« 夫婦道 特急田中3号 上野樹里 in ハニカミ♪ | TOPページへ | 冗談じゃない! 第1話 »

2007年04月15日

● ライアーゲーム


2007年4~6月期 フジ系で毎週土曜日の23時10分から放送されたドラマ「LIAR GAME(ライアーゲーム)」の感想です。




ライアーゲーム 第1話




画像

何気に見たのだが、ちょっと面白そうなドラマだな…と、思った。


画像画像

画像画像

「戸田恵梨香」が主役というのも興味深い。




で、このドラマって原作マンガがあるのね? 知らなかった^^


さて、第1話を見終えて気になった事を述べれば…


画像

警官役で登場の「渡辺いっけい」だが、


画像

彼の前歯が一本だけ細工してあるのが気になって仕方が無い。^^;

(なんか、裏がありそうな気がするなぁ…)


画像

しかも、天才詐欺師「松田翔太」を主人公に紹介するあたりも胡散臭い^^;


ストーリー的な事に触れれば「騙し合い」という事で「詐欺」という言葉がクローズアップされているが、これって 違う視点で見れば「プロファイリング」でもあるんだよね


で、心臓が壊れるまでは 債権整理等を生業としていた者として言えば、この作品で描かれようとしている人間心理に関して 天才詐欺師の思考や、相手の反応に ふと思う事がある。


例えば、天才詐欺師は 藤沢が金を自宅に隠していると推測するが、どの部屋なのかを知るために


画像

一瞬、火事が起きたと藤沢に思わせて反応を見る。


で、第1話の中では


画像

押入の中にある金庫に隠されている…となっているが、私はそれに疑問を感じる。


藤沢(北村総一朗)は 一瞬だが、消防に電話をしようとして躊躇し、やめる。


その流れを


「金を隠した部屋から出されるのが嫌だ」


という事で理由づけられているが、私は その理由が引っ掛かる。


と言うのは、上の画の金庫って大きさや見た目から「耐火金庫」だと思うのね


であれば、家は燃えても金は燃えないわけだし、部屋から出されても他人が金庫の中は どうこう出来ないじゃない


だから、私は 金は金庫に入っていないと思うわけで…


もしかしたらブラフかもしれないが、裏付ける行動も映像にある。


まず、


画像

火事だと思い慌てた藤沢は 自分が座っていた正面の襖を開けて 隣の部屋に入りかけ、


画像


ある部分を 一瞬、確認するような視線を送ってから


画像

最初に座っていた位置まで戻って電話を手にする。


そう、慌てた藤沢が まず取った行動は隣の部屋へ…なのだ。


画像

そして、天才詐欺師から「この部屋に金がある」と指摘された直後


画像

藤沢の視線は 不自然な方向に向く


画像

そう、その視線の先は 慌てて行こうとした


画像

隣の部屋なのだ。(意味深な掛け軸が下がってるし^^;)


まぁ、違ったら ブタネコの考え過ぎとお笑い下さればありがたい。


実は 倒産した会社の経営者のもとに行き


「社長、ドサクサに紛れて 有価証券とか手形を隠してんじゃないの?」


と、ツッコんだ時に ふと、相手の視線が あらぬ方向に泳いだ事があり、大抵の場合 その時に見た場所に 何か重要なアイテムが隠されている事が現実に何度も遭遇した事がある。


だから、この映像での藤沢の視線が とても気になるんだな^^;


ま、どうでも良い事なんだけどね。


画像




あ、そうそう…


画像

上の画を見て『SAW』を思い出したんだけど パクリとか そういうのじゃ無いよね?^^;




ライアーゲーム 第2話 2007年4月22日




画像

先週、第1話を見て ちょっと面白そうなドラマだな…と、思ったので見続ける事にしたのだが…


画像

第1話で『藤沢の視線は 不自然な方向に向く』という部分を考えすぎて受け止めてしまい 金の隠し場所を金庫では無く、隣の部屋とよんだ私は1回戦敗退だな orz


というわけで、大変お騒がせして申し訳ありませんでした。


尚、今回の第2話について感想はあるけれど ネタバレになるので述べずにおくが、ただ、ひとつ…


画像

この泣いてる女は何だったのだろう?


