« 地下鉄(メトロ)に乗って | TOPページへ | 拝啓、父上様 第7~最終話 »

2007年03月22日

● バンド・オブ・ブラザース 余談


この記事は『ブラッカムの爆撃機』という記事に対して タンクさんから頂戴したコメントへのレスという意味でもあり、良い機会として 述べたい事を付加したものでもあります。^^;




沖縄シュガーローフの戦い』という本を読み その感想を記事として述べさせて頂いたわけだが、この本は そんじょそこらの翻訳本と同列に扱う事が私には出来ない大きな理由がある。


この本の「あとがき」に記載のある 翻訳者並びに協力された方々は プロの翻訳者や翻訳関係者ではありません。


とかく、大手出版社や映画配給会社が外国作品を日本国内に持ち込む際に関わられる翻訳関係者は 翻訳のプロではあっても、彼らの扱う英語は一般的な会話の英語であって 専門知識、今回のケースだと軍事用語の知識・翻訳に関しては ハッキリ言って素人と言わざるを得ません。^^;


過去に「名作」と呼ばれる戦争映画がいくつもあるけれど それらの中にも違訳が実は多々あり、訳のせいで名作でありながら 駄作として葬られた作品も実は少なく無い。

洋画字幕に関して戸田某という翻訳の権威と言われるオバサンがいるけれども、昨今では 彼女が翻訳したいろんな作品において 誤訳や本来の意味とは違う意味の違訳により、せっかく作品が醸している素晴らしさをぶち壊したり、違った印象にしてしまっている事を 多くの原作マニアから指摘されている事実もある。


これは、単にプロと呼ばれている翻訳者達が あくまでも機械的に自分の知っている単語知識だけで翻訳をするから そういう結果に至るわけで、作品そのものを理解し、愛し きちんとした意味で訳そうとする意思があれば いくらなんでもこういう訳にはならんだろ?と私には思える部分が多く、以前、とあるところで この字幕・原書翻訳に関して議論が生じた折に、上のような持論を述べたところ、プロの翻訳家の方から


「与えられた限られた時間内で翻訳作業をしなくてはならない…

 という”時間的制約”や

 字幕の場合は画面に表示される”時間的制約”があるから 仕方の無いことだ」


と反論された事があり、少なからず その心情には同情もしたけれど、納得は出来無い。^^;


つまりは、翻訳者個々に対する問題…というよりも原書や洋画を翻訳して日本に持ち込もうとする人々の「翻訳」という部分に対する重要性の認識が甘すぎる…って事なんだろ?という風に私は認識するばかりなのだ。




かつて『「バンド・オブ・ブラザース」』という記事で紹介させて頂いた本がある。


画像

並木書房 著:スティーブン・アンブローズ 訳:上ノ畑淳一 ISBN4-89063-146-1


私は今まで 随分と名作と呼ばれた戦争映画(洋画)の原作本を読んできたけれど この本ほど内容といい、翻訳といい 素晴らしいと感動したものは他に無い。


たまたま御縁があって、私の義弟が この翻訳者である上ノ畑氏とメールを交わすお付き合いをさせて頂いている関係で 以下に述べる事は その義弟からのまた聞きである事を まず、お断り申し上げると共に、私如きが述べる僭越さを どうかお許し願いたい。


で、何が言いたいかというと…


昔、ネット上で戦争映画の愛好者が集うサイトがあり、上述した上ノ畑氏は そのサイトの常連の1人だった。


氏は米国在住で ある時、たまたま書店で目に付いた本を買い、それを読んで物凄く感動した。


それが「バンド・オブ・ブラザース」の原書である。


日本に一時的に帰国した氏は 折良く開かれた戦争映画の愛好者が集うサイトのオフ会で 如何に「バンド・オブ・ブラザース」が面白く、素晴らしい本なのかを熱く語ったのだが、日本では原書すら販売されておらず、「スティーブン・アンブローズ」という作者が当時、既にアメリカ国内では「シチズン・ソルジャーズ」などベストセラーを数冊書き下ろしていた人物であり、映画「プライベートライアン」で重要な役割を果たした人物であるにも関わらず、日本では全くの無名だった事などもあって 氏の伝えようとした事がままならず、それが悔しくて御自身が その戦争映画の愛好者が集うサイトで知り合った御二方の協力を得ながら翻訳した…というエピソードがあります。


