、とてもじゃないけど見に行けないですね。

「冗談じゃない!」はもう一つでしたが、これからの活躍も期待できそうですね。

★ オカダ さん

お役に立ったならば幸いです。^^

>「冗談じゃない!」はもう一つでしたが、

ええ、もう一つどころか 二つも三つも…^^;

>これからの活躍も期待できそうですね。

ですね、まだまだ先は長いですから^^

ブタネコさん初めまして^^
新館移転お疲れ様です。
私も昨日の情熱大陸を見て彼女の役者に対する真剣さ、過去のことなどをしってもっと応援していきたいと思ってました。

『冗談じゃない』は個人的に好きなんですが『のだめ~』のときみたいにははまりそうにないです・・・


個人的な意見失礼しました

これ、よかったな~~~。

ブタネコさんが、ご自身の仕事の視点でも思いを書いていただいていたところが
私の中で、さらに、さらに深まったのでした。

個人的なことをあそこまでオープンにするというのは、ある意味、すごく強い人だと思ったし、ある意味
ちょっとばかり痛々しいとも感じたしだいです。そんなことは大きなお世話なんですけどね。
成人式の前の日にお友達の家に泊まるというのも、友達や周囲の大人たちに大切に愛されて
されてきたんだと伝わったし、そこを彼女も大事にしているということもわかります。

役に取り組む姿も、眉間の皺も、決して器用でないけど誠実なところが、とってもいいなあと思いました。
やはり、これは、応援せずにはいられない、非常にこれからも楽しみな女優さんでしたね~。

私はこれに上野樹里が出るという事を知らなくて途中から(成人式のあたり)観ましたが

やはり、ちょっと普通の二十歳前後の娘とは違う感覚を持っている事を感じました。


私が印象に残っているのは、成人式の時のインタビューで母親のことを聞かれた時。

「(お母さんのことを)全て知っている訳ではないから」という答え。

母親との関係がどうだったのかは分りませんが(もう亡くなられてしまったのでしょうか)、

例え良好だったとしても、いくら身内とはいえ、相手の事を全部知るなんて無理だと思います。

そうありたいとは思いますが。

それをちゃんと認められるのは、この娘の強さの表れだと思いました。

★ 風 さん

こちらこそ はじめまして、コメントありがとうございます。^^


>『冗談じゃない』は個人的に好きなんですが『のだめ~』のときみたいにははまりそうにないです・・・

ま、次を期待…という事で^^;


★ kotetsu552005 さん


プライベートな部分なので あれこれと詮索するのは野暮とは思ったんですけどね。^^;

空き地となった場所を見て回る彼女の姿に、破産から見事に復活した とある人物を思い出したんです。^^;

ま、その話は そのうち記事に書こうと思いました。


★ うごるあ さん


この娘、たいしたもんだよね^^

やっぱ、うごるあさんも そう思いましたか…

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。