きっと、次週かその先で理由は判るのだろうけど 気になるなぁ…^^;


画像




【注意】 以下に、記事を追加しました(AM7:00)




私が 常日頃より尊敬させて頂いている『kuma6663氏のブログ』の記事を拝読し愕然とした。^^;


で、再度「ライアーゲーム 第2話」の映像を確認したところ…


画像

確かに「水田芙美子」のクレジットがある。


で、探してみたところ…


画像画像

画像画像

画像画像

画像


さすが、我が神 チェックが鋭いなぁ…と感心しつつ


それでなくても出演作が少ないのに 肝心なところで見落としているとは… orz


これで、来週の第3話が 本当に楽しみになったよ。^^




ライアーゲーム 第3話 2007年4月29日




画像

先週、第2話を見た当初「水田芙美子」が出演している事に気づかなかったのは 全く不覚だった^^;


画像

なので「戸田恵梨香」は さておき、


画像

今週は「水田芙美子」を中心に映像を見渡したのだが…


画像

なかなか、フレームに入っておらず…


画像

でも、アップが これと


画像

これ^^


画像

ちなみに「NO.12」は 今週は勝ち上がったので 来週に期待。^^


ところで、今週 感じた疑問は「何故、参加人数が22人なんだろ?」って事。


そもそも、少数決という方式なら参加人数が21とか23とか奇数にしておかないもんなのかね?


深い理由では無いのだが、その辺から なんで22という数なのか?が気になった…と 記しておく。^^




ライアーゲーム 第4話 2007年5月6日




画像

細かい事を言ってもキリが無いので 大雑把に言えば、今週の第4話を見終えて「LIAR GAME(ライアーゲーム)」に対して抱いていたワクワク感が かなりのパーセンテージで激減した。^^;


ストーリーを盛り上げようと考えたのは判らなくも無いが、完全に評決が判明する前にXが己の正体を晒す…という展開は 甚だ興醒めだったからだ。


しかも、


画像

画像

画像

「水田芙美子」がろくな台詞も言わぬまま敗退するし…


画像

シリアス調なんだと思っていたら「戸田恵梨香」に つまらんボケ演出で ギャグめいたカットを入れる事もガッカリだ。^^;


なので、今回は 以上。^^;


あ、ひとつだけ 蛇足を言えば…


私は「 L 」の「氷抜き」だ。^^




ライアーゲーム 第5話 2007年5月13日




画像

2回戦が「へぇ~」という意外性も無いストーリーで終了した。^^;


そんな中で 私の目を惹いたのは北海道地区だけかもしれないが


画像

画像

画像

画像

画像

「木村多江」のCM


これで「はんなり」した気分になれたのが唯一の収穫。^^;


画像

で、「戸田恵梨香」は相変わらずなので放っておいて…^^;


画像

敗者復活戦の面子の中に「水田芙美子」の姿がないのでガッカリ。 orz


ところで、先日『渋谷怪談』という映画を見た時に「あれ?」と思っていたのだが…


画像

この「和田聰宏」という俳優って調べてみたら『雨の町』の主人公でもあり、「東京湾景」というドラマの主役を務めた役者なんだね。


あまりにも別人に見えたので気づくのが遅れたけど、今回の発見で 少し気になる存在になったよ。^^




ライアーゲーム 第7話 2007年5月27日




ライアーゲーム


実を言うと 先週の第6話は ブログのサーバーがパンクしたとか、引っ越しだとかバタバタしているうちに見忘れ、しかも録画もし損ねたので見ていない。^^;


が、それでも今週 そんなに違和感無く楽しめたのは、先週 ロクに話が進まなかったからなんだろう…と勝手に思い込んでいる。^^;


ま、そんな事は どうでも良い。


今週の第7話を見終えて感じた事は 最初に比べて、どんどん話が御都合になっているなぁ…という点

ライアーゲームライアーゲーム

個別に10票を7千万で買う密約を交わすのは良い。


で、その時の契約内容が


ライアーゲーム

というのだが…


まず、「この取引は他のプレイヤーに口外しない」という約定


ライアーゲーム

みんなで見せ合っちゃってるんだけど良いの?^^;


次に「支払いは票の移動を確認後、9回目の投票結果から10回目の投票までの1時間で行う」って約定を考えると ナオとフクナガ以外の7人が組み、ナオから票を買わなければ ナオのダントツは確定するけど、フクナガがナオから票を買わない限り、フクナガをリストラする事は可能で、フクナガがナオから票を買おうにも金は無いと思われるのだが…


そうなると、ナオは7人に対して それぞれ7千万、合計4億9千万支払わなきゃならないのだが、そうはならないのかな?