ミリタリー・オタクを自認する私として、この「バンド・オブ・ブラザース」の翻訳本を拝読し この本は、いまだかって無い傑出した本だと感じた事がいくつかある。


その最たる点は「プロ」と呼ばれる一般の翻訳者では無く、言っちゃぁ失礼だが、ミリタリー・オタクが持っている知識をフル動員して翻訳したクォリティのズバ抜けた高さだ。


この「バンド・オブ・ブラザース」の日本語翻訳版が日本で発売された後、


画像

画像

画像

画像

「バンド・オブ・ブラザース」は映像化され WOWOWによってその映像は日本でも放送さたわけだが、実に興味深いのは 映像版は通常の洋画と同様「プロ」と呼ばれる翻訳者が字幕や日本語台本を作り、声優による吹き替えも行われたわけで その翻訳に原作を翻訳した方々はタッチしていない。


で、そのプロ達の翻訳は洋画における、いつも通りの機械的作業だったわけで とりわけ原作翻訳者達の訳と「プロ」の違いが判る 最も明かな部分が二つあり、


画像

画像

ひとつは映像第7話内にある「デランシーの前線」で


画像

画像

画像

画像

画像

画像

二つ目は最終話のラストで主人公であるウィンターズ氏御本人が 回想して語る台詞の訳


その詳細については 翻訳本と映像双方を御覧になる事を強く薦める私としては ここで述べようとは思わないが、ハッキリ言っておきたい事は 如何に原作翻訳者が原作の持つティストを忠実に翻訳をしようとしたのかが この訳の違いに明確に表されている…という事だ。


そういう経緯を義弟から聞き、実際に映像や原作を目にして この本は翻訳者の魂が込められた一冊であり、翻訳者が それだけ精魂を込める価値のある素晴らしい内容の本だと私も確信している。


もしも、この本が「トム・ハンクス」と「スピルバーグ」が映像化した作品の原作として 当たり前の様に「プロ」と呼ばれる翻訳者が翻訳していたら…


私は断言しても良い、上ノ畑氏が翻訳した程のクォリティには絶対にならなかった と。


【Band of Brothers 絆で結ばれた兄弟たち】




さて、「沖縄シュガーローフの戦い」に関し その本を読む前から、「この本は読まずにいてはバチが当たる」と私が考えていた理由は この「沖縄シュガーローフの戦い」を翻訳された方、その作業に関わった方々は 上述した「バンド・オブ・ブラザース」の原書翻訳に関わった方々であるという事。


元をただせば、戦争映画愛好家 もっと判りやすく言えば 表現は良くないけどミリタリー・オタクの方々であり、彼らは今でも本業を別にちゃんと持った立派な方々で「プロ」の翻訳家では無い。^^;


しかしながら「戦争映画を愛好する」事にかけては おそらく日本国内でも屈指の方々であり、ミリタリー・オタクの知識は それぞれ得意分野の違いはあれど、それも おそらく日本国内では屈指のレベル。


その方々が「これは 日本国内に紹介すべきだ」と判断し、本業の傍ら翻訳した…と伺えば それだけで私にとっては かけがえのない良書であり、「文部省推薦」なんてお墨付きよりも遥かに上の「お墨付き」なのだ。


