« フラガール | TOPページへ | 石原さとみ in 笑っていいとも♪ »

2007年03月15日

● ただ、君を愛してる


映画「ただ、君を愛してる」の本編DVDを入手したので見た。




2007年1月3日に『ただ、君を愛してる ナビDVD』という記事を掲示した。


今回、見た映画「ただ、君を愛してる」のナビゲートDVDを入手し、それを見た感想を述べたのが上の記事だったわけだが…


画像

昨日、本編のDVDを入手したので 早速、見て思った事は やはり、ナビゲートDVDはネタバレの塊だった…って事。^^;


今回、私は 本当に頭に来ているので 敢えて名指しで文句を言っておくが、このところ小学館が発行している小説やマンガを原作にした映画、特に「純愛」をテーマにと言いつつ難病を さもなくば意味不明な架空の病を題材に 主人公が死んでお涙頂戴…的な作品が どんどん低俗化していく事に 不愉快を通り越して、ただ腹立たしいばかりである。


しかも、輪をかけて腹立たしいのは 映画が公開する前に「ナビゲートDVD」を先行で流通させ 番宣という名の著しい「ネタバレ」までしてしまう その事に、何の恥ずかしさも覚えないのであれば もう、呆れる他は無く 今後、こんな臆面の無さがまだまだ続くので有れば とことん罵り続けて行こうと思っている。


画像

画像

画像

たしかに、ニューヨークの風景は綺麗だなぁ…と思った。


でも、見どころは たったそれだけだ。^^;


画像

画像

「小出恵介」が出演している…とはいえども どうでも良い役だし^^


画像

「上原美佐」も そう。^^;


画像

「宮崎あおい」や


画像

「黒木メイサ」に至っては 個人的に何の魅力も感じていないので どうでも良い。


画像

「玉木宏」も 悪くは無いが、目新しさが感じられる役柄でも無く、見る価値は乏しい。


と、こんな感じの事を書いていると「制作者や出演者は頑張ったのだから それを認めてやれ」等と 御立派な抗議を頂戴する羽目になるのだろうけど、「身体の成長と共に 一緒に成長してしまう死に至る病」とやらを盛り込み「恋したら死んじゃう病気」と表現するのは勝手だが、「そんなに好きなら わざわざニューヨークなんか行く必要無いじゃん」ってのが見終えて思った感想であり、「心の中で生き続ける」為に 死んだのを隠して 手紙を沢山書き残して…ってのも あっさりと個展の前の日にバレてしまったら それの意味も無い。


原作者の「お涙頂戴」にかける姑息さが、事前で崩壊している証拠であり、こんなクソ映画を「良い作品」なんて評した 我が娘や姪は 正座させて説教せねばならんとさえ思っている。




お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『玉木 宏』関連の記事

コメント

ブタネコさんへ
ご無沙汰していますがお変わりありませんか?このところ北海道は冬の天候に戻ったような状態が続いているようなのでお気を付けください。
さて娘さんや姪御さんを正座させて説教ですか!良いですね。そういえば退職以来説教したこと有りませんね、逆に説教されたのは何時かなーと物思いにふけっていたら、中学時代のこっぴどく叱られ校庭の真ん中に立たされたのを思い出しました。無断で校外に出てはいけないという校則を破ってお昼休みに悪友と近くの山で食後の果物とばかり枇杷を食べていたら、校庭から拡声器で忘れもしない社会科の大下先生に怒号とともに呼び返されひどく説教されました。よく叱られた先生ほど記憶に残っているものですね。

★ タンク さん


すっかり、雪も溶けて今年の春は早いなぁ…なんて思っておりましたら ドカンと雪が降り また、銀世界です^^;

>説教

ええ、今回は 説教してやらねばならんなと考えております。

見せかけに騙され、くだらない打算に踊らされるようでは まだまだですからね、ここらで 一度 釘を刺さねば^^;

ブタネコさん、
玉木宏が好きなので、 何度かお邪魔させていただいてます。 ブタネコさんの名文と優しい視点などに、くすっとしたり、なるほどと感心させられたり(目上の方に対して使っていい言葉ですか、これ)、楽しく読ませていただいています。 たしかにこの映画、よくよく考えれば突っ込みどころが多くて、非現実的なんですよね。 でも、初めて観たときに感動して泣いてしまいました! (わたしシンガポールに数年前から住んでいて、 この地で玉木くんのDVDを見つけた感動のため、なのかもしれないんですが・・・) 主人公の女の子に感情移入して、 それと玉木くんの役の男の子の方にもです。 だって、はるばるアメリカまで行って、 もう死んでいる、なんてあまりにも悲しいですからね。  ・・・すみません、 とくに何か意見したくてコメしたわけではないんです。 これからも、ブログ続けてくださいね、 楽しみにしています。 

★ やや36歳 さん

私は この映画そのものより、原作者の姑息が許せないんです。^^

ゆえに、原作や原作者に何も感じておられない方とは観点が違ってしまうのは仕方が無いことだと思っております。^^


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。