« 風林火山 第17回 | TOPページへ | クロッカスが 今年も咲いたよ♪ »

2007年04月30日

● 映画「バーバー吉野」で見る「松崎」


いつも興味深いコメントを下さる『salon de 15屋』の御主人ゴーシュさんより、セクシーアンドロボの記事に頂戴したコメントで御教示頂き、早速 2003年公開の映画「バーバー吉野」を見た。




画像

で、見終えた今 感じた事は…


画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

確かに 松崎の風景が満載でした。^^


ストーリーは覚えてません なので、語りません。^^;


ひとつ、余計な事を申し上げれば、この映画「バーバー吉野」は2003年の公開 その割に、映像内で見える松崎の風景は 心なしか古びた町に感じた…という事。


年代を考えれば TV版「世界の中心で、愛をさけぶ」に背景として映った松崎の町と この「バーバー吉野」の背景の時期とが 今まで見たいくつかの映像の中で一番近いと思われるのだが、気のせいか1990年に公開された映画「つぐみ」(参考記事:『映画「つぐみ」で見る「松崎」』)の中で見る松崎に近い様な気がした。


松崎に住んでいる方々の実感とは別な 私の勝手な想像で申せば、TV版「世界の中心で、愛をさけぶ」のロケの前後に なんとなくなんだけど、町並みが綺麗になったというか、整備されたのかなぁ… なんて思うんですね。


以前、別な記事にも記した事なんだけど 私は1980年代初頭の頃に松崎に行った事があり、温泉三昧を味わったのどかな素敵な町と記憶していましたが、TV版「世界の中心で、愛をさけぶ」を初めて見た時に 背景がその「松崎」とは 直ぐには気づかず、散々 のめり込んだ後に「あの 松崎だったのか…」と驚いたものです。


で、映画「つぐみ」を見た時は 素直に 1980年代初頭の頃に自分の目で見て記憶に残っている松崎だと 直ぐに判りました。


それが、松崎にとって良い事か悪い事かを 私が述べる事は出来ません。^^;


が、有名になればなったで 好ましい事もあるぶん、好ましからぬ事もあるでしょうから、願わくば 今後の松崎に良い方向に働けば良いなぁ…と願う次第です。



お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『西伊豆 松崎』関連の記事

コメント

最近、松崎がいろんな所に登場するので、何にせよ嬉しい私です(^^)。
バーバー吉野、意外と松崎の町の中心がロケに使われているんですね。
いや実はこんなに分かりやすい場所が使われているとは想像していなかったので
まあいいやと見ずにおいたのですが、これは見ないわけにはいかなさそうです(^^;。
そうそう、最近はテルモのCMにも松崎が登場しています。
今朝のテレビでようやくその映像をTVで見ることが出来ました。

下から2番目の映像にある時計台、この映像で見る限りリニューアル前のようですね。
今は塗装もやり直されてかなりきれいになっていますが、
当時は地元の人からもすこし変じゃないのかみたいな話があがったらしいです。

町の風景って時代と共にどんどん変わっていきます。
思い出深い場所ならその違和感はなおさら大きくなります。
自分だけは変わってないと思っているので、ま、結局は身勝手な思いなんでしょうけど(^^;。
私は学生時代に過ごした福岡の町に結構思い入れがあるんですが、
変化の大きな町なので、その面影がどんどんなくなっていきます(^^;。
たまに行くからそう思うのであって、また住めば都になるとは思いますが(^^;。

おそまつさまでした.(笑)
よく景観のよい観光地で撮った写真を現像してみたらガッカリってありますけど,
それが想い入れのある風景だったりすれば,なおさらそのOKラインはシビアです.
その辺りを小生の業界の人間がどう考えているのが甚だ疑問なのですが,
いずれにせよフレームという感覚は常に磨いていないとダメなんですね.
いい景色を背景にすればいい絵になるというのは幻想です.
しかし逆に,いい景色の引っ張られるという稀有な例もありますよね.
昔,「がんばっていきましょい」という映画がありましたが,この映画を
館で見た時は唸りましたね.(笑)
よくぞ探してきたなというビューとそれを見事にフレームにおさめた演出と撮影部.
そこにはきちんとした丁寧な解釈がありました.
松崎もそろそろ本腰を入れないと,昔馴染みが離れるかもしれません.
内容と制作陣の心根をふるいにかけて,時には断るくらいで丁度いい時に
来ている気がいたします. 初めて行った時,ここは陸の孤島だと思いましたが,
その時に感じたよい空気の流れを止めないでほしいと心底想う次第です.

★ roadrace さん

これ、ゴーシュさんから御教示頂くまで知らなかったんです。

たぶん、松崎から下田方面に抜ける道路沿いの風景と思われる背景も結構使われてると思うのですが 私は自信を持って断言できないのでおります。^^;

正直な感想を言えば「つぐみ」や「エデンの海」は ストーリー的にも楽しめたんだけど、これはストーリー的には 私は馴染めませんでした^^;

>テルモのCMにも松崎が登場しています。

私も先日見ました。^^


どんな内容でも 背景が松崎だと「お?」ってなっちゃいますね。


>たまに行くからそう思うのであって、また住めば都になるとは思いますが(^^;。

住んでると案外気づかないもんですね

札幌から しばし離れて東京で暮らしていた時に たまに札幌に帰ると

「あれ? ここの建物壊したのか?」

「あれ? ここ空き地だったのに建物が…」

どころか、

「何時の間に こんな太い道路が出来たんだ?」

なんて事がしょっちゅうで… でも、ずっと住み続けている友人達は 気づいていないに近いぐらい自然な変化なんですね。


★ ゴーシュ さん


>いい景色を背景にすればいい絵になるというのは幻想です.
>しかし逆に,いい景色の引っ張られるという稀有な例もありますよね.


仰る通りだと同感です。


>昔,「がんばっていきましょい」という映画がありましたが,この映画を
>館で見た時は唸りましたね.(笑)


ええ、「がんばっていきましょい」という映画は 私も大好きです。^^

ダム(人造湖?)とは思えない キラキラと鏡のような青い水面と背景の緑が忘れられません


>松崎もそろそろ本腰を入れないと,昔馴染みが離れるかもしれません.


たぶん、私は「世界の中心で愛をさけぶ」の影響で どう変化しても気持ちは変わらないと思うんです(あくまでも 私は…です^^)

「エデンの海」で 山口百恵が水着姿で馬に乗り 松崎を爆走するのを見ても その気持ちに変わりはありませんでしたから^^;

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。