« 江口のりこ 考 | TOPページへ | プロポーズ大作戦 第2話 »

2007年04月23日

● 戦国自衛隊 今昔


ふと気が向いたので1979年公開の「戦国自衛隊」と2005年公開「戦国自衛隊1549」をあわせて語ってみる。




画像

いやぁ… 良い時代になったもんだと思った。^^


画像

それは 2005年公開の「戦国自衛隊1549」を見て感じた事。


画像

「AH-1」も さる事ながら…


画像

「OH-1」が こういう画面に映るのを初めて見たし…


画像

「90式戦車」も さる事ながら…


画像

「87式偵察警戒車」(中央)や「89式装甲戦闘車」までもが画面に映る時代なんだなぁ…と。


画像

「96式装輪装甲車」(左)の後部 ナンバープレートの上に書かれた「3特実-4」という表記は 今までは撮影に協力した部隊の表記がそのままだったのだけど この映画で初めて 映画の設定に合わせて「3特実-4」と架空の表記にしてあるのを初めて見た。

(道路交通法とはいえ、戦闘車両にウィンカーは いつ見ても複雑な思いがするが…^^;)


画像

しかも、こんな場面まで見れるとは^^;


画像

かつて、1979年公開の「戦国自衛隊」では


画像

自衛隊の撮影協力を得られず、当時 主力だった61戦車をトラクターを改造して造り上げた角川春樹の心意気を高く評したもので…


画像

画像

今、見ると予算の関係で小ぶりなのは否めないが 制作にかける情熱は画面からも溢れて見える。


で、野暮だとは思うけど ストーリー的な部分に踏み込んで触れるけど


画像

時代をスリップする際に その衝撃で電子装備がダウンする…


画像

それを利用して爆弾の爆発を止め 安堵する江口だが…


画像

爆弾の電子回路が停まったのは良いけど ヘリの電子機器が無事な事に大きく全体の説得力が欠けた事に気づけば 呑気に安堵なんかしてらん無ぇんじゃないのか?^^;




ま、私の場合…


画像

着物で胡座 とか、


画像

画像

画像

画像

画像

画像

「綾瀬はるか」が見れたから それだけで満足ではあるのだが…




半村良の原作は中編小説としては小ぶりだが、内容のスケールは大きく面白いものではあったが、自衛隊についての予備知識が乏しいと言わざるを得ない描写が多かったのも事実。


ゆえに、原作の描写と1979年公開の「戦国自衛隊」の設定が色々と異なる点については違和感を抱くよりも別作品として楽しむ事が出来たのだが…


2005年版「戦国自衛隊1549」に関しては「福井晴敏」が制作に関わった事で リアルっぽくなった様に受け止めた評価をいくつか耳目にしたが、それは 自衛隊に関する知識不足と断言しておく。


部隊構成や登場する自衛隊員の階級構成等 自衛隊の設定がグチャグチャな点は 原作や1979年版でも露呈しているにも関わらず、そこに何も疑問を感じないかの如き「福井晴敏」には 私が大いに疑問を抱く。


というのは、最近 「福井晴敏」が軍事評論家の如き扱いでメディアに登場しコメントを述べるのを耳目にする機会があるのだが、上述のような状況で 彼の言う事を「正確」と受け止められるのは如何なものかと思う事があるからだ。



お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『角川映画』関連の記事

コメント

私は戦国自衛隊大好きなんですよ。
半村良さんの原作は「先に発表したもの勝ち」な部分があったそうなので、自衛隊の設定に無理がある箇所はあると思います。
 それと1979年の角川映画のは、「戦国自衛隊1549」に比べて武装が乏しいですけど、
これは原作に近い設定になっていて、原作でも『補給部隊』の設定になっている割には戦車は無く、装甲車両一台とジープ数台、哨戒艇一隻とヘリ1機のみ。
兵士の銃こそ豊富にあるようですが、その分、燃料・弾薬は限られていて戦闘により次々に失われて行きます。
 つまり原作者が意図するのは科学兵器でのドンパチよりも、20世紀の蓄積された戦術と知恵がメインなんだそうです。
そういう意味では1979年の角川映画の方が根本の部分では原作のコンセプトを守っていて、「戦国自衛隊1549」よりは好きです。

……いやはや、別にこんなこと書きたくて出てきたんじゃないんです。
是非読んでいただきたいのがあるんです。
それは劇画家・田辺節雄さんによるコミック版『戦国自衛隊』とその二十数年後を舞台にした『続・戦国自衛隊』『続・戦国自衛隊・外伝』です。
田辺さんは、かつて望月三起也氏のメイン・アシスタントとして『ワイルド7』のメカ・シーンに筆を入れていた方でもあって、戦闘シーンや考証には定評のある方です。
とくに『続』は傑作でして、これは半村さんが「もう書けない」とのことで田辺さんのオリジナル作品ですがちゃんと前作に繋がっています。
徹底的なディテールに拘る為に、1ページ書きこむのに何日もかかることもあったくらい拘ってくれています。
ぜひ読んでみてください。
…そうそう、読むなら新書版じゃなくてコンビニで売ってる廉価版がお勧めです。
『戦国』は版が変わってもそのままですが『続』に関しては廉価版では数10ページほど書き足しされています。
もし劇画(漫画)は苦手でしたら、その田辺さんの『続』を基にした小説版『続・戦国自衛隊』もあります。
是非一読を!

★ 川島雄二郎 さん

どうもご無沙汰しております コメントありがとうございました。^^

マンガは嫌いじゃないので 機会があれば読んでみたいと思います。

ただ、自衛隊をちゃんと理解せずに書かれた自衛隊絡みのSFは興醒めなので 記事でも述べた様に原作が自衛隊を知らずに書かれている以上、良い感想を抱けるとは思えないんですよねぇ…^^;


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。