« 長澤まさみ in みなさんのおかげですSP♪ | TOPページへ | 蒼井優 in 僕らの音楽♪ »

2007年03月30日

● ホテル・サンライズHND


2005年にテレビ東京系で放映された「ホテル・サンライズ羽田 ~最後のステイ~ 支配人は見た!あす閉館するホテルの奇妙な客たち」のDVDを入手したので見た。




画像画像

このドラマの設定は 老舗ホテル「サンライズ羽田」が閉館となる最後の日に4つの部屋で起きた出来事を それぞれ、ショートドラマとして描いた4本のオムニバス構成である。


画像

ちなみに、支配人は「大杉漣」


我が家のTVは基本的に「テレビ東京」にチャンネルを合わせている事が 月間合計で数時間も無い。


ゆえに、オンタイムでは見ていないのだが 演出や脚本に「堤幸彦」の名がある事から 馴染みのレンタル屋の店長が持って来た。^^;


●Room 555「LOSTMAN」

画像画像

このドラマは 目覚めたら記憶の無くなっていた男(今田耕司)の記憶が少しづつ蘇る話。


画像画像

私としては「麻生祐未」と「杏さゆり」のメイド姿以外 見るべき処を感じなかった。^^;


●Room 666「TRIPLE SIX」

画像画像

このドラマは あるバンドの熱狂的なファン(平山あや)が 666号室にまつわるバンドのエピソードに触れたくて部屋に泊まるのだが、そこにはもう1人熱狂的なファン(加藤夏希)が現れて…という話。


画像画像

画像


●Room 777「伝説の男」

画像画像

3番目の このドラマがあるおかげで、このDVDを見て良かった… 本当にそう思った。^^


画像画像

物語は何年も前に伝説になるほどの大傑作映画を作った監督(松尾すずき)が隠れ住んでいると聞きつけた「ユースケ・サンタマリア」が その666号室を訪ねたところ…


画像画像

その部屋には監督だけではなく、主演女優だった「蒼井優」が妻となって一緒に住んでいた。


画像画像

この不釣り合いなカップルの珍妙さと コミカルな「蒼井優」が堪能出来、


画像画像

シリアスな「蒼井優」も満喫できるし…


画像画像

いろんな「蒼井優」が味わえる 実に嬉しい幕の内弁当みたいな作品。


●Room 888「妻の本音」

画像画像

熟年の夫婦(「野際陽子」と「北村総一朗」)が一夜を過ごす話。


演出・脚本「堤幸彦」で 彼らしい作品だ。


(ネタバレにならないように あらすじを述べるのが難しいので あらすじは語らないでおく^^;)




結局、「堤幸彦」を味わいたくて見始めたのに「蒼井優」で満足してしまう…という 不本意だが、「まぁ、いいんじゃない?」という納得の仕方が出来る不思議な一品である。^^;


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『堤 幸彦』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。