で、実際に読んで感じたのは「お墨付き」に間違いは無かったという事だ。




蛇足ながら、もう少し述べておきたい事がある。


素晴らしい原作があり、それを映像化する事になると 制作者達はおしなべて


「この原作を読んで感動しました。 だから、是非 映像化したいと考えました」


と、語る。


その考えにケチをつける気は毛頭無い。


しかし、上の様に語りながら 原作をそのままなぞるように映像化するのでは無く、原作を ただ利用しただけの映像を作る輩を 私は軽蔑し罵る。


「原作をそのまま映像化する」のが 映像制作者にとって「オリジナリティの欠如」と結論づけるのは もし、原作が本当に素晴らしい作品であるならば冒涜以外の何物でも無い。


尺の問題や 元々、原作にある欠陥を補う…などで 原作とは微妙に異なる映像を作る事じたいに文句を言うつもりは無いが、その場合 あくまでも「原作を踏まえて」であればの話。


原作を踏まえず 独自の解釈で映像を描こうとするのは「原作の利用」でしか無く、そんな輩が


「この原作を読んで感動しました。 だから、是非 映像化したいと考えました」


と、述べるのは


「この大嘘つき野郎が!!!」


と、罵るね私は^^;


(但し、原作が駄作の場合 何でもアリだと思ってます。^^ )


同様に、海外の映像や小説をヒット作だから…と日本に持ち込む関係者に対しても そりゃいろんな制約や苦労もあるだろうとは思うけど、日本国民全員が英語が堪能では無いのである。^^;

作品そのものの素晴らしさやティストを表現する「翻訳」という作業を おろそかにするという事は、自分達の仕事全体をおろそかにしている事だと いい加減に気づけよ…と苦言を呈したい。


「バンド・オブ・ブラザース」の映像版は 「トム・ハンクス」と「スピルバーグ」が「スティーブン・アンブローズ」の著作を 充分に読み込み、把握した上で描いた映像だと断言するし、原作翻訳版は 海外小説の翻訳としては最高の一冊である。


私がTV版「世界の中心で、愛をさけぶ」で完膚無きまでにブチ壊された以前、同じ様にブチ壊され大泣きさせられたのが「バンド・オブ・ブラザース」の日本語版であり、映像版だったのだ。


しかしながら、映像版の字幕や吹き替えの日本語訳は 実に御粗末なモノだったのが残念な話だった。




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『B・O・B』関連の記事

コメント

ブタネコさんへ
この内容どこかでと思っていたら先日非公式B.O.Bのぶた猫さんの記事で読んだのを思い出しました。
まさしくB.O.Bですね(butanekos of brothers)、座布団1枚かな?。
’沖縄シュガーローフの戦い’はあまりの臨場感に読むのが疲れます。この調子だと1週間はかかりそうです。読み終わったらコメントしますね。

個人的に、戦争関連物って手をだしてこなかったのですが、
先人のことを知ることの大切さは、心していかねばと思っております。

これらご紹介していただいた本は、ぜひとも読まねばと決意しました。

楽しみにしておきます。

★ タンク さん

頑張ってください^^


★ kotetsu552005 さん

>個人的に、戦争関連物って手をだしてこなかったのですが、

それが、殆どの人だと思いますよ^^;

多くの人が知らない、知ろうとしなから「沖縄」「靖国」をはじめとする外交問題が理解出来ず、答えも出せないのだと思います。

でもね、現代人の多くは「知らない」とは言わず「知ってるふり」や「知ったつもり」なんですよね だから始末が悪い。^^;

 クラヒー!! ブタネコさん、『バンド・オブ・ブラザース』
原作を愛する者の一人として、「余談」、大変興味深く
拝読しました。そして、ここまで熱い思いを語っていただき
ましたことを、二人の翻訳者になり代りまして、心から御礼
申し上げます。