それと どうでも良い事だが、上のMチケットの文面だが、本当にナオが書いたのか?


だとすれば「戸田恵梨香」 字が思いの外、下手クソ過ぎないか?^^;


が、そんな事を ブツブツ言うのは野暮だし


ライアーゲーム

このオネェサンが「ルール上、問題はございません」と言い切ればそれまでだし…


ライアーゲーム

アキヤマが現れて「これはライアーゲーム 騙し合いのゲームだろ?」と言い切れば やはり、それまでなんだ。^^


それが「ライアーゲーム」なんだもんね。^^




ライアーゲーム 第8話 2007年6月3日




ライアーゲーム

すっかりドキドキ感が薄れ、リタイアしたくなりつつある今日この頃だ。


ライアーゲーム

羊の こんな笑顔を見ても、なんだかなぁ…って感じなのだ。


ライアーゲームライアーゲーム

7000万のカラクリも「成る程なぁ…」と思う反面、「なんか、おかしい…」と疑念を抱く。


ドラマに対してノリノリならば真剣に考えてみようと思うところだが、そんな気力は不思議と湧かない。^^;


ただ、ひとつ言えば「何故、最初、ナオが10票を買う時の金額が7000万だったの?」って部分がスッキリしないのだ。


が、まぁ、そんな事は どうでも良い。


ライアーゲーム

このオネェサンに 少しづつ惹かれている…って事と


ライアーゲームライアーゲーム

このシーンの時の「戸田恵梨香」の笑顔が なんか作り顔丸出しなのと、この状況でのナオの笑顔にしては 妙に可愛い子ぶりっ子した様に見えて違和感となった。^^;




さて、驚きなのが…


ライアーゲーム

私の心の中では打ち切り警報が鳴っているのに 最終回3時間スペシャルってのは どういう事?


余程、最後に盛り上がる脚本なのだろうか?


私としては「セクシーボイスアンドロボ」の方が3時間とは言わないが 2時間スペシャルにしてくれないかと願っていたのに…^^;


---- 【追記】 6月3日AM6:00 -------


と、上記までを記述して掲示したが…


その後、一服しながら 日課のブログ巡りをしていたら…


我が、神ブログ「kuma6663さんの記事」を拝読していて


「へぇ… このオネェサン”吉瀬美智子”って名前なのか…」


って判ったのだが、ん? 吉瀬美智子?


それって、「のだめカンタービレ」で


画像画像

マネージャー役のエリーゼじゃん!!!


この人 侮れないなぁ…^^;




ライアーゲーム 第9話 2007年6月10日




ライアーゲーム


先週のライアーゲーム 第8話記事に追記した様に…


ライアーゲームライアーゲーム


このオネェサンが「のだめカンタービレ」の…


吉瀬美智子吉瀬美智子

マネージャー役のエリーゼだった事…


もう、この事ばかりが私の頭から離れない。^^;


まさに「ライアー・ゲーム」だ。




ライアーゲーム 第10話 2007年6月24日




ライアーゲーム

最終話3時間スペシャルという事だったが、これまでの回想シーンを抜けば1.5時間スペシャルみたいなもので なんで3時間なのか よく判らない。^^;


それほどスペシャル扱いする意味が このドラマにあったのかな?


だが、まぁ そんな事はどうでも良い。


穿った視点の私には 急に赤丸急上昇している


ライアーゲーム

「吉瀬美智子」という女優さんが


ライアーゲーム

いきなり登場して 一人でシェイクスピアしている 万俵大介 北大路欣也を相手に…


ライアーゲームライアーゲーム

ライアーゲームライアーゲーム

見事に演り合ったシーンがいっぱいあった事に満足。


ライアーゲーム

ストーリー的には そこそこ面白かったのだが、キノコをはじめとして 所々のオーバーアクションが鼻につき、もっとシリアスにやってくれればドキドキ感が維持できたのになぁ…と 残念。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『戸田恵梨香』関連の記事

コメント

相変わらず猫系の娘に弱いなー、オレ

と、思いつつ見たんですけど、それなりに楽しめそうではありますね。

製作者側がそこまで考えて「耐火金庫」にしたかどうかは分かりませんが
ブタネコさんの推理通りになったら、そこまで考えて「耐火金庫」したわけで
そうなるとこれからが期待できるなぁ

渡辺いっけい、確かに気になります。
何かありますよね。

★ うごるあ さん

>耐火金庫

これ あくまでも私の妄想なんで^^;


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。