« わたしたちの教科書 | TOPページへ | 帰ってきた時効警察 第1話 »

2007年04月14日

● 西原亜希 考


「西原亜希」のカテゴリーを設けた理由を語る。




画像

青空のゆくえ』という映画を見ていて


画像

「ほぅ、この娘 なかなか良いなぁ…」と、思ったのが そもそものキッカケなのだが…


この場合、演技がどうこうという小難しい話が理由では無い。


「石原さとみ」を初めて見た時と同じ理由とも言えるのだが、それは彼女の眉毛


女の子が化粧に興味を持ち、可愛いくなろうとするのは否定しない。


が、あくまでも私の個人感を言えば 何事にも限度があり、化粧も その一つ。


「厚化粧で 本当に綺麗と言えるのか?」


というのもあるが、時々 眉毛を極端に細くしたり、不自然に曲げた形に描いてみたり…


それが私には判らない。^^;


むしろ、薄化粧で さりげなく手を加えない眉毛…


そこに魅力を感じるのだ。


が、まぁ そんな事はどうでも良い。^^


画像

夜のピクニック』という映画で再び見て 「やっぱ、この娘 良いなぁ…」と、グヘヘヘと下卑た笑みを浮かべた私。


その後、草葉の陰の一歩手前 半歩、右寄りで個人的に見守ってきたのだが…


今回、ふとしたはずみで「西原亜希」の出演作をチェックして






「エエッ!!!」と、驚いた私。




というのは…


画像

映画版「世界の中心で、愛をさけぶ」に「西原亜希」が出演していた…という情報を入手したから。


で、探してみた(大好きなんだ こういう探しモノ^^)


画像

で、この上の画 「長澤まさみ」の左隣でハンカチを顔にあてている女の子が怪しい…


と、思っていたら その直ぐ後


画像

降り出した突然の雨と このシーンだけで泣ける私の瞳が滲んで判り難いが…


画像

その直ぐ後に「これでもか」と「長澤まさみ」とのツーショットがあり…


画像

これが、トドメ^^


そっか… これに出てたのか… じゃぁ!!! って勢いで設けられたのが『西原亜希カテゴリー』なのである。


と言えば、判り易いであろう。^^;


で、ついでに記しておけば…


画像

画像

夜の墓場でジョニーをひっぱたく”ナカガワ”という名前の女の子


これも、声の感じが「西原亜希」だと思うのだが確証は無い。^^;


以上、御報告まで。



お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『西原亜希』関連の記事

コメント

セカチューは何度も見ていたのに思いっきり見逃していました。

ブタネコさんと同じように「エー!」と叫んでしまいました^^

セカチュー恐るべし!ですね。

★ うんぼぼ さん

お互い、まだまだ修行が足りませんね^^;

先日、入手したばかりの映画版「せかちゅー」ですが、
こ~~~~んな、すご~~~~い発見をしていただき、ありがとうございます。
じっくりと再見してみます。楽しみが増えました。

しかし、そういう楽しみを知ってしまった人間は、業が深いというか、ただでころばないというか、
たち悪いというか、私はすごく素敵だなって思います♪

★ kotetsu552005 さん

一番面白いのは 俳優より、エキストラに行ったネット仲間の綾瀬ヲタを探す事です。^^

初コメントさせていただきます!
中川役が西原さんで間違いないと思います。
ジュリエット役を選ぶ時に西原さんがむっとした表情で演じられていたのは
黒板にあるとおり、二番手ながら亜紀との票差が大きく開いていることにも
あると思います。学級委員でもあるようなので、ドラマにもいた亜紀のポジションに嫉妬する
女子クラスメイトの役に相当するのではないかなー、と思います。

★ yuka さん

はじめまして、コメントありがとうございます。^^

>中川役が西原さんで間違いないと思います

そうですか 安心しました。^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。