 上ノ畑氏が原作翻訳に取り組む経緯は、義弟さんのおっ
しゃっておられる通り、間違いありません。ただ、上ノ畑氏
がオフ会で『バンド・オブ・ブラザース』の物語を力説した時
に同席していた仲間の一人として、多少補足させていただ
ければと思います。その場に集っていたミリタリーフリーク
は、大半がドイツ軍マニアだったことと、米軍マニアも何人
かが原作を途中まで読んでいたものの、挫折し、彼の語る
「武装親衛隊、降下猟兵を常に圧倒した、スーパーマンの
ような米空挺隊の感動の物語」を、その場の誰もが知らな
かったのです。特に、皆が引っかかったのは、「武装SS、
降下猟兵を子供のように、蹴散らした」という点。欧州戦線
の歩兵部隊としては最強の彼らを、ことごとく撃破したとい
う米兵の存在を、にわかに信じることができませんでした。
上ノ畑氏が、力説すればするほど、場の空気は冷めたもの
になって行きました。彼が、仲間達と語り合いたかったのは、
それほど精強な部隊が成立した背景と、隊員達の堅い絆に
ついてだったのは間違いないのですが、残念ながら、そこま
で至ることはなかったのです。

 その後の彼の行動は、実に驚くべきものでした。持ち前の
語学力と行動力を駆使し、なんと、著者のスティーブン・アン
ブローズ氏に直接、電話をかけてしまったのです。日本語に
翻訳して出版したい、仲間達に感動の物語を読ませたいとい
う、全くの素人の熱意に圧され、「君のような日本人は初めて
だ」と、痛く、感動されたそうです。そして、先生自らが、米国
で版権を管理している出版社に連絡をとり、上ノ畑氏に日本
での出版を許可するように指示しました。

 アンブローズ先生と上ノ畑氏の信頼関係は、たちまちのう
ちに構築され、電話で会話するたびに、強く、そして深いもの
になって行きました。特に印象的だったのは、執筆のために
資料収集中であった『Citizen Solodiers in the Pacific
War』
の取材について、上ノ畑氏の助言を容れ、我々が協力をはじ
めるまでになったことです。先生は、太平洋戦域における日米
の激突を、双方の「憎悪」で解き明かそうとしていましたが、
この点については、上ノ畑氏との会話の中で、大きく修正され
ました。残念ながら、先生は病魔に倒れ、ついに『・・・in the
Oacific War』執筆に着手することはありませんでしたが、もし、
完成していれば、『バンド・オブ・ブラザース』のように、公平な
視点で日本軍将兵の激闘を描写するものになったことは確実
です。

 『バンド・オブ・ブラザース』の翻訳に関しては、上ノ畑氏の原
作に対する熱い思いと同時に、アンブローズ先生とのコミュニケ
ーションが非常に大きな役割を果たしています。これは、ブタネ
コさんご指摘のように、「プロの翻訳者が仕事として行うレベル」
では、とても太刀打ちできない次元です。そして、もうひとつには、
上ノ畑氏がウィンターズ氏と直接、面談を果たしていることでしょ
う。ご存知の通り、アンブローズ先生に『バンド・オブ・ブラザース』
という物語の執筆を奨めたのは、ウィンターズ氏その人です。彼
との会話の中で、物語の根幹となる「心」の部分を、上ノ畑氏が
共有したことは間違いありません。

 たいへん、長くなってしまいましたが、補足させていただきまし
た。

★ FORREST さん

お薦めの本2冊 堪能しました。^^ どちらも良い本でした。

「沖縄シュガーローフの戦い」につきましては 御紹介の記事を拝読し、おそらく知らぬであろう義弟に連絡を致しましたところ、彼も存じておらず

「2冊買って 1冊を俺に送って」

と、申しますので「判った」と返事し その様に手配したのですが…

半日もせずに義弟から連絡が入り

「兄貴、調べてみたら その本 トンデモ無い本だよ 翻訳者が凄ぇんだよ」

と、殆ど興奮口調でして… その理由を聞いて 私も「成程」と得心した次第です。

実に貴重な翻訳ですね こういう本は ちゃんと翻訳した形で日本国内にも置くべき一冊であり、翻訳しようと思い立たれた行動に深く敬意を表させて頂きたいと思います。

補足の件、御手数をおかけして申し訳ありませんでした。

その経緯も義弟から伺ってはいたのですが、記述する際に失念しておりました。^^;


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。